塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!BLOG

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 屋根塗装 > 外壁塗装工事を行う時期

外壁塗装工事を行う時期

屋根塗装コラム 2021.10.18 (Mon) 更新

皆さんこんにちは!

千葉 松戸市 外壁塗装・屋根塗装・防水工事のラクスト松戸です(^_^)v

外壁塗装工事を成功させるためには、時期を知っておく必要がございます、

今回は、外壁塗装を行うべきポイントをご紹介させて頂きます。

 

塗装が必要な塗膜の劣化

 

外壁塗装を行うべき時期のなかで、特に大事なポイントが

ご自宅の外壁にどのような劣化症状が現れているか、と言う点です。

 

外壁塗装の膜厚は、わずか数ミリ程の厚みしか無いですが

この膜厚が外壁を守ってくれています。

 

ですが、時間の経過とともに太陽光や雨風などの外的要因により、

大事な塗膜は少しずつ削れていきます。

 

外壁塗装を行ったからと言って、その塗膜は永久的なものではございません。

使用した塗料の耐用年数に合わせて、塗り替えなどのメンテナンスを行う必要があります。

 

劣化症状を見極めるには、外壁塗装業者に現地調査を依頼する事が好ましいですが、

まずは、皆さん自身でどんな劣化症状があるのかを、チェックしてみましょう!

 

 

外壁の劣化症状

 

劣化症状の中には、今すぐ処置を取らなければならないモノや、

猶予の有るモノがございますので、以下の劣化症状をご参考に外壁塗装の時期を考えましょう! 

変色

塗膜の耐久性が低下してきている状態で、放置すると劣化が促進してしまいますが

今すぐにメンテナンスを行わなければならない劣化症状ではありません。

劣化の状態を観察しながら、ひび割れが生じるなど

劣化症状が悪化したタイミングで外壁塗装業者に現地調査を依頼しましょう。

 

汚れ 

外壁面はおうとつが多く、雨水や砂埃などの汚れが溜まってしまいます。

汚れているからと言って、これもまた今すぐのメンテナンスは必要ありませんので、焦らず経過を観察しましょう。

ですが、汚れの放置はカビやコケ・藻などを発生させる原因となりますので、こまめに洗浄する事を心掛けて下さい。

 

カビ・コケ・藻の発生、繫殖

塗装が施されいる外壁に汚れや雨水が蓄積することで、カビやコケ・藻が発生し、繫殖を繰り返してしまいます。

これらのモノが繫殖すると、外壁塗装の劣化を促進させてしまいますので、こまめに外壁を洗浄しましょう。

ご自身での洗浄が難しい場合は、業者に洗浄を依頼することをオススメ致します。

 

クラックの発生

クラックとは外壁に起こるひび割れの事です。

紫外線や雨風の影響を長年受け続けることで、塗膜が少しづつ削られ

膜厚が薄くなると耐久性が低下し、ひび割れやすくなります。

一口にクラックと言いましても、髪の毛程の幅のヘアークラックと呼ばれるモノや

構造クラックと呼ばれる大きなクラックがあり、クラックのサイズにより重症度が変わってきますので

ご自宅の外壁にクラックが生じ、気になる方は外壁塗装業者へ問い合わせてみましょう。

この症状が現れたら、メンテナンスを検討しましょう。

 

フクレ

外壁材の中には、熱を持ちやすいモノがあり 外壁材が熱を持つことで、

水分の蒸発により塗膜の内側から押し上げられ、塗膜表面が膨れてしまうケースがございます。

また、外壁塗装前に行う高圧洗浄や下地処理で、旧塗膜を落とせていない場合も膨れが生じます。

放置していると、大きな剝離を引き起こしてしまいますので、メンテナンスを検討しておきましょう。

 

剝離

外壁塗装が剥がれたり、めくれてしまった場合、外壁塗装の効果が切れていますので

早めのメンテナンスが必要になります。

これまでの劣化症状に比べ、重症度が高いため 剝離が見受けられた場合にはできるだけ早く対応してください。

チョーキング

チョーキングは、塗装で色を出すために塗料に含まれている顔料が粉化している状態で、

耐久性がなくなり、このままでは雨風や紫外線などの外的要因を防げません。

この状態を放置していると、クラックが生じ 雨漏りを引き起こしたり

雨漏りが原因でシロアリを呼ぼ寄せてしまいます。

シロアリが発生すると駆除や建て替えなど、後々大掛かりで高額な工事が必要になりますので、早めの対応を心掛けましょう!

 

外壁塗装の時期である症状がご自宅の外壁に発生したら

まずは時間を作り外壁塗装の専門店に無料調査を行ってください。

 

住宅をキレイにする事だけが外壁塗装ではなく、

外的要因から住宅の劣化を防ぎ、住宅の寿命を延ばす事も目的としています。

 

現在 日本の戸建住宅には、木造住宅が多いですが 木は水に弱く 更にはシロアリの好物でもあります。

 

雨漏りが起これば、塗り替え工事では済まなくなり

シロアリが発生すれば、住宅の大切な柱などの骨組みをボロボロにされてしまいます。

 

被害が拡大する前に外壁塗装を行い、しっかりとメンテナンスを施しておけば 数百万円で収まる工事費用が、

放置してしまうと様々な被害を受け、総額1,000万円以上の高額なリフォーム工事が必要となってしまいます。

 

ですので、ご自宅の劣化症状を確かめながら、外壁塗装が必要な時期を見極めましょう!

 

塗装後から10年後

 

新築時や前回塗装から何年経っているかが重要です。

 

一般的に外壁塗装で使用している塗料はシリコン系が多く、

シリコン系の塗料の対応年数は、10年前後となっております。

 

10年経った頃からチョーキングやクラック等が発生しはじめ、

年月が経過すればするほど、住宅の状態は悪くなります。

 

外壁塗装の塗料は永久的に保つモノではなく、それぞれの塗料には対応できる年数が決められているため

その対応年数に合わせて、新たに塗装を施してあげる必要がございます。

 

どの住宅も同じ塗料は使用されておりませんので、それぞれの住宅のペースで外壁塗装を行いましょう。

 

株式会社 Luxstは元々、葛飾区金町で防水業を営んでいました。

都心の大きなビルやマンション、町のアパートや個人住宅など、様々な建物の防水工事に携わり

新築工事・改修工事問わず、色々な現場を見てきました。

そこで、防水業の知識を活かし「雨漏りに強い外壁塗装」会社を目指そうと決めたのが、現在のラクストの始まりです。

ですので、他の塗装業者さんよりも、雨漏りの知識や修繕の方法、皆様のお困りな点を熟知しているのです。

そもそも塗装というのは住宅を綺麗にする事が目的である為、雨漏りというのは「塗装業者」ではなく、「防水業者」でないと直せません。

そのため、「雨漏りに強い外壁塗装」というスローガンが、Luxstの強みなのです。

 

外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は、千葉 松戸市 柏市のラクストまで、是非一度 ご相談ください(*^^*)

 

Luxstショールームのご案内

ショールームには体験キッドや実際に使われている材料など、
皆様が実際に見て触れて感じて頂けるものをご用意しております。

ご相談・お見積りはラクストまで!

不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。

ラクストではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。

Luxstの塗装ラインナップ☆彡

「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。

Luxstの施工事例♫

「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」
そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです!

 

株式会社 Luxst(ラクスト)

住所:〒270-2213  千葉県松戸市五香8-34-10

営業時間:10:00~18:00

電話番号:0120-871-185

お電話でのお問い合わせ、ショールームへのご来店お待ちしております😊

投稿担当者

若宮 隆志RYUJI WAKAMIYA

出身:東京都 葛飾区

お客様へのメッセージ

皆さんこんにちは!株式会社 Luxst (ラクスト) のweb担当若宮と申します(^^)
いつもブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。
はじめてご覧いただいた方も、最後までご覧いただきありがとうございます。
ラクストのホームページでは、最新の施工事例情報や実際にいただいたお客様の声、
外壁塗装の豆知識などを随時配信しております!
Instagramでは、毎日の現場の進捗状況をお届けしております(*^^*)
ご相談やお困りごとがございましたら、いつでもご連絡ください!
ショールームへのご来店も心よりお待ちしております。
今後もいろいろな情報をご提供していきますので、これからもご覧いただけると嬉しいです(^^)v

ご相談お見積り診断無料!お気軽にご相談下さい!!

0120-871-185電話受付時間10:00~18:00 火曜定休

ご相談・お見積り依頼

松戸市、鎌ケ谷市、柏市、市川市、地域密着、安心塗装工事がウリの外壁塗装専門店 ラクスト