塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!BLOG

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 外壁塗装 > 【鎌ケ谷市】外壁塗装は3回塗り?4回塗り?どちらが正しいの?

【鎌ケ谷市】外壁塗装は3回塗り?4回塗り?どちらが正しいの?

外壁塗装コラム 2021.05.22 (Sat) 更新

松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市のみなさん、こんにちは!

外壁塗装・屋根塗装専門店のLuxst(ラクスト)松戸店です!

今回のブログを執筆させていただく若宮です!

松戸市 外壁塗装

 

本日のブログでは、外壁塗装の「4回塗り」についてご説明をさせていただきます。

ラクスト松戸店のHPやブログでもご紹介している通り、外壁塗装は基本的には「3回塗り」です。

しかし、近年では「4回塗りします!」と謳う外壁塗装業者も増えてきています。

皆さんからすると『塗れば塗るほど厚みが出て、塗膜が強くなるんじゃないの?』

『本来3回塗りなのに4回も塗る必要あるの?』等、意見が分かれ混乱してしまいますよね…(-_-;)

結論から申し上げますと、外壁塗装は3回塗りで施すべきです!

ただ単に、塗る回数を増やせばいいわけではありません。

その内容を順番に見てきましょう👀

 

外壁塗装の4回塗りって大丈夫??

 

鎌ケ谷市 外壁塗装

外壁塗装をすることで、ご自宅の外壁は塗料の薄い膜で覆われていきます。

この”膜”は“塗膜”と言われるモノで、“塗膜”が紫外線や風雨などの自然環境によるダメージから

外壁を保護し、外壁の塗膜が建物の寿命を延ばしてくれるのです。

この塗膜を作るまでの工程は「下塗り→中塗り→上塗り」の3回ですが、

4回・5回と塗り工程を増やす提案をされる事はあります。

しかし、塗り工程(回数)を増やすことで以下のようなことが発生します。

 

塗料の使用量が増える

外壁塗装において塗り工程を増やすということは、使用する塗料も増やすことになります。

そうなると、同時に増えた分の材料費が上がるので必然的に工事費用が高くなります。

工事費用が高くても、塗膜が厚くなった分だけ長持ちする!!と思ってしまいがちですが、

実はそこが間違いなのです…

お化粧をする際に、厚く塗れば塗るほど割れやすくなってしまうように、

塗膜も無理をする事でひび割れが生じやすくなるのです。

また、塗膜が厚くなったとしても塗料自体の効果は変わりません。

お化粧を肌に何度塗り重ねてもノリが変わらないのと同じです。

だからこそ、塗料を販売しているメーカーが研究に研究を重ね、実験に実験を重ねたうえで

その塗料の性能が最大限に発揮できる「仕様書」を出しているのです。

また、何十時間・何百時間という時間をかけ、何万通りと実験をしている

塗料メーカーの知らない裏ワザなどありません。

業者が何と言おうと、塗料に関しては塗料メーカーの努力に叶う実験などできないからです。

以上の事から、業者の単なるイメージ戦略に踊らされないように気を付けましょう!

【実際にあった悪徳業者のお話】

4回塗りでできるだけ利益を多くしようと、塗料を薄くして使用する業者が存在します。

塗料メーカーでは塗料の希釈にも推奨割合がありますので、

必要以上に薄めてしまうと塗料本来の実力を発揮できなくなります。

いくら塗り回数を増やしても、塗料を薄めて使っていたら

塗料本来の性能を引き出せず、料金だけが高くなり機能性は最悪な結果となってしまいます。。

 

塗る回数が増えると工期も遅れる

外壁塗装工事は、1回塗るたびに乾燥時間を設けます。

と言うより、乾燥時間を設けなくてはいけない決まりになっていますので、

必ず乾燥時間を配慮したうえで、工程が組まれております。

そのため、塗料がしっかりと乾くまで次の塗装工程には入れません。

4回塗りをするということは塗料を乾燥させる時間が1回増えることになります。

すると、工期もその分延びてしまうのです・・・。

夏場は屋根であれば半日もあれば完全に乾いてしまいますが、外壁でも1日は欲しいところです。

灼熱の太陽や唸るような暑さの中でも、それだけの時間が必要なのですから

冬場であればもっと時間がかかりますので、その分工期も伸びるでしょう。

だらだらと工期が延びることで、生活にも支障が出てきてしまう可能性がありますね…。

 

職人の作業時間が増えることで費用が上がる

外壁塗装の塗料自体の金額は、どこの業者に依頼してもそこまで大差はありません。

しかし、作業する職人一人当たりの作業代は、それぞれの業者によって違うため

工事を行うためには材料代(塗料代)+職人の作業代がプラスされます。

当然、3回塗りを4回塗りにすれば作業が1回増えますので、作業代が加算されるというわけです。

まれに、4回塗りを3回塗りと同等の金額で提案されたり、1回分の塗り工程が追加されたのにも関わらず

その金額の説明をしてこない業者には要注意です。

 

外壁塗装が3回塗りである訳

 

下塗り

外壁塗装で施される”下塗り”は、塗料を3回塗っていく中でも最も重要性の高い工程です。

外壁そのものを強くしたり、上塗り塗料にはない”密着力”を付加させる働きがあるのです。

下塗り塗料は「下地強化剤」と呼ばれることもあり、下地と上塗り塗料をがっちりと密着させる

接着剤の役割を担っているのです!

その他にも、ヘアクラックと呼ばれる小さなクラックであれば埋める事もでき、

下塗り=外壁塗装の長持ち繋がりますので、絶対に欠かせない工程です。

 

中塗り

“中塗り”で使用される塗料は、”上塗り”と同じ塗料になります。

外壁塗装を分かりやすくするために、下塗り・中塗り・上塗りという表現がされておりますが、

実際には【下塗り×1・上塗り×2】の、下塗り1回・上塗り2回という事になります。

仮に、この上塗りを1回で仕上げてしまうと、色ムラや塗料が持つ性能を最大限に発揮できなくなってしまいます。

そもそも塗料を3回塗るという事は、塗料メーカーが定める仕様であり

3回塗り重ねる事で塗料の性能が最大限に発揮されるため、塗料を製造しているメーカーも

3回塗りを前提として塗料を製造しているのです。

そのため、上塗りを2回施す事で高い耐久性と綺麗な仕上りを実現できるのです。

 

上塗り

中塗りと同じ役割を担ってはおりますが、美観塗膜の持ちを左右する重要度の高い作業です。

仕上げ作業である上塗りを丁寧に施す事で、紫外線や雨風からの影響を最小減に抑え

汚れも付着しずらくなり、長期的に強くて綺麗な住宅を保てるのです。

 

まとめ

 

本日のブログでは、外壁塗装の「4回塗り」についてご説明をさせていただきました。

塗る回数を増やせば当然その分塗料も必要になりますし、作業をする人件費も増していきます。

すると皆さまがお支払いする金額も高くなるのです。

外壁塗装工事は決して安いお買い物ではありません…(-_-;)

約10年サイクルで考えていかなければならない建物のための「メンテナンス」です。

ラクスト松戸店が取り扱っております塗料、各社ございますが、どの塗料メーカーも

お客様に費用をあまりかけないよう、塗料の効果を最大限に発揮できる塗り回数を

幾度となくシュミレーションや実験を繰り返し、ベストの塗り回数を導き出しております。

それが外壁塗装工事の基本工程、下塗り→中塗り→上塗りの3回塗りなのです。

外壁塗装工事を依頼する際は、回数ではなく「優良業者選び」が一番重要です。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました(^^)/

 

 

Luxst(ラクスト)松戸店外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。

松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。

地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。

これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。

■Luxst(ラクスト)松戸店は塗装価格に自信があります!

詳しくはこちらをクリック!

■Luxst(ラクスト)松戸店には、お客様から選ばれる理由があります!

詳しくはこちらをクリック!

投稿担当者

若宮 里穂RIHO WAKAMIYA

出身:東京都 葛飾区

お客様へのメッセージ

皆さんこんにちは!株式会社 Luxst (ラクスト) のweb担当若宮と申します(^^)
いつもブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。
はじめてご覧いただいた方も、最後までご覧いただきありがとうございます。
ラクストのホームページでは、最新の施工事例情報や実際にいただいたお客様の声、
外壁塗装の豆知識などを随時配信しております!
Instagramでは、毎日の現場の進捗状況をお届けしております(*^^*)
ご相談やお困りごとがございましたら、いつでもご連絡ください!
ショールームへのご来店も心よりお待ちしております。
今後もいろいろな情報をご提供していきますので、これからもご覧いただけると嬉しいです(^^)v

ご相談お見積り診断無料!お気軽にご相談下さい!!

0120-871-185電話受付時間10:00~18:00 火曜定休

ご相談・お見積り依頼

松戸市、鎌ケ谷市、柏市、市川市、地域密着、安心塗装工事がウリの外壁塗装専門店 ラクスト