塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!BLOG

HOME > 現場日誌・現場ブログ > シーリング工事

シーリング工事の記事一覧

松戸市 外壁塗装

【現場ブログ:シーリング工事】千葉県 松戸市 K様邸

皆さんこんにちは! 千葉県 松戸市 外壁塗装・屋根塗装・防水工事のラクスト松戸店です(^^♪   本日のブログでは、千葉県 松戸市 K様邸での外壁塗装に伴うシーリング工事の様子をご紹介いたします。 シーリング工事とは、外壁に入ったひび割れや外壁材同士の隙間、窓枠や水回りの縁などに シーリング材を注入する工事のことです。 シーリング材は、柔軟性があるので外壁材同士の間にあることで クッション替わりになっています。 そのため、外壁材同士の押し合いや引っ張り合いをしても間を取り持ってくれるので、 ひび割れや隙間ができるのを防止してくれます。 また、サッシ周りなどに施されているシーリングは雨水の侵入を防いでくれています。   それでは、早速見ていきましょう!   千葉県 松戸市 K様邸 シーリング工事 こちらは施工前の外壁目地です↓シーリング工事は、外壁塗装の前に行われる工事です。後から塗料をかぶせますので、基本的に色は何色でも問題ありません。しかし、使う材料によっては耐久性も変わりますので業者に確認しましょう。 外壁に使用する塗料同様、シーリング材も 皆さんのお家を守る大事な材料です。どのような材料を使用するのか、事前にしっかりと打ち合わせを行う必要があります。   シーリング工事 プライマー塗布 最初に、プライマーを塗布します↓プライマーとは、シーリング材の接着力を良くする液体です。外壁の目地にしっかりと接着させるための下地作りです。プライマーを塗布することで、シーリング材は長期間剥がれずに雨漏りなどを防いでくれているのです。 とても重要な工程になります。塗り忘れや手抜きは許されません。 外壁塗装に例えると、「下塗り塗装」と同じ役目を果たしますので、全ての施工箇所に、正確な塗布量で塗っていきます。   シーリング工事 充填 プライマー塗布後は充填作業です↓プライマーを塗布した箇所に、新しくシーリング材を打ち込みます。適切な量で、迅速・丁寧に進めていきます。 大量に注入してしまうと気泡ができるなどの不良が生じます。逆に少なすぎると、シーリング材本来の耐久性が発揮せずに、早期に劣化が始まります。   シーリング工事 ヘラ押さえ 最後に、ヘラ押さえ作業です↓ヘラ押さえとは、その名の通り ヘラで押さえる作業のことです。 目地に注入したシーリング材をしっかりと密着させるため、専用のヘラで押さえていきます。この作業は、見た目にも大きく影響します。総仕上げになるので、空気が残らないよう慎重に行います。   以上の工程で、施工完了です↓ この後、乾燥期間を経て 外壁の塗装作業へと進みます。 シーリング材は絶えず膨張や縮小を繰り返しているため、シーリング材そのものの寿命はそれほど長く保てません。 もちろん、シーリング材も日々進化をしていますが、耐用年数は平均でみても5年~10年ほどと言われております。 ひび割れ・剥離・肉やせ(隙間を埋めていたシーリング材が細くなり隙間が大きくなる状態)が見られたら そろそろ寿命が近づいています。見た目ですぐに分かるので 一度ご自宅の点検をしてみることをおススメいたします(^^)/     株式会社 Luxstは元々、葛飾区金町で防水業を営んでいました。 都心の大きなビルやマンション、町のアパートや個人住宅など、様々な建物の防水工事に携わり 新築工事・改修工事問わず、色々な現場を見てきました。 そこで、防水業の知識を活かし「雨漏りに強い外壁塗装」会社を目指そうと決めたのが、現在のラクストの始まりです。 ですので、他の塗装業者さんよりも、雨漏りの知識や修繕の方法、皆様のお困りな点を熟知しているのです。 そもそも塗装というのは、住宅を綺麗にする事が目的である為、雨漏りというのは「塗装業者」ではなく、「防水業者」でないと直せません。 そのため、「雨漏りに強い外壁塗装」というスローガンが、Luxstの強みなのです。   外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は、千葉県 松戸市 柏市 鎌ヶ谷市 市川市のラクストまで、是非一度 ご相談ください(*^^*)   Luxstショールームのご案内 ショールームには体験キッドや実際に使われている材料など、皆様が実際に見て触れて感じて頂けるものをご用意しております。 ご相談・お見積りはラクストまで! 不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。 ラクストではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。 Luxstの塗装ラインナップ☆彡 「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。 Luxstの施工事例♫ 「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです!   株式会社 Luxst(ラクスト) 住所:〒270-2213  千葉県松戸市五香8-34-10 営業時間:10:00~18:00 電話番号:0120-871-185 お電話でのお問い合わせ、ショールームへのご来店お待ちしております😊 2021年10月28日 更新

シーリング工事スタッフブログ

松戸市 雨漏り

【松戸市】シーリング工事・H様邸

松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店のLuxst(ラクスト)松戸店です! 今回のブログを執筆させていただく若宮です! 9月も残すところあと数日・・・。 先日からお伝えしております台風16号の最新情報です!! 週の後半から雨が強まり、強い勢力を保ったまま関東地方に最接近する予想となっています。 上陸を避けられたとしても、進路に近い場所では暴風が吹き、非常に激しい雨が降るおそれもありますので お家の周りの飛ばされやすいものを片づけたり、側溝の掃除を済ませておくなど、早めの対策を心がけましょう。 ラクスト松戸店では、施工中の現場も多くございますので支障をきたさぬよう、日々最新情報を確認してまいります。   さて、本日のブログでは、松戸市H様邸での外壁塗装工事に伴うシーリング工事の様子をお届けいたします。 「雨の浸入を防ぐ防水材」としての機能をしっかりと果たすためにも、定期的なメンテナンスが必須!! それでは、早速現場を見ていきましょう!   松戸市 H様邸 シーリング工事   施工前の状態です↓サッシ周り外壁目地 写真を拡大してみましょう👀サッシ周り外壁目地 H様邸のシーリング、大きな亀裂や肉やせは見受けられませんでしたが、写真をよく見てみると、細かいひび割れが生じています。シーリングは主に柔らかい樹脂素材で出来ており、紫外線に弱いため、ひび割れが生じる状況は、補修時期のサインとなります。 まず、既存シーリングを撤去します↓サッシ周り外壁目地 写真のようにカッターを使用し両端にしっかりと切り込みを入れて、丁寧に剥がします。既存シーリングが残らないようにすることがポイントです。 次に、プライマー塗布です↓サッシ周り外壁目地 プライマーとは、主に接着を目的とした下塗り塗料のことです。シーリングは一度剥がれてしまうと再接着できません…。そのため、いい加減に塗布してしまうと、どんなに性能が良いシーリングでも防水の役割を果たせなくなってしまいます。 いよいよ、充填作業↓サッシ周り外壁目地 ある程度の厚みをつけて、しっかり充填します。厚みが確保されることで完全な防水機能が復活します! 最後に、ヘラ押さえです↓サッシ周り外壁目地 専用のヘラで、表面をならしていきます。シーリング材は、作業効率のため速乾性のあるものが多いことから、素早く作業する必要があります。とても繊細な作業ですので、多くの経験と熟練したワザが仕上がりにも表れます。 その後、青い養生テープを剥がせば、施工完了!! 完了後の写真がこちら↓サッシ周り外壁目地 写真を見てお解りの通り、とてもキレイに仕上がっております(^^)/建物を長く大切に使うために欠かせないのがシーリング工事です。建物の防水機能を回復させ、建物自体の耐用年数維持にも大きく貢献してくれます! シーリング工事はここまで・・・この後外壁塗装工事へと進んでいきます。     Luxst(ラクスト)松戸店は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■Luxst(ラクスト)松戸店は塗装価格に自信があります! 詳しくはこちらをクリック! ■Luxst(ラクスト)松戸店には、お客様から選ばれる理由があります! 詳しくはこちらをクリック!   2021年09月27日 更新

シーリング工事スタッフブログ

松戸市 雨漏り

【松戸市】シーリング工事・S様邸

松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店のLuxst(ラクスト)松戸店です! 今回のブログを執筆させていただく若宮です! 公園の葉や、スーパーに並ぶ食材にも、秋を感じるようになってきました🍁 朝晩はだいぶ涼しくなってきましたが、今日は夏日が復活です(^^) 今週の天気予報、晴天続きとなっているので、現場作業がとてもスムーズに行なわれる予定です! 引き続き、みなさまには最新の現場ブログをお届けしてまいりますので、 ラクスト松戸店のHPをチェックをしていただけると幸いです!(^^)!   さて、本日のブログでは、松戸市S様邸での外壁塗装工事に伴うシーリング工事の様子をお届けいたします。 シーリングは劣化すると、ひび割れや肉痩せなどを引き起こします。 ここ数年頻繁に起こるゲリラ豪雨や暴風を伴う横殴りの雨が打ちつけられると 劣化部分から雨が吹き込んでしまい雨漏りの発生へとつながります(-_-;) ブログの後半では、シーリング(コーキング)工事の重要性など詳しくご説明させていただきます! それでは、早速現場を見ていきましょう!   松戸市 S様邸 シーリング工事   施工前の状態です↓サッシ周り外壁目地写真を拡大してみましょう👀サッシ周り外壁目地拡大して見ると、「ひび割れ」が発生しています。。シーリングは主に柔らかい樹脂素材で出来ていますが、紫外線に弱いので、ひび割れが生じる状況は、シーリングの劣化・寿命を示しており、補修時期が近いことのサインとなります。S様邸のシーリングもまさにメンテナンスのサインです! まずはじめに、既存シーリングの撤去です↓サッシ周り外壁目地 カッターを使用し、外壁材を傷つけないように丁寧に切り込みを入れて剥がしていきます。 次は、清掃です↓サッシ周り外壁目地 ハケやブラシで、取り残しや隙間に入ったゴミやホコリを丁寧に掃除します。 続いて、プライマー塗布です↓サッシ周り外壁目地 「プライマー」と呼ばれる下塗り材を塗布します。シーリング材の接着力を高める働きがあります。どんなに性能が良いシーリングでも、劣化すると防水の役割を果たせなくなってしまいますので、慎重に施工するのが重要です。 いよいよ、充填作業です↓サッシ周り外壁目地 充填する際のポイントは、若干多めに充填することです。奥に空洞が出来ると、劣化を早めてしまいます。 最後に、ヘラ押さえで仕上げていきます↓サッシ周り外壁目地 注入したシーリング材をしっかりと密着させるため、しっかりとヘラで押さえていきます。この作業は、見た目にも大きく影響します。総仕上げになるので、空気が残らないよう慎重に行います。 施工完了がこちら↓サッシ周り外壁目地 ご覧ください!!細かいヒビ割れ、シーリング中央部のくぼみも無くなり、とてもキレイに仕上がりました(^^) この後、養生テープをはずし乾燥後、外壁塗装へと作業が進みます。 シーリング工事の工程は以上になります!     シーリング(コーキング)工事の重要性     先ほどご紹介した『シーリング工事』は塗装前に行う工事です。 後半は、このシーリング工事の重要性についてご説明をさせていただきます(^^)/   シーリング(コーキング)の役割とは?? 【水の侵入を防ぐこと(防水性)】 建物の部材同士の間には、設置の際にどうしても隙間ができてしまうことがあり、 その隙間を埋めるのがシーリング(コーキング)です。 この隙間がきちんと埋まっていないと、雨の日には雨水が内壁の中へ染み込み、 「雨漏り」へ発展することになるでしょう。 ドアや窓サッシを設置する際に、隙間を埋めて雨水が浸入することを防ぐ役割もあります。   【建物の揺れに合わせて外壁材等の破損を防ぐこと(クッション性)】 サイディングやALCと呼ばれるパネル外壁の目地に入っているシーリングは、 夏場の暑さや冬場の寒さによって膨らんだり、縮んだりを繰り返します。 その収縮にシーリングが追随し、クッションの役割を果たしています。   シーリング(コーキング)劣化症状について ①ひび割れ 写真のように、細いヒビがいくつも入っている状態。今すぐに補修を行なう必要がありませんが、そろそろメンテナンスのご検討を始める頃です。②肉痩せ・破断 シーリング(コーキング)の厚みが薄くなり、シーリングが裂けてしまっている状態。早々に補修が必要です。 ③欠落・剥離 シーリング材が完全に取れて、中が見えてしまっている状態。ここまでくるとすぐに補修が必要です。   どのような症状が出ているか、定期的に専門業者にチェックしてもらい、 これからの台風シーズン、少しでも「雨漏りのリスク」を減らしましょう(^^)/   シーリング工事をするタイミング シーリングの補修工事自体は、外壁塗装よりも安価となります。 しかし、多くの現場では「足場の設置」が必要となり、別途足場代の費用が発生いたします。 そのため、可能な限り外壁塗装と同時に行なうことをおススメしております。 外壁の「横目地」「縦目地」それぞれ解説をさせていただきます。   ①横目地の場合 3mほど高い場所にあるシーリングをまとめて補修するには、足場が必要不可欠です。   ②縦目地の場合 高さ2mほどの場所で、シーリングの劣化部分のみの補修は脚立でも施工可能ですが、 縦目地1本の補修であっても安定性が保てずキレイに施工できない、十分な打設ができないなどの 問題が発生する可能性があります。 また他の縦目地も傷んでいる可能性があるため、足場を設置して工事を行ったほうが最善です。     ここまでお読みいただきまして、いかかでしたか?? シーリングの劣化は、皆さまご自身でもすぐにわかるものです(^^♪ ぜひ一度、お家の周りを1周して外壁のシーリングの状態を確認してみてください。 劣化が気になる方、ご不安を抱いていらっしゃる方、是非お問合せをお待ちしております!   最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。     Luxst(ラクスト)松戸店は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■Luxst(ラクスト)松戸店は塗装価格に自信があります! 詳しくはこちらをクリック! ■Luxst(ラクスト)松戸店には、お客様から選ばれる理由があります! 詳しくはこちらをクリック! 2021年09月22日 更新

シーリング工事スタッフブログ

鎌ケ谷市 雨漏り

【鎌ケ谷市】シーリング工事・W様邸

松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店のLuxst(ラクスト)松戸店です! 今回のブログを執筆させていただく若宮です! 8月も残すところあと数日・・・。 9月に入ると、広範囲で順調に秋めいてくる予報となっております(^^) これからは1日の中でも「朝晩と日中で、気温の差が大きい」時期になりますので、 服装選びにも注意が必要ですね。また、台風シーズンですので、備えも忘れずに行なっていただければと思います。   本日のブログでは、鎌ケ谷市W様邸での外壁塗装工事に伴うシーリング工事の様子をお届けいたします。 今回は、外壁の付帯部である「帯板」の上、こちらのシーリング増し打ち工事の作業工程です。 それでは、早速現場を見ていきましょう!   鎌ケ谷市 W様邸 シーリング工事   施工前がこちら↓外壁の1階と2階のつなぎ目の帯の上には、防水シールが施されています。実は、帯板の上は水が溜まりやすく、劣化しやすい箇所になります。シーリングは、経年劣化により「ひび割れ」や「肉痩せ」を起こします。ゴム状の防水材であるシーリングを打つことで、外壁からの雨漏りを防ぐことができます。 まず、養生テープを貼り付けます↓ 次に、プライマーを塗布します↓下地とシーリング材の接着剤の役割を果たすプライマー。ハケで丁寧に塗っていきます。 いよいよ、充填です↓ある程度の厚みをつけて、しっかり充填します。厚みが確保されることで完全な防水機能が復活します! 最後に、ヘラ押さえ作業です↓専用のヘラで、表面をならしていきます。空気が入らないように、平滑に整えます。 乾燥時間を設けて、養生テープを剥がしたら、施工完了↓帯上シーリングが、しっかりと増し打ちされました! シーリング工事の工程は以上になります(^^)     雨漏り修理の費用相場をチェックしておきましょう!     暑い夏が終わると、いよいよ本格的な台風シーズンとなります(-_-;) 今シーズンは台風の上陸が無かった昨シーズン(2020年)と比べ、本州付近に接近しやすい傾向となっているので、 「上陸や接近による雨風の影響に注意が必要」との呼びかけが出ています。 同時に、雨漏りの発生リスクも高いと言えるでしょう。 もし雨漏りが発生してしまい、業者への修理を依頼すると費用がいくらかかるのか? 相場はどれくらいになるのか、とても気になりますよね…。 ここでは、修理費用の相場について簡単にご紹介したいと思います。   雨漏りの修理費用相場 屋根の雨漏り修理ひとつとっても、実は数万円~数十万円と相場にかなりの開きがあるのです。 雨漏りの程度、どれくらい浸水しているか、どれくらいの範囲まで雨漏りしているか、 それぞれの被害状況により、修繕内容や必要になる技術が違うからです。 その一例をあげると・・・ ①瓦屋根のズレや落下修理→10,000~50,000円 ②屋根の下地補修や張り替え→50,000~300,000円 ③棟板金交換→30,000~200,000円 ④外壁からの雨漏り修理→50,000~500,000円 ⑤窓サッシからの雨漏り修理→30,000~250,000円 ⑥天井の張り替え→100,000~150,000円   屋根や外壁を全面的に修理する際の費用 台風や暴風により屋根がめくれてしまったり、お家全体が劣化していて全面的な修繕が必要となった場合、 その費用は高額なものになります。 部分的な修理よりもさらに広範囲になるため、約50~300万円が相場であり、 平均額は約115万円と言われております。 また傾斜のある屋根や高所にある外壁の場合、足場を組む必要があり、修理費用に加えて足場代として 約20万円の費用が掛かる可能性があります。   9~10月の台風シーズンは、連続して台風がやってくることが多く、修理業者にも特に依頼が立て込む時期となります。 修理を依頼し、来てもらうまでの間、可能な限り応急処置をしてできる限り劣化を食い止めておきたいところですが、 雨漏り修理には高い技術が求められます。 是非、このタイミングでお家の総点検をしていただくことをおススメいたします!   最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。     Luxst(ラクスト)松戸店は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■Luxst(ラクスト)松戸店は塗装価格に自信があります! 詳しくはこちらをクリック! ■Luxst(ラクスト)松戸店には、お客様から選ばれる理由があります! 詳しくはこちらをクリック!   2021年08月29日 更新

雨漏りシーリング工事スタッフブログ

船橋市 雨漏り

【船橋市】シーリング工事・S様邸

松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店のLuxst(ラクスト)松戸店です! 今回のブログを執筆させていただく若宮です! 久しぶりの現場ブログです!! 東京オリンピックももう終盤、8日(日)には閉幕しますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか? 連日うだるような暑さも続いておりますので、引き続き熱中症にはお気をつけください!   本日のブログでは、船橋市S様邸での外壁塗装工事に伴うシーリング工事の様子をお届けいたします。 シーリングは、別名「コーキング」とも呼ばれており、基本的には同じ材料や工程を指します。 外壁の防水性や気密性を保持するために、外壁材のつなぎ目や隙間に充填し、防水機能を保ったり、 サッシ周りの隙間を埋めることで、耐久性や劣化の防止をする効果があります。 それでは、早速現場を見ていきましょう!   船橋市 S様邸 シーリング工事   施工前の状態↓長期間、そのままになっていたシーリング。表面に細かなヒビが入っている状態です。このまま劣化した状態で放置してしまうと「雨漏り」や「カビ」などの原因につながります。 初めに、既存のシーリングを撤去します↓撤去にはカッターを使用して、取り除いていきます。ここで重要なのは、取り残しがあると後に施工不良の原因となるので丁寧に作業を行います。 続いて、プライマーを塗布します↓プライマーは、下地とシーリング材の接着剤の役目を果たします。しっかりと密着することで、シーリング材本来の性能を発揮できます。 いよいよ、充填↓工事後の「ひび割れ」や「肉やせ」を防ぐにはある程度シーリングの厚みが必要となっています。そのため少し多めに充填をしていきます。厚みが確保されることで完全な防水機能の発揮へも繋がります。 最後に、ヘラ押さえ作業です↓専用のヘラでならし、表面を平滑に整えます。ここでは、空気が入り込まないようにならしていくのが重要なポイントとなります。 養生テープを剥がして、施工完了↓キレイにしっかり目地が埋まりました!! シーリング工事の工程は以上となります。   シーリングの重要性とは??   外壁のつなぎ目や、サッシ部分にあるゴム状のものを「シーリング」といいます。 外壁塗装工事と切っても切れないこのシーリング、どんな役割があるのかを ご説明させていただきます!   雨水の侵入を防ぐため 外壁をシーリングする目的は、隙間を埋めることで雨水が中に入るのを防ぐことです。 サイディングやタイルなどの外壁材でシーリングは主に使用されていますが、 このような外壁材は複数のボードやパネルなどを貼り付けて仕上げるため、 どうしてもその貼り付けた外壁材同士に隙間ができてしまいます。 シーリングを施さなければ、わずかな隙間から雨水が侵入し、「雨漏り」に発展してしまうでしょう。 また台風時など、雨水は風と共に圧力がかかって外壁にあたります。 こうした横殴りの雨からも建物を守ってくれる役割があります。   外壁にかかる負担を軽減するため もう1つの目的、それは外壁材にかかる負担や衝撃を吸収することです。 外壁材は、地震の揺れや気温の変化による外壁材の伸縮などさまざまな影響を受けます。 シーリングのように柔らかい素材が緩衝材のような役割を果たしています。 シーリングがあるおかげで、外壁材のひび割れや損傷を防いでくれます。   シーリングの重要性についてご理解いただけましたでしょうか? 外壁の隙間を埋めて見た目を良くするだけではなく、雨漏りの防止、 また外壁そのものを保護するために使われるというとても重要な役割があります! 一度、ご自宅の外壁を眺めていただき、「シーリング」が施されている箇所を探してみてはいかがでしょうか? ラクスト松戸店では、シーリング工事のみのご依頼もお受けいたします! 劣化が気になる方、是非お問合せをお待ちしております(^^)/   最後に、千葉県に8月2日から8月31日まで緊急事態宣言が発令されました。 当店では、引き続き感染症対策を徹底して行なってまいります。 ご来店頂きましたお客様には、店頭入り口にアルコール消毒が行えるように準備、 また商談用テーブルには、アクリル板を設置しておりますので、ご安心くださいませ(^^) 尚、ご来店が難しい場合には、お電話でのご相談も承っておりますのでお気軽にお問い合わせください!!   最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!     Luxst(ラクスト)松戸店は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■Luxst(ラクスト)松戸店は塗装価格に自信があります! 詳しくはこちらをクリック! ■Luxst(ラクスト)松戸店には、お客様から選ばれる理由があります! 詳しくはこちらをクリック!   2021年08月04日 更新

シーリング工事スタッフブログ

鎌ケ谷市 雨漏り

【鎌ケ谷市】シーリング工事・N様邸

松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店のLuxst(ラクスト)松戸店です! 今回のブログを執筆させていただく若宮です! 梅雨が明け、連日猛暑が続いております・・・。 身体がこの暑さに慣れていない状況かと思います。 どうかみなさま体調管理には、くれぐれもご注意ください!!   本日のブログでは、鎌ケ谷市N様邸での外壁塗装工事に伴うシーリング工事の様子をお届けいたします。 外壁材のつなぎ目やサッシ周りに打ってある「ゴム」のようなものが、シーリング。 暴風を伴う横殴りの雨の際に、出窓付近が濡れていることがありませんか?? シーリングの劣化が理由の1つにあげられます。 既に「台風6号」が発生しており、沖縄地方に接近中です。 暑い夏が終われば、秋の台風シーズンがやってきます(-_-;) シーズン前の今のうちに、外壁のシーリングにも着目していただけたらと思います(^^♪ それでは、早速現場を見ていきましょう!!   鎌ケ谷市 N様邸 シーリング工事   施工前がこちら↓N様邸の既存シールですが、肉痩せしており、細かいヒビ割れも見受けられます。メンテナンスのタイミングでした! まず、既存シールの撤去から↓既存シーリングをカッターなどを使用して、残らず撤去します。 撤去後、清掃です↓ハケを使って、ホコリやゴミを丁寧に除去します。このひと手間が、とても重要です! 続いて、プライマーを塗布します↓シーリング材と外壁材の密着力を良くするためにプライマーを塗布します。 いよいよ、充填作業↓コーキングガンというシーリング材を押し出す専用の機械を使って、若干多めに充填するのがポイントです。 そして、ヘラ押さえ作業↓専用のヘラを使用して、表面を整えながら伸ばしていきます。 最後に、養生テープをはずして施工完了!!熟練の職人さんのワザで、キレイに仕上がりました!(^^)!この後、外壁の塗装作業へと進みます。 シーリング工事の工程は以上になります!   高耐久『オートンイクシード』のご紹介!!     先ほどご紹介したN様邸でも使用いたしました高耐久のシーリング材『オートンイクシード』の特徴ついて 少しご説明をさせていただきます。   圧倒的な耐用性 こちらの商品、他のシーリング材と比べて圧倒的な耐用性が備わっております。 劣化の原因である「可塑剤」が一切使用されていないので、紫外線や雨・温度変化や経年劣化など、 あらゆる要因から影響を受けにくいという特徴があります。 また、強い接着力を持ち、建物の動きに対してひび割れすることなく 柔軟に追随するという特徴もあります。 地震の多い場所や、幹線道路の近くで振動が多い場所においても安心です。   美観を守る耐候性 メーカー実施の「耐候性能試験」においては、4000時間に耐えるスペックを持っていることが証明されております。 この結果から、実質的に20年以上の耐用年数を期待することができるでしょう。   ラクスト松戸店では、耐用年数が長い塗料での外壁塗装をご検討されているお客様に対しては、 塗料にマッチしたシーリング材としてこちらの『オートンイクシード』をご提案しております。 松戸店のショールームにはサンプルもご用意しております。 是非、お気軽にご相談ください!   最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!     Luxst(ラクスト)松戸店は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■Luxst(ラクスト)松戸店は塗装価格に自信があります! 詳しくはこちらをクリック! ■Luxst(ラクスト)松戸店には、お客様から選ばれる理由があります! 詳しくはこちらをクリック! 2021年07月19日 更新

シーリング工事スタッフブログ

柏市 雨漏り

【柏市】シーリング工事・S様邸

松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店のLuxst(ラクスト)松戸店です! 今回のブログを執筆させていただく若宮です! 本日のブログでは、柏市S様邸での外壁塗装工事に伴うシーリング工事の様子をお届けいたします。 外壁材のつなぎ目や窓まわりに打ってあるゴムのようなもの、それがシーリング。 建物自体の防水機能を保ったり、サイディングボード間の隙間を埋めることで、 耐久性や劣化の防止をする役目があります。 それでは、早速現場を見ていきましょう!   柏市 S様邸 シーリング工事   施工前の状態↓ サッシ周り外壁目地換気フード それぞれの施工前写真を見ると、細かいヒビ割れが見られます。シーリングは外壁塗装前に施工しますので、色は何色でも構いません。 次に、既存シールの撤去です↓サッシ周り外壁目地換気フード カッターを使用して、シーリング材を丁寧に撤去します。 次に、プライマー塗布です↓サッシ周り外壁目地換気フード プライマーは、接着剤の役目を果たしてくれます。「めくれ」の原因につながりますので、慎重に施工しましょう。 いよいよ、充填作業です↓サッシ周り外壁目地換気フード 若干多めに奥までしっかりと充填するのがポイントです。奥に空洞が出来ると、劣化を早めてしまいます。 最後に、ヘラ押さえで仕上げていきます↓サッシ周り外壁目地換気フード 専用のヘラを使って、内部に隙間ができないように均等に押し込みます。その後、表面をキレイに整え、養生テープをはずしたら終了です! 施工完了がこちら↓サッシ周り外壁目地換気フード シーリング材は、常に外部環境にさらされ、紫外線や太陽光の影響を受けているため、約5年を経過すると「ひび割れ」「肉痩せ」などの劣化が徐々に始まります。おうち全体の劣化を早めてしまう原因にもなりますので、定期的にチェックすることをおススメいたします!   シーリングが剥離(切れる)する原因とは?? シーリングが剥離する原因には以下のような理由があります。   施工不良によるもの シーリングをしっかりと接着するには「プライマー」が必須。 このプライマーを塗らずにシーリング材を充填すると切れやすくなります。 またプライマーを塗布して時間を置き過ぎて充填してしまうのもよくありません。 このように充填の仕方に問題があると切れやすくなります。 適材適所に部材が使用され、目地幅や深さが適正でなければ、剥離を引き起こしてしまうでしょう。 自然災害によるもの 地震の揺れや、台風などの豪雨・暴風によるものです。 また、紫外線が当たりすぎるのも切れやすくなる要因の1つです。 製品の不良によるもの シーリング材の製品不良だけではなく、外壁や住宅の部材も含みます。 どれか1つでも切れやすくなる要因になりますが、この中のいくつかが重なり、 通常の寿命(7~10年)よりも短くなることがあります。 この寿命よりも早く切れてしまった場合は、お家を建てたハウスメーカーさん、 または工務店さんに早めにご相談することをおススメいたします。   シーリングの劣化は、外壁を注意深く見ていれば、皆さまご自身でもすぐにわかるものです。 この機会に一度、お家の周りを1周して、シーリングの状態を確認してみてはいかがでしょうか??   最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!!       Luxst(ラクスト)松戸店は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■Luxst(ラクスト)松戸店は塗装価格に自信があります! 詳しくはこちらをクリック! ■Luxst(ラクスト)松戸店には、お客様から選ばれる理由があります! 詳しくはこちらをクリック! 2021年06月28日 更新

シーリング工事スタッフブログ

船橋市 雨漏り

【船橋市】シーリング工事・I様邸

松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店のLuxst(ラクスト)松戸店です! 今回のブログを執筆させていただく若宮です! 本日のブログでは、船橋市I様邸での外壁塗装工事に伴うシーリング工事の様子をお届けいたします。 外壁材のつなぎ目や窓まわりに打ってあるゴムのようなもの、それがシーリングです。 ここ最近、風の強い日が多いですね(-_-;) と同時に、突然の豪雨も伴い、傘をさして歩くのも困難・・・。 このような横殴りの雨で室内に雨が入り込み、出窓付近やお部屋の床が濡れていた記憶ございませんか?? 実は、これはシーリングの劣化が原因による「雨漏り」の1つです。 「雨の浸入を防ぐ防水材」としての機能をしっかりと果たしてもらうためにも、定期的なメンテナンスが必須!! それでは、早速現場を見ていきましょう!   船橋市 I様邸 シーリング工事   施工前の状態↓ サッシ周り               外壁目地 シーリング工事は、外壁塗装をする前に施工する工事。シーリング材の色は何色でも構いません(^^) I様邸のサッシ周り・外壁目地共に「肉痩せ」の症状が見られました。劣化した状態で放置すると、「雨漏り」や「カビ」の原因になります。 初めに、既存シーリングを撤去します↓ サッシ周り               外壁目地 カッターを使って除去していきます。ここで重要なことは、取り残しの無いようにすることです! 続いて、プライマーを塗布します↓ サッシ周り               外壁目地 緑色のテープは、マスキングテープです。このテープできちんと養生をし、シーリング材の密着力を高めます。 いよいよ、充填↓ サッシ周り               外壁目地 充填する際は、少し多めに充填します。シーリング材の厚みが足りないと、すぐ後ろにあるバックアップ材などが見えてしまい、完全な防水機能を発揮することができません。 最後に、専用のヘラで押さえ施工完了です↓ サッシ周り               外壁目地 養生テープを剥がして、作業完了となります。この後、外壁塗装工事へと進んでいきます。 シーリング工事の工程は以上になります!   シーリングの寿命ってどれくらい??   外壁に使用されているシーリングの寿命は、長くて10年、短いものでは5年程度と言われております。 だからと言って、5年経過したシーリングが全て劣化し、雨水を浸入させてしまうわけではありません。 しかし、5年程度経過すると劣化症状が顕著に現れ、徐々にヒビや裂けなどが生じてくるのは事実です。 特に、窯業系サイディングの外壁材同士の隙間に使用されるシーリングは、使用されている箇所が多いのと、 日常的に風雨にさらされていることもあり、劣化スピードが速いとされています。 「新築して5年」と聞くと、まだまだ「新しくてキレイなおうち」と思ってしまいがちですが、 普段は目に付かない、これらのシーリングは「寿命」を迎えようとしているのです(-_-;) シーリングの主な劣化症状をご紹介させていただきます。   ①肉痩せ・破断 コーキングの厚みが薄くなってきている状態。さらに、シーリングが裂けてしまっており、補修が必要です。 ②ひび割れ 表面に細かい線(ヒビ)が入っている状態。経過観察でOKですが、そろそろメンテナンスを検討するサインです。 ③欠落・剥離 シーリングが取れて、中が見えてしまっている状態。当然、補修が必要です。 以上のように、シーリングが劣化して隙間や穴があいてしまうことにより、 雨水や汚れなども直接室内に入ってきてしまう可能性が高くなります。 どのような症状が出ているかを、定期的に専門業者にチェックしてもらい、 少しでも室内に雨水を入れない処置をしていくことが必要になります。   ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました!!     Luxst(ラクスト)松戸店は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■Luxst(ラクスト)松戸店は塗装価格に自信があります! 詳しくはこちらをクリック! ■Luxst(ラクスト)松戸店には、お客様から選ばれる理由があります! 詳しくはこちらをクリック! 2021年05月29日 更新

シーリング工事スタッフブログ

松戸市 雨漏り

【松戸市】シーリング工事・S様邸

松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店のLuxst(ラクスト)松戸店です! 今回のブログを執筆させていただく若宮です! 本日のブログでは、松戸市S様邸での外壁塗装工事に伴うシーリング工事の様子をお届けいたします。 シーリング工事とは、外壁材同士の隙間、サッシ枠や水回りの縁などにシーリング材を注入する工事のことを言います。 最近、松戸市周辺では天気が急変することがあります。 その際、竜巻のような風を伴うため「窓のサッシ枠から雨が吹き込んでくる」というお問い合わせが多数ございます。 これはシーリングの劣化が原因と考えられます。 ご自身ではなかなかチェックしにくい箇所ですが、定期的にメンテナンスをする必要がございます。 それでは、早速現場を見ていきましょう!   松戸市 S様邸 シーリング工事(サッシ周り)   施工前の状態です↓長期間そのままになっていたシーリングには、亀裂やヒビが入っており、防水機能を失った状態です。さらに、シーリング材が「肉痩せ」していくのです。 まず、既存シーリングを撤去します↓写真のように、カッターを使用。目地両端にしっかりと切り込みを入れて、丁寧に剥がします。既存シーリングが残らないようにすることがポイントです。 次に、清掃です↓撤去後に、ホコリなどの小さなゴミをブラシで落とし、清掃します。このひと手間がとても大事!! 続いて、プライマー塗布です↓プライマーは、下地とシーリング材の接着剤の役目を果たします。しっかりと密着することで、シーリング材本来の性能を発揮できます。 いよいよ、充填作業↓シーリング材を充填する際は、ある程度の厚みが必要になります。適量を充填し、工事後の「肉やせ」を防止します。 最後に、ヘラ押さえ作業↓専用のヘラで、表面をならしていきます。この作業が仕上げの重要工程になりますので、丁寧に行なう必要があります。青い養生テープを剥がせば、施工完了!!この上から、外壁を塗装していきます。   サッシの雨漏り原因と対策   冒頭でもお話させていただきましたように、暴風を伴う横殴りの雨の際に、 窓のあたりがびしょびしょに濡れている!! そんなことありませんか?? これが意外と多いのです(-_-;) サッシからの雨漏り・・・。 大した事ないから・・・とタオルで拭いておしまい!と済ませている方、要注意です。 そのまま放置しておくと、お家へのダメージがじわじわと進行していきます。 サッシからの雨漏り原因を3つご説明させていただきます。   サッシ枠のシーリング サッシ枠のシーリングは水や汚れが浸入してくるのを防いでくれます。 このシーリング、実は5~10年程度で劣化していくのです。 紫外線や雨風、地震などによる破損が原因とされています。 隙間を埋めていたシーリングが劣化して破損すると、当然隙間から雨が浸入。 横殴りの雨の際には、どんどん室内に吹き込んでしまうのです。 築5~10年を経過したら、シーリングのメンテナンスを検討しましょう。   外壁のひび割れ 厄介なのが、この外壁のひび割れによるもの・・・。 外壁のひび割れにより、室内に雨水が入り込んで、サッシ周辺で雨漏りしている可能性があります。 ひび割れはご自身でも確認することができる症状です。 3mm以上のひび割れの場合、かなり進行していると言えます。 雨が降るたびに外壁内部へ雨水が浸透してしまうので、早期の対策が必要です。   サッシ周辺の屋根 サッシ周辺の屋根や、屋根にくっ付いている外壁の境目より、雨水がつたって侵入することもあります。 やはり、早急のメンテナンスが必要です。   このように、サッシの雨漏り原因と診断、修繕は「雨漏りの専門業者」に任せるのが一番です! 「原因の特定が難しい」「作業そのものがとても危険」「さらに雨漏りが悪化する」ということから、 ご自身でされることはおススメしません。 雨漏りは、早期発見と早期修繕が必須です!! 雨漏りでお困りの方、ラクスト松戸店までご連絡・ご相談お待ちしております。 ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました(^^)/     Luxst(ラクスト)松戸店は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■Luxst(ラクスト)松戸店は塗装価格に自信があります! 詳しくはこちらをクリック! ■Luxst(ラクスト)松戸店には、お客様から選ばれる理由があります! 詳しくはこちらをクリック! 2021年05月13日 更新

雨漏りシーリング工事スタッフブログ

ご相談お見積り診断無料!お気軽にご相談下さい!!

0120-871-185電話受付時間10:00~18:00 火曜定休

ご相談・お見積り依頼

松戸市、鎌ケ谷市、柏市、市川市、地域密着、安心塗装工事がウリの外壁塗装専門店 ラクスト