塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!BLOG

HOME > 現場日誌・現場ブログ

ラクストの現場日誌・現場ブログ 記事一覧

千葉 松戸市 外壁塗装

塗装のできない屋根!パミールとは?

皆さんこんにちは! 千葉 松戸市 外壁塗装・屋根塗装・防水工事のラクスト松戸です(^-^) これから外壁塗装や屋根塗装をお考えの方、外壁材は特に問題無いかと思いますが 皆さんのお家の屋根は、塗装可能な屋根材でしょうか? 実は、数ある屋根材の中には塗装が施せないモノがございます。 今回のブログでは、屋根塗装のできない「パミール」という屋根材についてご紹介いたします。   パミールとは パミールとは、現在は販売はされていませんが、ニチハという会社が1996年~2008年まで製造販売していた 無石綿スレート屋根の事です。 1996年には、アスベストを使用しない屋根材の販売が始まったのですが、これが問題の原因となってしまったようです。 アスベストの代わりに新素材を代用していましたが、各社の想像よりも粘着の性能が低く 早期剝離の原因となったのではないかと言われております。 また ニチハのパミールは、劣化の問題だけではなく 屋根材とセットで使用されていた 屋根材を固定する為の釘にも問題がありました。 推奨されてたこの釘も 屋根を固定する機能を果たさず、それが原因になり 屋根材自体が落下する恐れがあります。   パミールの不具合 剝離・浮き・めくれ パミール屋根は、層間剝離による湿潤や浮き・めくれなどの不具合症状が多く見受けられます。 屋根材の重ね合わせてある部分の共同が足りずに、屋根端部から剥がれが生じ これが層間剝離でミルフィーユケーキの様な剥がれ方をします。 そして、層間剝離が起きている部分に雨水が侵入する事で、基材湿潤が生じます。 層間剝離と基材湿潤が繰り返されることで、浮きやめくれなどの不具合に繋がり、 パミールを使用している屋根は、築年数の浅い建物でも以上のような現象が起こるのです。 また、屋根材の強度が低下する事で ひび割れが起き、割れ落ちる可能性もございます。   釘の腐食による屋根材の落下・ズレ 一番怖い不具合が釘の腐食による落下やズレで、パミールを販売していたニチハも認めている不具合です。 これは、屋根材(パミール)を固定させる際に打ち込む釘頭が劣化し、 腐食する事で屋根材自体がズレてしまったり、落下するのです。 風の強い日には屋根材が飛ばされ、大きな事故にもなりかねません。   リフォーム方法 パミール屋根には「塗装が出来ない」という訳ではなく、塗装をしてもすぐに劣化し屋根自体の劣化を止める事ができないため 塗装をしても「意味が無い」という事です。 更に、塗装するにあたって 必ず高圧洗浄が施されますが、この高圧洗浄の威力は ホースを繋いで水を出すような威力ではなく、汚れをそぎ落とすようなイメージの威力があります。 そんなに強い衝撃を与えてしまっては、劣化した屋根材が更にボロボロになってしまいますので、 塗装は不向きなリフォーム豊富です。 以上の事から最適なリフォーム方法は、重ね葺き工事や葺き替え工事で、屋根材ごと新たに変えるリフォーム工事を行いましょう。   塗装業者の中には パミール屋根を知らない業者や、屋根の現地調査をしっかり行わずに 塗装工事で見積りを出す業者もいますのでご注意ください。     株式会社 Luxstは元々、葛飾区金町で防水業を営んでいました。 都心の大きなビルやマンション、町のアパートや個人住宅など、様々な建物の防水工事に携わり 新築工事・改修工事問わず、色々な現場を見てきました。 そこで、防水業の知識を活かし「雨漏りに強い外壁塗装」会社を目指そうと決めたのが、現在のラクストの始まりです。 ですので、他の塗装業者さんよりも、雨漏りの知識や修繕の方法、皆様のお困りな点を熟知しているのです。 そもそも塗装というのは、住宅を綺麗にする事が目的である為、雨漏りというのは「塗装業者」ではなく、「防水業者」でないと直せません。 そのため、「雨漏りに強い外壁塗装」というスローガンが、Luxstの強みなのです。   外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は、千葉 松戸市 柏市のラクストまで、是非一度 ご相談ください(*^^*)   Luxstショールームのご案内 ショールームには体験キッドや実際に使われている材料など、皆様が実際に見て触れて感じて頂けるものをご用意しております。 ご相談・お見積りはラクストまで! 不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。 ラクストではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。 Luxstの塗装ラインナップ☆彡 「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。 Luxstの施工事例♫ 「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです!   ※今ならお見積り依頼キャンペーンで素敵なプレゼントがもらえるかも⁉   株式会社 Luxst(ラクスト) 住所:〒270-2213  千葉県松戸市五香8-34-10 営業時間:10:00~18:00 電話番号:0120-871-185 FAX:047-710-9602 お電話でのお問い合わせ、ショールームへのご来店お待ちしております😊 2021年10月19日 更新

屋根塗装コラム

松戸市 外壁塗装

【松戸市】A様邸 外壁塗装

皆さんこんにちは! 千葉 松戸市 外壁塗装・屋根塗装・防水工事のラクスト松戸です😄   本日のブログでは、松戸市A様邸で行った 外壁塗装工事の様子をお届いたします。 A様邸で使用した塗料は、関西ペイントの「アレスダイナミックトップ」という塗料で 臭気が少なく、カビや藻が付着しにくいシリコン塗料です。   松戸市 A様邸 外壁塗装 高圧洗浄   外壁塗装工事では、一番初めに高圧洗浄を行います↓ 外壁には前回塗装や新築時から、十年前後という長い年月をかけてホコリやカビなど、様々な汚れが付着しております。そのまま塗装を行ってしまうと、塗料の付着性を低下させ 弱い塗膜を作りだしてしまいますので、塗装前にしっかりと洗浄を施し、住宅全体の汚れを全て落とします。   松戸市 A様邸 外壁塗装 下塗り 洗浄後は、下塗り塗装を行います↓下塗りは外壁塗装工事に欠かせない工程で、下塗り塗料には下地の塗料を吸い込む力を押さえ、上塗り塗料の密着力を高める働きがあります。上塗り塗料は密着性が低く、そのまま下地に塗りつけてもしっかりと密着することができませんので、塗装後1~2年程で塗膜剥離を引き起こしてしまいます。非常に重要な作業ですので、外壁塗装工事の際には 手抜きが行われないよう気を付けましょう! 下塗り塗装を終えたら、中塗り塗装に移ります。塗装工事は 乾燥時間も重要になりますので、前工程で塗った塗料が完全に乾燥してから 次の塗り作業を行います。   松戸市 A様邸 外壁塗装 中塗り   こちらが中塗り中の様子です↓ 中塗り塗装では、お施主様の希望色を塗装すると共に、膜厚を付けていきます。外壁を守る役割を果たす塗膜には、メーカーが定めた厚みを付ける必要があり、規定膜厚を付ける事で 外壁を長期的に保護し、塗料本来の性能を発揮することができるのです。   松戸市 A様邸 外壁塗装 上塗り 最後に、上塗り塗装を行います↓上塗り塗料は、中塗りで使用した塗料と同じものを塗装します。同じ塗料を塗り重ねる事で、耐久性が向上され同じ色の塗料を塗り重ねる事で、カスレや色ムラがなくなり美観が高まります。中塗りと上塗りで色を変える工法が流行っておりますが、長期的に考えると 塗膜が剥がれた際に中の色が見えてしまい、ボロボロな外観になってしまいます。その様な点でも、中塗りと上塗りでは同じ塗料を使用することをオススメいたします(*^-^*)   株式会社 Luxstは元々、葛飾区金町で防水業を営んでいました。 都心の大きなビルやマンション、町のアパートや個人住宅など、様々な建物の防水工事に携わり 新築工事・改修工事問わず、色々な現場を見てきました。 そこで、防水業の知識を活かし「雨漏りに強い外壁塗装」会社を目指そうと決めたのが、現在のラクストの始まりです。 ですので、他の塗装業者さんよりも、雨漏りの知識や修繕の方法、皆様のお困りな点を熟知しているのです。 そもそも塗装というのは、住宅を綺麗にする事が目的である為、雨漏りというのは「塗装業者」ではなく、「防水業者」でないと直せません。 そのため、「雨漏りに強い外壁塗装」というスローガンが Luxstの強みなのです。   外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は、千葉 松戸市 柏市のラクストまで、是非一度 ご相談ください(*^^*)   Luxstショールームのご案内 ショールームには体験キッドや実際に使われている材料など、皆様が実際に見て触れて感じて頂けるものをご用意しております。 ご相談・お見積りはラクストまで! 不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。 ラクストではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。 Luxstの塗装ラインナップ☆彡 「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。 Luxstの施工事例♫ 「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」 そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです!   株式会社 Luxst(ラクスト) 住所:〒270-2213  千葉県松戸市五香8-34-10 営業時間:10:00~18:00 電話番号:0120-871-185 お電話でのお問い合わせ、ショールームへのご来店お待ちしております😊   2021年10月19日 更新

外壁塗装スタッフブログ

千葉 松戸市 屋根葺き替え

【市川市】 I様邸 屋根葺き替え工事

皆さんこんにちは! 千葉 松戸市 外壁塗装・屋根塗装・防水工事ラクスト松戸です(^^♪   本日のブログでは、千葉県市川市 I様邸で行いました 屋根葺き替え工事の様子をご紹介させていただきます。 屋根リフォームには、塗り替えや既存の屋根材を撤去して新たに屋根材を葺く工事がございますが、 I様邸においては、激しい劣化に伴い既存屋根の下地が抜けてしまう恐れがあったので、 既存屋根の上から 更に新しい屋根材を再設置する、葺き替えカバー工法工事を行いました。   屋根葺き替え工事 土台作り   工事を行う前の屋根の状態はこちら↓長期間そのままになっていた屋根、更に昨年の台風により屋根の一部が大きく破損しています。このまま放置しておくのは大変危険です。早速、綺麗にしていきましょう!初めに、既存屋根の上に新しい屋根を設置するための土台作りです↓次に、新しい野地板を設置します↓屋根において、もちろん屋根材も重要ではありますが、屋根材の下地である野地板は木製のため、雨が吹き込んでくると腐食してしまい結果的に雨漏りを引き起こしてしまいます。屋根リフォームの際には、下地も新しいモノに交換し 住宅全体の寿命を延ばしましょう! 野地板は、このように屋根全体に設置し完了です↓   屋根葺き替え工事 ルーフィングシート貼り   続いて、ルーフィングシートを貼り込みます↓屋根全体がこのシートに覆われました。ルーフィングシートには二次防水という大切な役割があります。雨漏りを防いでいるのは、屋根材ではなく実はこのルーフィングシートがあるおかげなのです。屋根材と屋根材の間には隙間があり、そこから雨水が屋根内部へと侵入し雨漏りを引き起こします。屋根材の下にこのシートがある事で 雨漏りを防ぐ事ができますので、屋根メンテナンスは屋根材の状態だけではなく、ルーフィングシートの耐用年数にも配慮が必要となります。   屋根葺き替え工事 屋根材の設置   次に、屋根材の設置を行います↓屋根材を設置する際は、初めに屋根の端部である軒先に スターターという部材を取り付けます。屋根材は 屋根のてっぺんである棟部分から、下がるように設置すると思われがちですが、実際はその反対で、屋根の端部である軒先から棟へ向かって設置を行います。そのため、スターターは屋根材を設置する最初の部分になり、スターターから屋根材をかませるように、一枚一枚設置していきます。   屋根葺き替え工事 棟の設置   屋根材の設置後は、棟の設置作業です↓初めに「貫板」という板金の下地を設置し、その上から板金の設置を行います。板金のジョイント部分からは、雨漏りが予想されますので シーリングを充填させ、しっかりと防水処理を施します。 これで作業は全て完了です!見違えるほどキレイになりました。雨漏りも心配ナシです!(^^)! before                    after⇨⇨⇨ 以上 I様邸 屋根葺き替え工事のご紹介でした(^^)/     株式会社 Luxstは元々、葛飾区金町で防水業を営んでいました。 都心の大きなビルやマンション、町のアパートや個人住宅など、様々な建物の防水工事に携わり 新築工事・改修工事問わず、色々な現場を見てきました。 そこで、防水業の知識を活かし「雨漏りに強い外壁塗装」会社を目指そうと決めたのが、現在のラクストの始まりです。 ですので、他の塗装業者さんよりも、雨漏りの知識や修繕の方法、皆様のお困りな点を熟知しているのです。 そもそも塗装というのは、住宅を綺麗にする事が目的である為、雨漏りというのは「塗装業者」ではなく、「防水業者」でないと直せません。 そのため、「雨漏りに強い外壁塗装」というスローガンが Luxstの強みなのです。   外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は、千葉 松戸市 柏市のラクストまで、是非一度 ご相談ください(*^^*)   Luxstショールームのご案内 ショールームには体験キッドや実際に使われている材料など、皆様が実際に見て触れて感じて頂けるものをご用意しております。 ご相談・お見積りはラクストまで! 不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。 ラクストではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。 Luxstの塗装ラインナップ☆彡 「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。 Luxstの施工事例♫ 「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」 そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです!   株式会社 Luxst(ラクスト) 住所:〒270-2213  千葉県松戸市五香8-34-10 営業時間:10:00~18:00 電話番号:0120-871-185 お電話でのお問い合わせ、ショールームへのご来店お待ちしております😊   2021年10月19日 更新

屋根リフォームスタッフブログ

【松戸市】 D様邸 外壁塗装

皆さん あけましておめでとうございます。 いつもご覧になって頂きありがとうございます! 千葉 松戸市 外壁塗装・屋根塗装・防水工事のラクストです(^^)!   本日のブログでは、松戸市 D様邸にて行った外壁塗装工事の様子をお届けいたします。 D様邸の外壁塗装で使用した塗料は、関西ペイントのアレスダイナミックTOPという塗料です。 アレスダイナミックTOPは、外壁の劣化を抑える「ラジカル制御形」という種類の塗料で、 紫外線や雨風などの影響から外壁を長く守ってくれます。 また水性塗料なので人や環境にやさしい塗料でもあります。 さらに、最大の特徴は湿度の高い環境でも塗装がしやすいとても優れた塗料です。   外壁塗装 高圧洗浄 まず、高圧洗浄中の様子です↓ 外壁には長期に渡り、ホコリや雨染み、カビやコケ・藻などの汚れがこびりついています。このままの状態で塗装してしまうと、下塗りを施しても意味がなく、下塗りの塗膜ごと剥がれてしまいます。塗装面はあらかじめクリーンな状態にしなくてはなりません。   外壁塗装 クラック補修 D様邸では、塗装前にクラック補修を行いましたので、高圧洗浄後はクラック部にシーリング材を充填させます。   補修の様子はこちらになります↓ 塗料と同様にシーリング材も水分が天敵な為、高圧洗浄後は一日空けてから、クラック補修を行います。クラックは外壁の内部まで起こっていますので、表面だけを補修しても意味がありません。シーリングをクラックの奥まで入れ、表面を外壁と同じ高さになるよう調整します。   クラック補修完了です↓ シーリング材が硬化する前に塗装をすると、ローラーや刷毛に材料が引っ張られてしまいますので、表面が乾いた翌日から塗装作業に入ります。   外壁塗装 下塗り、中塗り、上塗り   クラック補修が終了した翌日から、塗装作業に入ります。 塗装作業では、下塗り塗装から始まります↓ 下塗り塗装には、下地を強化すると共に上塗り塗料の密着性を向上させる働きがあります。 外壁塗装工事では、下塗り・中塗り・上塗りの3回塗料を塗り重ねますが、実際は下塗り一回、上塗り二回を行い、中塗りと上塗りでは同じ塗料を使用します。 その際に、塗り塗装が施されていなかったり、塗布量が足りていないと上塗り塗料が下地と密着できず、塗膜剥離を引き起こしてしまいます。 下塗り塗装工事において、非常に重要な工程になりますので入念に塗装します。 そして、塗膜を作る作業となる中塗り・上塗り塗装を行います。 中塗り↓                 上塗り↓ 中塗りと上塗りで同じ塗料を塗り重ねる事で、カスレや色ムラを無くし、美観を向上させる事ができます。又、塗膜は高圧洗浄から上塗りまでの工程をしっかり行う事で、塗料本来の性能を発揮する事が出来るのです。   株式会社 Luxstは元々、葛飾区金町で防水業を営んでいました。 都心の大きなビルやマンション、町のアパートや個人住宅など、様々な建物の防水工事に携わり 新築工事・改修工事問わず、色々な現場を見てきました。 そこで、防水業の知識を活かし「雨漏りに強い外壁塗装」会社を目指そうと決めたのが、現在のラクストの始まりです。 ですので、他の塗装業者さんよりも、雨漏りの知識や修繕の方法、皆様のお困りな点を熟知しているのです。 そもそも塗装というのは、住宅を綺麗にする事が目的である為、雨漏りというのは「塗装業者」ではなく、「防水業者」でないと直せません。 そのため、「雨漏りに強い外壁塗装」というスローガンが Luxstの強みなのです。   外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は、千葉 松戸市 柏市のラクストまで、是非一度 ご相談ください(*^^*)   Luxstショールームのご案内 ショールームには体験キッドや実際に使われている材料など、皆様が実際に見て触れて感じて頂けるものをご用意しております。 ご相談・お見積りはラクストまで! 不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。 ラクストではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。 Luxstの塗装ラインナップ☆彡 「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。 Luxstの施工事例♫ 「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」 そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです!   ※今ならお見積り依頼キャンペーンで素敵なプレゼントがもらえるかも⁉   株式会社 Luxst(ラクスト) 住所:〒270-2213  千葉県松戸市五香8-34-10 営業時間:10:00~18:00 電話番号:0120-871-185 FAX:047-710-9602 お電話でのお問い合わせ、ショールームへのご来店お待ちしております😊 2021年10月19日 更新

外壁塗装スタッフブログ

千葉 松戸市 屋根葺き替え

【松戸市】 K様邸 屋根葺き替えカバー工法

皆さんこんにちは! 千葉 松戸市 外壁塗装・屋根塗装・防水工事ラクスト松戸です(^^♪   本日ご紹介させて頂くのは、千葉県松戸市 K様邸で行いました 屋根葺き替え工事の様子です。 屋根のリフォームには、塗り替えや葺き替えと屋根材の種類や劣化具合によって 適した方法がございます。 無駄なく正確に工事を行うには、その工事に適した施工会社を選びましょう! 今回の屋根工事では、既存の屋根材を残したまま 上から新しく屋根材を葺きつける、カバー工法で施工を行いました。   こちらは、既存屋根材の状態になります↓写真では確認できませんが、昨年の台風により棟が外れてしまったり、長期間そのままになっていた為、所々に隙間が空いいる状態で 内部に雨が染みてきてしまう状態でした。 早速、修繕していきましょう!   屋根葺き替えカバー工法 棟部の板金と貫板を撤去   まず最初に、棟部の板金と貫板を撤去します↓棟は 屋根材を支える部分となりますので全ての施工が完了した後、新しい棟板金を取り付けます。   屋根葺き替えカバー工法 ルーフィングシート貼り   棟板金を撤去したら、ルーフィングシートの貼り込みです↓ルーフィングシートは、屋根の二次防水になる非常に重要な部材です。 実は雨漏りは、屋根材だけでは防ぐことが出来ず屋根材同士の隙間から、屋根内部への雨水侵入が避けられません。 そこで、二次防水となるこのルーフィングシートが侵入を防ぐため 必要不可欠となるのです。 屋根リフォームを行う際は、屋根材の劣化だけではなくルーフィングシートの耐用年数も考慮し行いましょう。   屋根葺き替え工事 新しい屋根材を葺きつけ   今回の屋根工事では、既存の屋根材を残したまま上から新しく屋根材を葺きつける、カバー工法で施工を行いました。 早速、新しい屋根材を葺きつけていきます↓屋根材を葺く際のスタート位置になる、スターターを取り付け、尾根の中央部分から棟からではなく端部となる軒先から棟に向かって新しい屋根材を葺いていきます。 屋根全体を屋根材で葺いていきます↓   屋根葺き替え工事 貫板・板金取り付け   屋根材を全て葺き終えたら、棟部分には貫板を設置します↓貫板は板金を取り付ける為の下地となります。その為、いい加減に取り付けてしまうと、板金は貫板ごと吹き飛んでしまうのでしっかりと固定する必要がございます。 板金取り付け後↓交差しているジョイント部は、雨が侵入しやすいのでシーリング処理を施し、施工完了となります! 最後に、施工前・施工後を見比べてみましょう !(^^)! before                  after       株式会社 Luxstは元々、葛飾区金町で防水業を営んでいました。 都心の大きなビルやマンション、町のアパートや個人住宅など、様々な建物の防水工事に携わり 新築工事・改修工事問わず、色々な現場を見てきました。 そこで、防水業の知識を活かし「雨漏りに強い外壁塗装」会社を目指そうと決めたのが、現在のラクストの始まりです。 ですので、他の塗装業者さんよりも、雨漏りの知識や修繕の方法、皆様のお困りな点を熟知しているのです。 そもそも塗装というのは、住宅を綺麗にする事が目的である為、雨漏りというのは「塗装業者」ではなく、「防水業者」でないと直せません。 そのため、「雨漏りに強い外壁塗装」というスローガンが Luxstの強みなのです。   外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は、千葉 松戸市 柏市のラクストまで、是非一度 ご相談ください(*^^*)   Luxstショールームのご案内 ショールームには体験キッドや実際に使われている材料など、皆様が実際に見て触れて感じて頂けるものをご用意しております。 ご相談・お見積りはラクストまで! 不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。 ラクストではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。 Luxstの塗装ラインナップ☆彡 「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。 Luxstの施工事例♫ 「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」 そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです!   株式会社 Luxst(ラクスト) 住所:〒270-2213  千葉県松戸市五香8-34-10 営業時間:10:00~18:00 電話番号:0120-871-185 お電話でのお問い合わせ、ショールームへのご来店お待ちしております😊   2021年10月19日 更新

屋根リフォームスタッフブログ

千葉 松戸市 外壁塗装

外壁塗装工事を行う時期

皆さんこんにちは! 千葉 松戸市 外壁塗装・屋根塗装・防水工事のラクスト松戸です(^_^)v 外壁塗装工事を成功させるためには、時期を知っておく必要がございます、 今回は、外壁塗装を行うべきポイントをご紹介させて頂きます。   塗装が必要な塗膜の劣化   外壁塗装を行うべき時期のなかで、特に大事なポイントが ご自宅の外壁にどのような劣化症状が現れているか、と言う点です。   外壁塗装の膜厚は、わずか数ミリ程の厚みしか無いですが この膜厚が外壁を守ってくれています。   ですが、時間の経過とともに太陽光や雨風などの外的要因により、 大事な塗膜は少しずつ削れていきます。   外壁塗装を行ったからと言って、その塗膜は永久的なものではございません。 使用した塗料の耐用年数に合わせて、塗り替えなどのメンテナンスを行う必要があります。   劣化症状を見極めるには、外壁塗装業者に現地調査を依頼する事が好ましいですが、 まずは、皆さん自身でどんな劣化症状があるのかを、チェックしてみましょう!     外壁の劣化症状   劣化症状の中には、今すぐ処置を取らなければならないモノや、 猶予の有るモノがございますので、以下の劣化症状をご参考に外壁塗装の時期を考えましょう!  変色 塗膜の耐久性が低下してきている状態で、放置すると劣化が促進してしまいますが 今すぐにメンテナンスを行わなければならない劣化症状ではありません。 劣化の状態を観察しながら、ひび割れが生じるなど 劣化症状が悪化したタイミングで外壁塗装業者に現地調査を依頼しましょう。   汚れ  外壁面はおうとつが多く、雨水や砂埃などの汚れが溜まってしまいます。 汚れているからと言って、これもまた今すぐのメンテナンスは必要ありませんので、焦らず経過を観察しましょう。 ですが、汚れの放置はカビやコケ・藻などを発生させる原因となりますので、こまめに洗浄する事を心掛けて下さい。   カビ・コケ・藻の発生、繫殖 塗装が施されいる外壁に汚れや雨水が蓄積することで、カビやコケ・藻が発生し、繫殖を繰り返してしまいます。 これらのモノが繫殖すると、外壁塗装の劣化を促進させてしまいますので、こまめに外壁を洗浄しましょう。 ご自身での洗浄が難しい場合は、業者に洗浄を依頼することをオススメ致します。   クラックの発生 クラックとは外壁に起こるひび割れの事です。 紫外線や雨風の影響を長年受け続けることで、塗膜が少しづつ削られ 膜厚が薄くなると耐久性が低下し、ひび割れやすくなります。 一口にクラックと言いましても、髪の毛程の幅のヘアークラックと呼ばれるモノや 構造クラックと呼ばれる大きなクラックがあり、クラックのサイズにより重症度が変わってきますので ご自宅の外壁にクラックが生じ、気になる方は外壁塗装業者へ問い合わせてみましょう。 この症状が現れたら、メンテナンスを検討しましょう。   フクレ 外壁材の中には、熱を持ちやすいモノがあり 外壁材が熱を持つことで、 水分の蒸発により塗膜の内側から押し上げられ、塗膜表面が膨れてしまうケースがございます。 また、外壁塗装前に行う高圧洗浄や下地処理で、旧塗膜を落とせていない場合も膨れが生じます。 放置していると、大きな剝離を引き起こしてしまいますので、メンテナンスを検討しておきましょう。   剝離 外壁塗装が剥がれたり、めくれてしまった場合、外壁塗装の効果が切れていますので 早めのメンテナンスが必要になります。 これまでの劣化症状に比べ、重症度が高いため 剝離が見受けられた場合にはできるだけ早く対応してください。 チョーキング チョーキングは、塗装で色を出すために塗料に含まれている顔料が粉化している状態で、 耐久性がなくなり、このままでは雨風や紫外線などの外的要因を防げません。 この状態を放置していると、クラックが生じ 雨漏りを引き起こしたり 雨漏りが原因でシロアリを呼ぼ寄せてしまいます。 シロアリが発生すると駆除や建て替えなど、後々大掛かりで高額な工事が必要になりますので、早めの対応を心掛けましょう!   外壁塗装の時期である症状がご自宅の外壁に発生したら まずは時間を作り外壁塗装の専門店に無料調査を行ってください。   住宅をキレイにする事だけが外壁塗装ではなく、 外的要因から住宅の劣化を防ぎ、住宅の寿命を延ばす事も目的としています。   現在 日本の戸建住宅には、木造住宅が多いですが 木は水に弱く 更にはシロアリの好物でもあります。   雨漏りが起これば、塗り替え工事では済まなくなり シロアリが発生すれば、住宅の大切な柱などの骨組みをボロボロにされてしまいます。   被害が拡大する前に外壁塗装を行い、しっかりとメンテナンスを施しておけば 数百万円で収まる工事費用が、 放置してしまうと様々な被害を受け、総額1,000万円以上の高額なリフォーム工事が必要となってしまいます。   ですので、ご自宅の劣化症状を確かめながら、外壁塗装が必要な時期を見極めましょう!   塗装後から10年後   新築時や前回塗装から何年経っているかが重要です。   一般的に外壁塗装で使用している塗料はシリコン系が多く、 シリコン系の塗料の対応年数は、10年前後となっております。   10年経った頃からチョーキングやクラック等が発生しはじめ、 年月が経過すればするほど、住宅の状態は悪くなります。   外壁塗装の塗料は永久的に保つモノではなく、それぞれの塗料には対応できる年数が決められているため その対応年数に合わせて、新たに塗装を施してあげる必要がございます。   どの住宅も同じ塗料は使用されておりませんので、それぞれの住宅のペースで外壁塗装を行いましょう。   株式会社 Luxstは元々、葛飾区金町で防水業を営んでいました。 都心の大きなビルやマンション、町のアパートや個人住宅など、様々な建物の防水工事に携わり 新築工事・改修工事問わず、色々な現場を見てきました。 そこで、防水業の知識を活かし「雨漏りに強い外壁塗装」会社を目指そうと決めたのが、現在のラクストの始まりです。 ですので、他の塗装業者さんよりも、雨漏りの知識や修繕の方法、皆様のお困りな点を熟知しているのです。 そもそも塗装というのは、住宅を綺麗にする事が目的である為、雨漏りというのは「塗装業者」ではなく、「防水業者」でないと直せません。 そのため、「雨漏りに強い外壁塗装」というスローガンが、Luxstの強みなのです。   外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は、千葉 松戸市 柏市のラクストまで、是非一度 ご相談ください(*^^*)   Luxstショールームのご案内 ショールームには体験キッドや実際に使われている材料など、皆様が実際に見て触れて感じて頂けるものをご用意しております。 ご相談・お見積りはラクストまで! 不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。 ラクストではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。 Luxstの塗装ラインナップ☆彡 「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。 Luxstの施工事例♫ 「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです!   株式会社 Luxst(ラクスト) 住所:〒270-2213  千葉県松戸市五香8-34-10 営業時間:10:00~18:00 電話番号:0120-871-185 お電話でのお問い合わせ、ショールームへのご来店お待ちしております😊 2021年10月18日 更新

屋根塗装コラム

鎌ヶ谷市 外壁塗装

【恐怖!】外壁塗装で実際に起こった手抜き工事の実態!

皆さんこんにちは! 千葉 松戸市 外壁塗装・屋根塗装・防水工事のラクスト松戸です(^^)/   外壁塗装工事は、詳しい作業内容や塗料の扱い方があまり知られていないため、手抜き工事が非常に多いです。 手抜きを行うような業者は、常習犯ですので 「うちは大丈夫」と余裕をもって構えていると、知らぬ間に手抜きが行われています。 外壁塗装工事は、高価なお買い物であり 今後十数年の間、皆さんの暮らしに関わる工事ですで、念には念を入れ行いましょう!   ~実際にあった外壁塗装の手抜き工事~   足場をちゃんと組立てない 外壁塗装工事を行う業者の利益を増やすため、勝手に足場を簡易的に組まれてしまう事があります。 足場の組立て作業は、一般的な戸建住宅であれば一日、もしくは半日程度で組めてしまいますが 少しでも多くの現場を回ろうと、手を抜き 利益を上げようとするのです。 外壁塗装は、万全に足場が組まれている事で、品質を落とさず住宅の隅々まで塗装を施すことが出来ますが 足場が万全に組まれていなければ、細かい箇所や住宅の端部など 施工しにくい部分の塗装が疎かになってしまいます。 その結果、必要膜厚を確保できず、塗膜本来の性能を発揮する事が出来ず、 カスレやムラなど美観にも悪影響を与えてしまうでしょう。 また、突然の台風などにも対応できませんので、外壁や屋根など住宅の一部が破損してしまうリスクを伴います。   足場の飛散防止ネットを付けない 足場が組まれると、塗料や洗浄時の水しぶきの飛散や、道具の落下・作業員の転落を防ぐために 足場一面養生ネットを張り巡らせます。 この養生ネットを行わない外壁塗装業者は、塗膜の精度を気にせず 近隣トラブルや墜落事故などに対し、適当な考えでいる業者です。 ネットを張る手間を省き、外壁塗装工事を早く始める事で、回転率を上げ利益をできるだけ多く得ようとしています。 この様な業者は、自社の利益を出す事しか頭にありませんので、絶対に外壁塗装工事を依頼してはいけません。   高圧洗浄を行わない 外壁には、十数年もの長い期間 雨水や土埃などの汚れやゴミが付着しています。 この汚れやゴミを、高圧洗浄を行い除去しなければ 下地と塗膜がしっかりと密着できずに、早期的に剥離が起こります。 そのため、外壁塗装工事を行うにあたって、必ず洗浄作業を行う事が鉄則ですが、 丁寧に洗浄を施すと、住宅の大きさにもよりますが半日~1日かかります。 その手間を省くために、適当に洗浄を行ったり、洗浄作業自体を行わないで 汚れが付着したまま外壁塗装を行うケースも少なくありません。 高圧洗浄は汚れの具合によって、その汚れに適した工法で行い、 この作業を省かれてしまうと、仕上がった塗膜に悪影響を与える事となりますので、注意しましょう。   養生をしっかりと行わない 外壁塗装工事では塗料の飛散が付き物ですので、 住宅の汚してはいけない部分には、一つ一つ丁寧に養生を施す必要があります。 ですが、丁寧に行えばそれほど時間がかかりますので、 適当に養生を済ませ塗装作業を始めようとする手抜き業者が存在します。 養生は塗装工事の基本となる作業のため、そんな基本作業も満足にできない業者では 仕上がりもそれなりのモノになるでしょう。   下地処理が雑もしくは行わない 外壁塗装における下地処理は、塗装を施すにあたってとても重要な工程で 外壁材の表面をキレイにしたり、滑らかな面にし塗料の付着力を高めます。 塗装で補える劣化症状はしれていて、下地処理を行わなければ雨漏りが生じたり、 塗膜の密着性が衰え強い塗膜を作る事が出来なくなります。 塗装を施した後だと色が付き、下地の状態が見えませんので 下地処理の有無が見ただけでは分からなくなってしまいます。 そのため、下地処理を省いたり雑に行う業者は 初めから「どうせバレないから大丈夫」という前提でいるのです。 この手抜きを防ぐには、事前にしっかりと施工写真を撮ってもらうよう業者へ依頼したり、 一日一回見張るように作業の様子を観察したりなど、対策を取りましょう。   使用塗料のグレードを勝手に下げる 塗料はハイグレードなほど高いので、その分単価が上がり 皆さんの出費が増えますが、 自社の原価を押さえ利益を上げる為に、お客様には何も告げないまま安価なグレードの低い塗料を使用するのです。 毎日外壁塗装の仕上がりを見ているプロであれば、艶感や質感などで違うなと分かりますが、 普段から塗装に携わっていない皆さんは、仕上がりだけを見ても違いが分からず 「こんな感じの仕上がりなんだ!」と疑いもせずに納得してしまいます。 ですが、本来使用するはずだった塗料の耐用年数が20年あったのに、 グレードを下げられ10年耐久の塗料で外壁塗装を行えば、劣化の速度が違い 予定していたメンテナンス時期よりも早く、次回塗装を行う事となってしまうのです。   塗料の計量や希釈が適当 外壁塗装の使用される塗料には、各塗料により定められた希釈率や配合量があり それを守る事で、塗料本来が持つ性能を十分に発揮できます。 ですが、人工をできるだけ少なく抑えようと、急いで工事を進める業者は、 目分量で計量し適当に希釈して、塗料を使用する外壁業者がいます。 必要以上に希釈してしまうと、塗料の密度が下がり薄い塗料を塗装する事で、 二回色付けをしていても下地の色が透けたり、膜厚も薄くなってしまいますので、 耐久性が半減してしまうのです。 また、希釈率を高める事は人工だけではなく、塗料の使用料も減るため 当初の予定よりも缶の数が減り、材料費を抑えられるのです。 配合量や希釈が大事という事は、どんな塗装業者でも絶対に知っている事なので この様な手抜きを意図的に行われています。 初めの業者選びの段階で、どんな業者なのかを見極める事が重要です。   乾燥時間を守らない 外壁塗装工事では、塗料の乾燥時間も今後の塗膜に関わる重要な厳守事項です。 そのため、下塗りを行ったら下塗り塗料が完全に乾燥するまで中塗りは出来ず、 中塗りでも上塗りでも、毎工程しっかりと塗料を乾燥させる必要があります。 塗料を乾燥させるオープンタイムは、各塗料により決まっており、 その塗料に合わせて、指定のオープンタイムを設けます。 しかし、オープンタイムを守ろうとすると、時間がかかり余計な手間だと考える業者がいるのです。 ですので、「もう乾いただろう」と感覚だけで次の工程に移ってしまい、 乾燥しきっていない塗膜に、膨れやヒビ・剝離などの不具合が起こってしまいます。 短期間で一気に仕上げるように、急いで外壁塗装を行った際 塗膜に様々な不良が生じやすいのは、乾燥時間を守っていないケースが多いです。   塗装回数を勝手に減らす 外壁塗装では、下塗り・中塗り・上塗りの3回塗りが鉄則です。 この塗り回数には、強靭な塗膜を作り最高の美観にするために、 塗料メーカーが実験に実験を重ね、割り出した回数ですので 絶対に守らなくてなりません。 ですが、この塗装回数を減らす事で、工事が早く終わるので人件費を削ったり、 塗料の使用量も減りますので、材料費も削る事が出来てしまうため、 塗り回数を勝手に減らし、利益を上げようと考える外壁塗装業者がいるのです。 塗り回数を減らしてしまうと、塗膜が薄くなり耐久性が低下します。 その結果、塗料本来の耐用年数を耐えられる事が出来ずに、短期間で劣化する塗膜となってしまいます。   降雨時や悪天候の際でも工事を続行する 塗装工事は降雨時や、気温5℃以下・湿度85%の場合、工事ができません。 しかし、次の現場が詰まっているなど、業者の勝手なスケジュール都合で多少雨が降っていたり 温度や湿度が適さない場合でも、塗装を続行する業者がいます。 塗料は水分に弱いので、雨水が当たったり湿度が高ければ、塗膜や下地に必ず影響を与えます。 塗膜が余計な水分を含んでしまうと、精度や密着性を低下させてしまいますので、 全体的に耐久性も低下します。 雨が降り始めたり、予め悪天候と分かっている場合は、絶対に塗装を行ってはいけませんので、 その様な場合でも職人さんが現場にいるときは、その日の作業内容を聞いたり塗装を行わないよう伝えましょう。     Luxst(ラクスト)松戸店は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■Luxst(ラクスト)松戸店は塗装価格に自信があります! 詳しくはこちらをクリック! ■Luxst(ラクスト)松戸店には、お客様から選ばれる理由があります! 詳しくはこちらをクリック! 2021年10月17日 更新

外壁塗装コラム

千葉 松戸市 外壁塗装

雨漏りは外壁塗装では直りません!!

皆さんこんにちは! 千葉 松戸市 外壁塗装・屋根塗装・防水工事のラクスト松戸です😁   雨漏りが起きた時、皆さんは外壁塗装業者へ相談をし 外壁塗装工事で直ると思っていませんか? 中には、「外壁塗装をすれば雨漏りは直りますよ」と言われた事がある!という方も少なくないでしょう。 ですが それは大きな間違いで、数々の雨漏り修理を施してきた私達からすると ただ外壁に塗料を塗るだけでは雨漏りは直らない、と断言できます。 そもそも雨漏り修理とは簡単な工事ではなく、原因を特定せずに 当てずっぽうに工事を施せば良い訳ではありません。 雨漏りを直すには、まず 「散水検査」というものを行う必要があるのです。 散水検査とは 雨の侵入箇所を探す検査で、お客様から雨漏り箇所や雨漏りがする時の状況を伺い、 「ここだろう」と目ぼしい箇所に水を撒く作業になります。 この検査を行い雨水の侵入箇所を特定する事で、雨漏り工事の第一歩となるのです。 そして、雨漏りの原因が外壁のクラックであればクラック処理を行い 屋根であれば葺き替え工事などをご提案し、サッシ周りであればシーリングの打ち替え工事を行うのです。   雨漏りの原因は塗膜ではない   一般的な住宅は 一次防水が外壁材、 二次防水が外壁材や屋根材の中にある防水シートで、 二重防水が施されております。 そのため、外壁材や屋根材にクラックが生じていても、直ぐに雨が漏る事はありません。 クラック(ひび割れ)が原因で雨漏りが起こる場合は、クラックが発生してから 建物内に雨水が侵入し 更に防水シートが劣化し防水効果が切れると、雨水が室内まで漏れてくるのです。   雨漏り原因   雨漏り原因の多くは以下のモノが挙げられます。 ・外壁にクラックが生じ、防水シートが破ける・屋根材と板金のジョイント部分の防水処理が不足していた・サッシ周りなどのシーリングが劣化し破断・剝離していた・バルコニーや陸屋根の防水工事に施工不良があった この様に、雨漏りの原因とは 外壁や屋根に施された塗装が原因ではないのです。 ですので 雨漏りが起きた場合には、雨漏りや防水工事に強い外壁塗装業に工事の依頼をする必要があるのです。     Luxst(ラクスト)松戸店は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■Luxst(ラクスト)松戸店は塗装価格に自信があります! 詳しくはこちらをクリック! ■Luxst(ラクスト)松戸店には、お客様から選ばれる理由があります! 詳しくはこちらをクリック! 2021年10月16日 更新

外壁塗装コラム

千葉 松戸市 外壁塗装

塗装前に知っておきたい!なぜ外壁にひび割れができるの?

皆さんこんにちは! 千葉 松戸市 外壁塗装・屋根塗装・防水工事のラクスト松戸です😎   本日のブログでは、外装にクラックが起こる理由をご紹介していきたいと思います。 クラックとは外壁にできるひび割れの事で、この原因とは地震による揺れや振動等が原因とされていますので 更に詳しく理由を見ていきましょう👀!   クラックの原因   まず初めに クラックの原因ですが、皆さんの住宅のある地域や環境要因により異なり、経年劣化の要因でもあります。 ・地震で起こる揺れや振動によるクラック・外壁の乾燥によるクラック・交通機関が近い立地、車や電車の振動によるクラック・紫外線など外的要因での塗膜劣化によるクラック・悪徳業者の手抜き工事によるクラック これより、以上の要因を詳しくご紹介していきます。   地震で起こる揺れや振動によるクラック 日本は特別地震の多い国であるため、地震による振動や揺れによって クラックが生じる事もあります。 最近ですと、「3.11の東日本大震災の前には無かったクラックが、 震災後に自宅を見てみるとクラックが生じていた」等この様なお話を伺う事がありました。 これは、地震で起こる振動によって建物が動き、外壁に力が加わることでクラックが生じやすくなるのです。   外壁の乾燥によるクラック 気温や湿度の変化により、外壁が乾燥する事で外壁が伸縮しクラックが生じます。     交通機関が近い立地、車や電車の振動によるクラック 日頃 車が良く通る大通り沿いや、電車が良く通る線路沿いなどに お家が建っている場合、地震の時と同じように振動が起こり 外壁に力が加わるのです。 トラックなど振動の大きい車が通る道路沿いは、外壁にかかる負担も大きくなりますので、 ひび割れが発生しやすい立地と言えます。     紫外線など外的要因での塗膜劣化によるクラック 外壁は日々、私達を紫外線や雨風から守ってくれていますが、 それと同時に外壁にはそれらのダメージを受け続けています。 外壁を保護するために外壁塗装が行われますが、塗装により作られた塗膜は 時間の経過と共に耐久性が落ち 劣化が始まります。 その結果、外壁にはクラックが生じてしまうのです。     悪徳業者の手抜き工事によるクラック 外壁塗装業界には悪徳業者が多く存在し、悪徳業者が行う手抜きとは 通常3回塗りが鉄則な塗装を、コストダウンの為に2回塗りにしたり 使用材料の数を減らす為に、必要以上に希釈率を上げ薄塗りをするなど、様々な方法があります。 これらの手抜きは、膜厚が十分に付かず 塗料本来の性能を発揮できなくなります。 そうなると、当然耐久性が落ち 対応年数も早まってしまい、結果的にクラックが発生します。 訪問販売業者であると、悪徳業者である場合が多いので直ぐに契約はせず 指摘されたご自宅の劣化症状が気になる際は、相見積りを取りましょう。     Luxst(ラクスト)松戸店は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■Luxst(ラクスト)松戸店は塗装価格に自信があります! 詳しくはこちらをクリック! ■Luxst(ラクスト)松戸店には、お客様から選ばれる理由があります! 詳しくはこちらをクリック! 2021年10月15日 更新

外壁塗装コラム

ご相談お見積り診断無料!お気軽にご相談下さい!!

0120-871-185電話受付時間10:00~18:00 火曜定休

ご相談・お見積り依頼

松戸市、鎌ケ谷市、柏市、市川市、地域密着、安心塗装工事がウリの外壁塗装専門店 ラクスト