塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!BLOG

HOME > 現場日誌・現場ブログ > シーリング工事

シーリング工事の記事一覧

鎌ケ谷市 雨漏り

【鎌ケ谷市】シーリング工事・N様邸

松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店のLuxst(ラクスト)松戸店です! 今回のブログを執筆させていただく若宮です! 梅雨が明け、連日猛暑が続いております・・・。 身体がこの暑さに慣れていない状況かと思います。 どうかみなさま体調管理には、くれぐれもご注意ください!!   本日のブログでは、鎌ケ谷市N様邸での外壁塗装工事に伴うシーリング工事の様子をお届けいたします。 外壁材のつなぎ目やサッシ周りに打ってある「ゴム」のようなものが、シーリング。 暴風を伴う横殴りの雨の際に、出窓付近が濡れていることがありませんか?? シーリングの劣化が理由の1つにあげられます。 既に「台風6号」が発生しており、沖縄地方に接近中です。 暑い夏が終われば、秋の台風シーズンがやってきます(-_-;) シーズン前の今のうちに、外壁のシーリングにも着目していただけたらと思います(^^♪ それでは、早速現場を見ていきましょう!!   鎌ケ谷市 N様邸 シーリング工事   施工前がこちら↓N様邸の既存シールですが、肉痩せしており、細かいヒビ割れも見受けられます。メンテナンスのタイミングでした! まず、既存シールの撤去から↓既存シーリングをカッターなどを使用して、残らず撤去します。 撤去後、清掃です↓ハケを使って、ホコリやゴミを丁寧に除去します。このひと手間が、とても重要です! 続いて、プライマーを塗布します↓シーリング材と外壁材の密着力を良くするためにプライマーを塗布します。 いよいよ、充填作業↓コーキングガンというシーリング材を押し出す専用の機械を使って、若干多めに充填するのがポイントです。 そして、ヘラ押さえ作業↓専用のヘラを使用して、表面を整えながら伸ばしていきます。 最後に、養生テープをはずして施工完了!!熟練の職人さんのワザで、キレイに仕上がりました!(^^)!この後、外壁の塗装作業へと進みます。 シーリング工事の工程は以上になります!   高耐久『オートンイクシード』のご紹介!!     先ほどご紹介したN様邸でも使用いたしました高耐久のシーリング材『オートンイクシード』の特徴ついて 少しご説明をさせていただきます。   圧倒的な耐用性 こちらの商品、他のシーリング材と比べて圧倒的な耐用性が備わっております。 劣化の原因である「可塑剤」が一切使用されていないので、紫外線や雨・温度変化や経年劣化など、 あらゆる要因から影響を受けにくいという特徴があります。 また、強い接着力を持ち、建物の動きに対してひび割れすることなく 柔軟に追随するという特徴もあります。 地震の多い場所や、幹線道路の近くで振動が多い場所においても安心です。   美観を守る耐候性 メーカー実施の「耐候性能試験」においては、4000時間に耐えるスペックを持っていることが証明されております。 この結果から、実質的に20年以上の耐用年数を期待することができるでしょう。   ラクスト松戸店では、耐用年数が長い塗料での外壁塗装をご検討されているお客様に対しては、 塗料にマッチしたシーリング材としてこちらの『オートンイクシード』をご提案しております。 松戸店のショールームにはサンプルもご用意しております。 是非、お気軽にご相談ください!   最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!     Luxst(ラクスト)松戸店は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■Luxst(ラクスト)松戸店は塗装価格に自信があります! 詳しくはこちらをクリック! ■Luxst(ラクスト)松戸店には、お客様から選ばれる理由があります! 詳しくはこちらをクリック! 2021年07月19日 更新

シーリング工事スタッフブログ

柏市 雨漏り

【柏市】シーリング工事・S様邸

松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店のLuxst(ラクスト)松戸店です! 今回のブログを執筆させていただく若宮です! 本日のブログでは、柏市S様邸での外壁塗装工事に伴うシーリング工事の様子をお届けいたします。 外壁材のつなぎ目や窓まわりに打ってあるゴムのようなもの、それがシーリング。 建物自体の防水機能を保ったり、サイディングボード間の隙間を埋めることで、 耐久性や劣化の防止をする役目があります。 それでは、早速現場を見ていきましょう!   柏市 S様邸 シーリング工事   施工前の状態↓ サッシ周り外壁目地換気フード それぞれの施工前写真を見ると、細かいヒビ割れが見られます。シーリングは外壁塗装前に施工しますので、色は何色でも構いません。 次に、既存シールの撤去です↓サッシ周り外壁目地換気フード カッターを使用して、シーリング材を丁寧に撤去します。 次に、プライマー塗布です↓サッシ周り外壁目地換気フード プライマーは、接着剤の役目を果たしてくれます。「めくれ」の原因につながりますので、慎重に施工しましょう。 いよいよ、充填作業です↓サッシ周り外壁目地換気フード 若干多めに奥までしっかりと充填するのがポイントです。奥に空洞が出来ると、劣化を早めてしまいます。 最後に、ヘラ押さえで仕上げていきます↓サッシ周り外壁目地換気フード 専用のヘラを使って、内部に隙間ができないように均等に押し込みます。その後、表面をキレイに整え、養生テープをはずしたら終了です! 施工完了がこちら↓サッシ周り外壁目地換気フード シーリング材は、常に外部環境にさらされ、紫外線や太陽光の影響を受けているため、約5年を経過すると「ひび割れ」「肉痩せ」などの劣化が徐々に始まります。おうち全体の劣化を早めてしまう原因にもなりますので、定期的にチェックすることをおススメいたします!   シーリングが剥離(切れる)する原因とは?? シーリングが剥離する原因には以下のような理由があります。   施工不良によるもの シーリングをしっかりと接着するには「プライマー」が必須。 このプライマーを塗らずにシーリング材を充填すると切れやすくなります。 またプライマーを塗布して時間を置き過ぎて充填してしまうのもよくありません。 このように充填の仕方に問題があると切れやすくなります。 適材適所に部材が使用され、目地幅や深さが適正でなければ、剥離を引き起こしてしまうでしょう。 自然災害によるもの 地震の揺れや、台風などの豪雨・暴風によるものです。 また、紫外線が当たりすぎるのも切れやすくなる要因の1つです。 製品の不良によるもの シーリング材の製品不良だけではなく、外壁や住宅の部材も含みます。 どれか1つでも切れやすくなる要因になりますが、この中のいくつかが重なり、 通常の寿命(7~10年)よりも短くなることがあります。 この寿命よりも早く切れてしまった場合は、お家を建てたハウスメーカーさん、 または工務店さんに早めにご相談することをおススメいたします。   シーリングの劣化は、外壁を注意深く見ていれば、皆さまご自身でもすぐにわかるものです。 この機会に一度、お家の周りを1周して、シーリングの状態を確認してみてはいかがでしょうか??   最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!!       Luxst(ラクスト)松戸店は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■Luxst(ラクスト)松戸店は塗装価格に自信があります! 詳しくはこちらをクリック! ■Luxst(ラクスト)松戸店には、お客様から選ばれる理由があります! 詳しくはこちらをクリック! 2021年06月28日 更新

シーリング工事スタッフブログ

船橋市 雨漏り

【船橋市】シーリング工事・I様邸

松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店のLuxst(ラクスト)松戸店です! 今回のブログを執筆させていただく若宮です! 本日のブログでは、船橋市I様邸での外壁塗装工事に伴うシーリング工事の様子をお届けいたします。 外壁材のつなぎ目や窓まわりに打ってあるゴムのようなもの、それがシーリングです。 ここ最近、風の強い日が多いですね(-_-;) と同時に、突然の豪雨も伴い、傘をさして歩くのも困難・・・。 このような横殴りの雨で室内に雨が入り込み、出窓付近やお部屋の床が濡れていた記憶ございませんか?? 実は、これはシーリングの劣化が原因による「雨漏り」の1つです。 「雨の浸入を防ぐ防水材」としての機能をしっかりと果たしてもらうためにも、定期的なメンテナンスが必須!! それでは、早速現場を見ていきましょう!   船橋市 I様邸 シーリング工事   施工前の状態↓ サッシ周り               外壁目地 シーリング工事は、外壁塗装をする前に施工する工事。シーリング材の色は何色でも構いません(^^) I様邸のサッシ周り・外壁目地共に「肉痩せ」の症状が見られました。劣化した状態で放置すると、「雨漏り」や「カビ」の原因になります。 初めに、既存シーリングを撤去します↓ サッシ周り               外壁目地 カッターを使って除去していきます。ここで重要なことは、取り残しの無いようにすることです! 続いて、プライマーを塗布します↓ サッシ周り               外壁目地 緑色のテープは、マスキングテープです。このテープできちんと養生をし、シーリング材の密着力を高めます。 いよいよ、充填↓ サッシ周り               外壁目地 充填する際は、少し多めに充填します。シーリング材の厚みが足りないと、すぐ後ろにあるバックアップ材などが見えてしまい、完全な防水機能を発揮することができません。 最後に、専用のヘラで押さえ施工完了です↓ サッシ周り               外壁目地 養生テープを剥がして、作業完了となります。この後、外壁塗装工事へと進んでいきます。 シーリング工事の工程は以上になります!   シーリングの寿命ってどれくらい??   外壁に使用されているシーリングの寿命は、長くて10年、短いものでは5年程度と言われております。 だからと言って、5年経過したシーリングが全て劣化し、雨水を浸入させてしまうわけではありません。 しかし、5年程度経過すると劣化症状が顕著に現れ、徐々にヒビや裂けなどが生じてくるのは事実です。 特に、窯業系サイディングの外壁材同士の隙間に使用されるシーリングは、使用されている箇所が多いのと、 日常的に風雨にさらされていることもあり、劣化スピードが速いとされています。 「新築して5年」と聞くと、まだまだ「新しくてキレイなおうち」と思ってしまいがちですが、 普段は目に付かない、これらのシーリングは「寿命」を迎えようとしているのです(-_-;) シーリングの主な劣化症状をご紹介させていただきます。   ①肉痩せ・破断 コーキングの厚みが薄くなってきている状態。さらに、シーリングが裂けてしまっており、補修が必要です。 ②ひび割れ 表面に細かい線(ヒビ)が入っている状態。経過観察でOKですが、そろそろメンテナンスを検討するサインです。 ③欠落・剥離 シーリングが取れて、中が見えてしまっている状態。当然、補修が必要です。 以上のように、シーリングが劣化して隙間や穴があいてしまうことにより、 雨水や汚れなども直接室内に入ってきてしまう可能性が高くなります。 どのような症状が出ているかを、定期的に専門業者にチェックしてもらい、 少しでも室内に雨水を入れない処置をしていくことが必要になります。   ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました!!     Luxst(ラクスト)松戸店は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■Luxst(ラクスト)松戸店は塗装価格に自信があります! 詳しくはこちらをクリック! ■Luxst(ラクスト)松戸店には、お客様から選ばれる理由があります! 詳しくはこちらをクリック! 2021年05月29日 更新

シーリング工事スタッフブログ

松戸市 雨漏り

【松戸市】シーリング工事・S様邸

松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店のLuxst(ラクスト)松戸店です! 今回のブログを執筆させていただく若宮です! 本日のブログでは、松戸市S様邸での外壁塗装工事に伴うシーリング工事の様子をお届けいたします。 シーリング工事とは、外壁材同士の隙間、サッシ枠や水回りの縁などにシーリング材を注入する工事のことを言います。 最近、松戸市周辺では天気が急変することがあります。 その際、竜巻のような風を伴うため「窓のサッシ枠から雨が吹き込んでくる」というお問い合わせが多数ございます。 これはシーリングの劣化が原因と考えられます。 ご自身ではなかなかチェックしにくい箇所ですが、定期的にメンテナンスをする必要がございます。 それでは、早速現場を見ていきましょう!   松戸市 S様邸 シーリング工事(サッシ周り)   施工前の状態です↓長期間そのままになっていたシーリングには、亀裂やヒビが入っており、防水機能を失った状態です。さらに、シーリング材が「肉痩せ」していくのです。 まず、既存シーリングを撤去します↓写真のように、カッターを使用。目地両端にしっかりと切り込みを入れて、丁寧に剥がします。既存シーリングが残らないようにすることがポイントです。 次に、清掃です↓撤去後に、ホコリなどの小さなゴミをブラシで落とし、清掃します。このひと手間がとても大事!! 続いて、プライマー塗布です↓プライマーは、下地とシーリング材の接着剤の役目を果たします。しっかりと密着することで、シーリング材本来の性能を発揮できます。 いよいよ、充填作業↓シーリング材を充填する際は、ある程度の厚みが必要になります。適量を充填し、工事後の「肉やせ」を防止します。 最後に、ヘラ押さえ作業↓専用のヘラで、表面をならしていきます。この作業が仕上げの重要工程になりますので、丁寧に行なう必要があります。青い養生テープを剥がせば、施工完了!!この上から、外壁を塗装していきます。   サッシの雨漏り原因と対策   冒頭でもお話させていただきましたように、暴風を伴う横殴りの雨の際に、 窓のあたりがびしょびしょに濡れている!! そんなことありませんか?? これが意外と多いのです(-_-;) サッシからの雨漏り・・・。 大した事ないから・・・とタオルで拭いておしまい!と済ませている方、要注意です。 そのまま放置しておくと、お家へのダメージがじわじわと進行していきます。 サッシからの雨漏り原因を3つご説明させていただきます。   サッシ枠のシーリング サッシ枠のシーリングは水や汚れが浸入してくるのを防いでくれます。 このシーリング、実は5~10年程度で劣化していくのです。 紫外線や雨風、地震などによる破損が原因とされています。 隙間を埋めていたシーリングが劣化して破損すると、当然隙間から雨が浸入。 横殴りの雨の際には、どんどん室内に吹き込んでしまうのです。 築5~10年を経過したら、シーリングのメンテナンスを検討しましょう。   外壁のひび割れ 厄介なのが、この外壁のひび割れによるもの・・・。 外壁のひび割れにより、室内に雨水が入り込んで、サッシ周辺で雨漏りしている可能性があります。 ひび割れはご自身でも確認することができる症状です。 3mm以上のひび割れの場合、かなり進行していると言えます。 雨が降るたびに外壁内部へ雨水が浸透してしまうので、早期の対策が必要です。   サッシ周辺の屋根 サッシ周辺の屋根や、屋根にくっ付いている外壁の境目より、雨水がつたって侵入することもあります。 やはり、早急のメンテナンスが必要です。   このように、サッシの雨漏り原因と診断、修繕は「雨漏りの専門業者」に任せるのが一番です! 「原因の特定が難しい」「作業そのものがとても危険」「さらに雨漏りが悪化する」ということから、 ご自身でされることはおススメしません。 雨漏りは、早期発見と早期修繕が必須です!! 雨漏りでお困りの方、ラクスト松戸店までご連絡・ご相談お待ちしております。 ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました(^^)/     Luxst(ラクスト)松戸店は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■Luxst(ラクスト)松戸店は塗装価格に自信があります! 詳しくはこちらをクリック! ■Luxst(ラクスト)松戸店には、お客様から選ばれる理由があります! 詳しくはこちらをクリック! 2021年05月13日 更新

雨漏りシーリング工事スタッフブログ

松戸市 雨漏り

【松戸市】シーリング工事・U様邸

松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店のLuxst(ラクスト)松戸店です! 今回のブログを執筆させていただく若宮です!   本日のブログでは、松戸市U様邸での外壁塗装工事に伴うシーリング工事の様子をお届けいたします。 お家の外壁をよく見てみると、外壁のつなぎ目の部分にゴムのようなものがありませんか?? そのゴムのようなモノが「シーリング」(又はコーキング)と呼びます。 外壁のあちこちに存在し、室内に雨水を浸水させることを防ぐ機能があるんです! U様邸のシーリングですが、「肉やせ」の症状が多数見られました。 それでは、早速現場を見て行きましょう!   松戸市 U様邸 シーリング工事   施工前の状態です↓シーリング工事は、外壁の塗装をする前に施工します。施工後、上から塗料を被せていきますので、シーリング材の色は何色でも構いません(^^) こちら外壁目地のシーリングですが、「肉やせ」と言って、シーリングの厚みが薄くなっている状態です。また、細かいスジも数か所みられ、まさにメンテナンスのサインです。 初めに既存シールの撤去です↓このようにカッターを使ってキレイに剥がしていきます。取り残しなど無いように丁寧に撤去します。 続いて、プライマーの塗布です↓外壁にシーリング材を付着させないために、目地のまわりに養生テープを貼ります。この作業を丁寧にすることで、キレイな線を作ることができ、それが「仕上がり」にも反映。見た目以上に重要な作業です!その後、「プライマー」と呼ばれる下塗り材を塗布。接着剤の役目を果たします。 いよいよ、充填作業です↓シーリングガンを使って、上から下へ向かって目地部分に新しくシーリング材を注入していきます。少なすぎると、中に空洞が出来てしまうので、やや多めに充填します。 最後に、専用のヘラで押さえていよいよ仕上げです↓ご覧ください!!シーリング材が養生テープから少しもはみ出すことなく、外壁目地にすっぽりとおさまりました。これが熟練のワザになります(^^)この後、養生テープをはずし乾燥後、外壁塗装へと作業が進みます。 シーリング工事の工程は以上になります!   シーリングの種類と選び方   シーリングは施工箇所によって、使用する材料が異なります。 みなさまもお気づきかもしれませんが、ご自宅の浴室、キッチンなどの水廻りには 撥水性に特化したシリコン系のシーリング材、先ほどご紹介した外壁については、 上から塗装が可能な変成シリコン系の材料を使用します。 種類 主な施工箇所 塗装の有無 シリコン系 浴室・キッチン・洗面台  無 変成シリコン系 サイディング壁目地・サッシ枠目地  有 ウレタン系 モルタル壁ひび割れ補修・コンクリートのひび割れ  有 アクリル系 内装の壁紙・クロスの接着剤  有 外壁のシーリングではシリコン系の材料は使用できません。 上から塗装を施すことを前提にしていますので、撥水性に優れたシリコン系を使用してしまうと、 塗料を弾いてしまい、施工不良に発展する可能性が高くなります。 特に、DYIなどご自身で施工する方、注意が必要です!!   ラクスト松戸店では、お問い合わせをいただき、現地調査→見積のご提出までは無料で対応しております。 多くの方が目にして、外壁塗装を考える要因の1つが「シーリング」になります。 シーリングの劣化を放置しておくと、ご自宅にとっていいことは1つもありません(-_-;) 雨水の浸入は、ご自宅の寿命を縮めてしまうのです・・・。 まずは、この機会に「シーリング」に着目していただき、大切な「我が家」を守りましょう!     Luxst(ラクスト)松戸店は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■Luxst(ラクスト)松戸店は塗装価格に自信があります! 詳しくはこちらをクリック! ■Luxst(ラクスト)松戸店には、お客様から選ばれる理由があります! 詳しくはこちらをクリック! 2021年01月25日 更新

シーリング工事スタッフブログ

鎌ケ谷市 雨漏り

【鎌ケ谷市】シーリング工事・T様邸

松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店のLuxst(ラクスト)松戸店です! 今回のブログを執筆させていただく若宮です!   本日のブログでは、鎌ケ谷市T様邸での外壁塗装工事に伴うシーリング工事の様子をお届けいたします。 外壁材のつなぎ目や窓枠などのサッシ周り、または換気ダクト周りにも打ってあるゴムのようなモノがシーリングです。 ここ数か月は、乾燥した冬晴れの日が多く、まだまだ寒い日が続きますが、 3月に入れば「三寒四温」の気候からだんだんとあたたかくなって春がやってきます(^^) 数日おきに雨が降ることも多いので、今のうちにこの「シーリング」のメンテナンスをしておくことをおススメいたします。 それでは、早速現場を見ていきましょう!   鎌ケ谷市 N様邸 シーリング工事   施工前の状態がこちら↓かなり「肉やせ」した状態でした・・・。隙間を埋めていたシーリング材が細くなり隙間が大きくなることです。細い溝がたくさん入っており、まさにメンテナンスの時期でした。 早速、既存シーリングを撤去します↓カッターで切り込みを入れ、外壁目地全てを撤去すると・・・このような状態になります(^^) 続いて、プライマー塗布です↓養生テープを貼りプライマーを塗布していきます。プライマーにはシーリング材の密着性を向上させること、細かいホコリを固めて抑えるなど、重要な役割があります。 いよいよ、充填です↓専用のガンを使用して充填します。ガンを使用しないと空気が入り込み内側に空洞が出来てしまいます。耐久性や機能性に問題が生じてしまうので要注意です。 次に、ヘラ押さえです↓充填直後のシーリング材は波打っています。そこで、専用のヘラを使用して平らにならしていきます。ここで、1つ注意点!すぐに硬化が始まるシーリング材もありますので、段差や凹凸が出ないように丁寧かつスピーディーに作業します。 養生テープを剥がし、乾燥させて施工完了です!   仕上がりの変化はこちら↓ before                                                                      after      シーリング工事についての注意点   シーリング工事を適切に施工するにあたって、いくつか重要なポイントがあります。 そのうちの2つをご紹介させていただきます。   ①養生テープは早めに剥がすこと シーリング材が乾いてからテープを剥がすと、一緒にシーリング材もくっついて剥がれてしまいます。 ②完全に乾燥するまでは塗装することも触れることもNG! 乾燥には最低でも1日、長くて3日以上必要なため、それまでは塗装もNG! 触れることもNGです。お施主様へのお声がけも忘れないようにしましょう。   ラクスト松戸店では、シーリング工事のみにも対応しております。 ひび割れ・剥離・肉やせの状況が見られたら、そろそろメンテナンスのサインです。 見た目でもすぐに分かる劣化症状ですので、一度ご自宅をぐるりと点検してみてはいかがでしょうか? お問い合わせ、ご来店お待ちしております!! ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました(^^)/     Luxst(ラクスト)松戸店は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■Luxst(ラクスト)松戸店は塗装価格に自信があります! 詳しくはこちらをクリック! ■Luxst(ラクスト)松戸店には、お客様から選ばれる理由があります! 詳しくはこちらをクリック! 2021年01月21日 更新

シーリング工事スタッフブログ

鎌ケ谷市 雨漏り

【鎌ケ谷市】シーリング工事・H様邸

松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店のLuxst(ラクスト)松戸店です! 今回のブログを執筆させていただく若宮です!   本日のブログでは、鎌ケ谷市H様邸での外壁塗装工事に伴うシーリング工事の様子をお届けいたします。 シーリングは外壁の目地、窓枠などのサッシ周りに施されているゴムのようなモノのことを言います。 このシーリングには「伸縮性」があるので、建物が揺れて外壁に負担がかかるのをクッションの役目で軽減してくれます。 外壁塗装と同時に定期的なメンテナンスをすることを心がけましょう!     鎌ケ谷市 H様邸 シーリング工事   施工前の外壁目地です↓シーリング工事は外壁塗装前に施工されるので色は何色でも問題ありません。しかし、施工する材料により耐久性が大きく変わってきます。事前にどのような材料を使用するのか、しっかりと打ち合わせしましょう。 次に、既存シーリング撤去です↓カッターなどを使って、シーリング材が残らないようにきれいに撤去します。溝に沿って左右に切り込みを入れて、剥がれた箇所をつまんで、テープを剥がすように引っ張るのがコツです。その後、残ったゴミなども掃除して撤去完了! 続いて、プライマーを塗布します↓プライマーはシーリング材の接着力を高める働きがあります。プライマー塗布の際は、しっかりとテープで養生し、小さめのハケで、たっぷりムラなく塗っていきます。 いよいよ、充填です↓新しくシーリング材を注入していきます。写真を見て解る通り、若干盛り上がるくらいの量で充填します。この時点では、見た目のキレイさよりも、奥まで隙間なく!を意識します。 最後に、ヘラ押さえで仕上げます↓ここからは、時間勝負!!充填後はあまり時間を置かずに、専用のヘラで撫でて仕上げるようにします。表面が少し乾燥しただけで、仕上がりに差が出ますの要注意です。   仕上がりの変化はこちら(^^)/ before                 after         シーリング工事の手抜きは劣化した時にわかります!!   まず、こちらの写真をご覧ください。。。「何が問題なの??」と思われる方がほとんどかと思います。 シーリングの左側をよく見ると、外壁とシーリングが離れてしまって隙間が出来ています。 これは、プライマーの塗布不足の原因が高いと思われます。 建物の動きによって、左右両方が剥がれてしまっている場合は、建物側の原因とも考えられますが、 ほとんどの場合は施工不良になります。 近年の建築業界(特にコロナ後)は、どこも価格競争になっております。 業者の中には、施工の質を落とさないと食べていけない会社があるのも事実です…(-_-;) 安い価格=質の悪い商品というごく当たり前のことを、みなさまには常にお考えいただき、 工事内容、実績、価格ともに信頼できる業者選びをしていただくことをおススメいたします。   ラクスト松戸店では、お問い合わせをいただき、現地調査→見積のご提出まで無料で対応しております。 お見積り内容に関する疑問や質問どんな些細な事でも、お客様が納得いくまで誠実に対応させていただきます。 どうぞお気軽にお電話、ご来店お待ちしております(^^)/     Luxst(ラクスト)松戸店は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■Luxst(ラクスト)松戸店は塗装価格に自信があります! 詳しくはこちらをクリック! ■Luxst(ラクスト)松戸店には、お客様から選ばれる理由があります! 詳しくはこちらをクリック! 2020年12月17日 更新

シーリング工事スタッフブログ

市川市 雨漏り

【市川市】シーリング工事・K様邸

松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店のLuxst(ラクスト)松戸店です! 今回のブログを執筆させていただく若宮です!   本日のブログでは、市川市K様邸での外壁塗装工事に伴うシーリング工事の様子をお届けいたします。 「雨の浸入を防ぐ防水材」としての役目を果たすのもシーリング機能の1つです。 台風や暴風を伴う横殴りの雨が降った後に、お部屋の床や出窓付近が濡れていることがありませんか? 実は、これはシーリング材の劣化が原因とされています。 シーリングにひび割れが生じていると、雨が吹き込んでしまいます(-_-;) ブログ後半で、シーリングの耐用年数や劣化の兆候などについてご説明をさせていただきます。 それでは、早速現場を見ていきましょう!   市川市 K様邸 シーリング工事   サッシ周り:施工前の状態↓シーリング工事は、外壁塗装工事の前に行う工事なので、充填するシーリング材は、何色でも問題ありません。K様邸の既存シーリングは若干「肉痩せ」が進んでいました。 既存シーリングを撤去します↓ カッターなどを使用して、両端に切り込みを入れて、このように引っ張りながら丁寧に撤去していきます。 撤去後にはキレイに清掃です↓ホコリやゴミなどが残らないようにお掃除です(^^) 次に、プライマーを塗布します↓このプライマーが接着材の役目を果たし、シーリング材を密着させてくれるのです。いくら新しいシーリングを打ち替えても、この工程をしっかりと行わないと、後々めくれなどの原因につながります。 いよいよ、充填作業↓注入する量ですが、気持ち多めで奥までしっかりと注入します。奥に空洞ができると、劣化を早める原因になるので、要注意です。 最後に、ヘラ押さえで仕上げます↓専用のヘラで内部に隙間が出来ないように、均等に押し込みます。実は、この工程がシーリング寿命を大きく左右します。多くの現場でたくさんの経験を積んだ職人が、丁寧に仕上げていきます。 養生テープをはがして、施工完了です↓ シーリング工事の工程は以上です!   シーリングの耐用年数と劣化の兆候   シーリングは外壁材が受けるダメージのクッション材としての役目を持っています。 劣化が早い場合、4~5年で以下のような兆候が見られるでしょう。 ①ひび割れ ②外壁とシーリング材との間に隙間が出来る剥離 ③シーリング中央部が切れてしまう破断 ④シーリング材の欠落 など これらの状況が劣化の初期症状と言えます。   耐用年数は、シーリング材の種類によって違います。 ①アクリル系→5年 ②ウレタン系→5~10年 ③シリコン系→10年 シーリング材には色々な種類があり、それぞれ特徴も耐用年数も異なるので、 外壁塗装工事を行う際は、適切な判断が必要となりますので、 事前にしっかりと打合せをしましょう。   ラクスト松戸店では、シーリング材のサンプルも多数展示しております。 実際に手に触れることのできるサンプルもご用意してありますので、 是非、お気軽にご来店いただきますようお待ちしております(^^)/     Luxst(ラクスト)松戸店は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■Luxst(ラクスト)松戸店は塗装価格に自信があります! 詳しくはこちらをクリック! ■Luxst(ラクスト)松戸店には、お客様から選ばれる理由があります! 詳しくはこちらをクリック! 2020年12月14日 更新

シーリング工事スタッフブログ

松戸市 雨漏り

【松戸市】シーリング工事・S様邸

松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店のLuxst(ラクスト)松戸店です! 今回のブログを執筆させていただく若宮です!   本日のブログでは、松戸市S様邸での外壁塗装工事に伴うシーリング工事の様子をお届けいたします。 シーリング工事とは、外壁に入ったひび割れや外壁材同士の隙間、窓枠や水廻りなどの縁に シーリング材を注入する工事のことです。 S様邸で使用したシーリング材は、オート化学工業製『オートンイクシード』です。 シーリング材にも色々な種類がありますが、その中でも高耐久シーリングとされていて、 施工されたお客様からも大好評のシーリング材となっております!(^^)! それでは、早速現場を見ていきましょう!   松戸市 S様邸 シーリング工事   こちらが施工前の外壁目地です↓S様邸のシーリングは一部が変色して、剥がれなどが起きていました。まさに、メンテナンスのタイミングと言えます。 最初に、既存シーリングを撤去します↓目地の両端にカッターで切り込みを入れて、ラジオペンチなどで引き抜くとキレイに剥がすことができます。ここで、既存シーリングを取り残すと、後に施工不良の原因になりますので、しっかりと撤去します。 次に、プライマー塗布です↓プライマーは、下地とシーリング材の接着剤の役目を果たします。ここでの作業もとても重要!シーリング材を密着させるためにも、丁寧に塗布します。 いよいよ、充填作業です↓シーリングはある程度の厚みが重要になりますので、適量を充填していきます。このことが、施工後の『肉痩せ』を防止します。 最後に、ヘラ押さえ作業です↓専用のヘラで押さえ、ならして仕上げ作業を行います。充填したシーリング材をしっかりと密着させるために、空気が残らないように押さえていきます。見た目にも大きく影響しますので、細心の注意が必要です! 以上で、シーリング工事は終了となります↓ 仕上がりの変化はこちら!(^^)! before                                                                     after      高耐久シーリング『オートンイクシード』とは??   一般的にシーリング材の多くはシリコンで出来ていますが、こちらのオートンイクシードは、 高耐久ポリマーである「LSポリマー」を配合。 そうすることで、高い耐久性と耐候性を実現、年月が経過しても硬質化を防いで柔らかさを維持できるようになりました。 結果としてひび割れも防止することができる優秀なシーリング材です。 主な特徴3つをご説明させていただきます!        ①亀裂や剥離を長期間抑制する「耐久性」 これまでにクリア不可能と言われていた、過酷な耐久性テスト 『圧縮30%⇔拡大30%伸縮繰返し×4000回』を3サイクル(計12000回) 実施で結果は「異常なし」でクリア!!   ②太陽光や降雨から美観を守る「耐候性」 シーリング材が自然環境から受ける紫外線や熱・水分などの劣化因子に対する耐性を検証。 過酷な状況下で「6000時間」突破という驚異的な「高耐候性」を実証しました!!   ③新規開発『LSポリマー』による「超長期耐久性」 経年劣化で流出してしまう可塑剤を配合しておらず、優れた柔軟性を実現しました。 硬質化を防ぎ、「柔らかさ」を長期間キープすることが可能になりました。   以上のことから、この「オートンイクシード」がとても優秀で画期的な製品だとお解りいただけたかと思います。 次回の塗り替え時までシーリングが劣化することなく、雨漏りのしない住宅が保持できて、 なおかつ美観も損なわない外壁になります! 是非、多くのみなさまにも実感していただきたい、ラクスト松戸店おススメのシーリング材です(^^)/   ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました!     Luxst(ラクスト)松戸店は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■Luxst(ラクスト)松戸店は塗装価格に自信があります! 詳しくはこちらをクリック! ■Luxst(ラクスト)松戸店には、お客様から選ばれる理由があります! 詳しくはこちらをクリック! 2020年12月14日 更新

シーリング工事スタッフブログ

ご相談お見積り診断無料!お気軽にご相談下さい!!

0120-871-185電話受付時間10:00~18:00 火曜定休

ご相談・お見積り依頼

松戸市、鎌ケ谷市、柏市、市川市、地域密着、安心塗装工事がウリの外壁塗装専門店 ラクスト