塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!BLOG

HOME > 現場日誌・現場ブログ > シーリング工事

シーリング工事の記事一覧

松戸市 雨漏り

【松戸市】シーリング工事・U様邸

松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店のLuxst(ラクスト)松戸店です! 今回のブログを執筆させていただく若宮です!   本日のブログでは、松戸市U様邸での外壁塗装工事に伴うシーリング工事の様子をお届けいたします。 お家の外壁をよく見てみると、外壁のつなぎ目の部分にゴムのようなものがありませんか?? そのゴムのようなモノが「シーリング」(又はコーキング)と呼びます。 外壁のあちこちに存在し、室内に雨水を浸水させることを防ぐ機能があるんです! U様邸のシーリングですが、「肉やせ」の症状が多数見られました。 それでは、早速現場を見て行きましょう!   松戸市 U様邸 シーリング工事   施工前の状態です↓シーリング工事は、外壁の塗装をする前に施工します。施工後、上から塗料を被せていきますので、シーリング材の色は何色でも構いません(^^) こちら外壁目地のシーリングですが、「肉やせ」と言って、シーリングの厚みが薄くなっている状態です。また、細かいスジも数か所みられ、まさにメンテナンスのサインです。 初めに既存シールの撤去です↓このようにカッターを使ってキレイに剥がしていきます。取り残しなど無いように丁寧に撤去します。 続いて、プライマーの塗布です↓外壁にシーリング材を付着させないために、目地のまわりに養生テープを貼ります。この作業を丁寧にすることで、キレイな線を作ることができ、それが「仕上がり」にも反映。見た目以上に重要な作業です!その後、「プライマー」と呼ばれる下塗り材を塗布。接着剤の役目を果たします。 いよいよ、充填作業です↓シーリングガンを使って、上から下へ向かって目地部分に新しくシーリング材を注入していきます。少なすぎると、中に空洞が出来てしまうので、やや多めに充填します。 最後に、専用のヘラで押さえていよいよ仕上げです↓ご覧ください!!シーリング材が養生テープから少しもはみ出すことなく、外壁目地にすっぽりとおさまりました。これが熟練のワザになります(^^)この後、養生テープをはずし乾燥後、外壁塗装へと作業が進みます。 シーリング工事の工程は以上になります!   シーリングの種類と選び方   シーリングは施工箇所によって、使用する材料が異なります。 みなさまもお気づきかもしれませんが、ご自宅の浴室、キッチンなどの水廻りには 撥水性に特化したシリコン系のシーリング材、先ほどご紹介した外壁については、 上から塗装が可能な変成シリコン系の材料を使用します。 種類 主な施工箇所 塗装の有無 シリコン系 浴室・キッチン・洗面台  無 変成シリコン系 サイディング壁目地・サッシ枠目地  有 ウレタン系 モルタル壁ひび割れ補修・コンクリートのひび割れ  有 アクリル系 内装の壁紙・クロスの接着剤  有 外壁のシーリングではシリコン系の材料は使用できません。 上から塗装を施すことを前提にしていますので、撥水性に優れたシリコン系を使用してしまうと、 塗料を弾いてしまい、施工不良に発展する可能性が高くなります。 特に、DYIなどご自身で施工する方、注意が必要です!!   ラクスト松戸店では、お問い合わせをいただき、現地調査→見積のご提出までは無料で対応しております。 多くの方が目にして、外壁塗装を考える要因の1つが「シーリング」になります。 シーリングの劣化を放置しておくと、ご自宅にとっていいことは1つもありません(-_-;) 雨水の浸入は、ご自宅の寿命を縮めてしまうのです・・・。 まずは、この機会に「シーリング」に着目していただき、大切な「我が家」を守りましょう!     Luxst(ラクスト)松戸店は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■Luxst(ラクスト)松戸店は塗装価格に自信があります! 詳しくはこちらをクリック! ■Luxst(ラクスト)松戸店には、お客様から選ばれる理由があります! 詳しくはこちらをクリック! 2021年01月25日 更新

シーリング工事スタッフブログ

鎌ケ谷市 雨漏り

【鎌ケ谷市】シーリング工事・T様邸

松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店のLuxst(ラクスト)松戸店です! 今回のブログを執筆させていただく若宮です!   本日のブログでは、鎌ケ谷市T様邸での外壁塗装工事に伴うシーリング工事の様子をお届けいたします。 外壁材のつなぎ目や窓枠などのサッシ周り、または換気ダクト周りにも打ってあるゴムのようなモノがシーリングです。 ここ数か月は、乾燥した冬晴れの日が多く、まだまだ寒い日が続きますが、 3月に入れば「三寒四温」の気候からだんだんとあたたかくなって春がやってきます(^^) 数日おきに雨が降ることも多いので、今のうちにこの「シーリング」のメンテナンスをしておくことをおススメいたします。 それでは、早速現場を見ていきましょう!   鎌ケ谷市 N様邸 シーリング工事   施工前の状態がこちら↓かなり「肉やせ」した状態でした・・・。隙間を埋めていたシーリング材が細くなり隙間が大きくなることです。細い溝がたくさん入っており、まさにメンテナンスの時期でした。 早速、既存シーリングを撤去します↓カッターで切り込みを入れ、外壁目地全てを撤去すると・・・このような状態になります(^^) 続いて、プライマー塗布です↓養生テープを貼りプライマーを塗布していきます。プライマーにはシーリング材の密着性を向上させること、細かいホコリを固めて抑えるなど、重要な役割があります。 いよいよ、充填です↓専用のガンを使用して充填します。ガンを使用しないと空気が入り込み内側に空洞が出来てしまいます。耐久性や機能性に問題が生じてしまうので要注意です。 次に、ヘラ押さえです↓充填直後のシーリング材は波打っています。そこで、専用のヘラを使用して平らにならしていきます。ここで、1つ注意点!すぐに硬化が始まるシーリング材もありますので、段差や凹凸が出ないように丁寧かつスピーディーに作業します。 養生テープを剥がし、乾燥させて施工完了です!   仕上がりの変化はこちら↓ before                                                                      after      シーリング工事についての注意点   シーリング工事を適切に施工するにあたって、いくつか重要なポイントがあります。 そのうちの2つをご紹介させていただきます。   ①養生テープは早めに剥がすこと シーリング材が乾いてからテープを剥がすと、一緒にシーリング材もくっついて剥がれてしまいます。 ②完全に乾燥するまでは塗装することも触れることもNG! 乾燥には最低でも1日、長くて3日以上必要なため、それまでは塗装もNG! 触れることもNGです。お施主様へのお声がけも忘れないようにしましょう。   ラクスト松戸店では、シーリング工事のみにも対応しております。 ひび割れ・剥離・肉やせの状況が見られたら、そろそろメンテナンスのサインです。 見た目でもすぐに分かる劣化症状ですので、一度ご自宅をぐるりと点検してみてはいかがでしょうか? お問い合わせ、ご来店お待ちしております!! ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました(^^)/     Luxst(ラクスト)松戸店は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■Luxst(ラクスト)松戸店は塗装価格に自信があります! 詳しくはこちらをクリック! ■Luxst(ラクスト)松戸店には、お客様から選ばれる理由があります! 詳しくはこちらをクリック! 2021年01月21日 更新

シーリング工事スタッフブログ

鎌ケ谷市 雨漏り

【鎌ケ谷市】シーリング工事・H様邸

松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店のLuxst(ラクスト)松戸店です! 今回のブログを執筆させていただく若宮です!   本日のブログでは、鎌ケ谷市H様邸での外壁塗装工事に伴うシーリング工事の様子をお届けいたします。 シーリングは外壁の目地、窓枠などのサッシ周りに施されているゴムのようなモノのことを言います。 このシーリングには「伸縮性」があるので、建物が揺れて外壁に負担がかかるのをクッションの役目で軽減してくれます。 外壁塗装と同時に定期的なメンテナンスをすることを心がけましょう!     鎌ケ谷市 H様邸 シーリング工事   施工前の外壁目地です↓シーリング工事は外壁塗装前に施工されるので色は何色でも問題ありません。しかし、施工する材料により耐久性が大きく変わってきます。事前にどのような材料を使用するのか、しっかりと打ち合わせしましょう。 次に、既存シーリング撤去です↓カッターなどを使って、シーリング材が残らないようにきれいに撤去します。溝に沿って左右に切り込みを入れて、剥がれた箇所をつまんで、テープを剥がすように引っ張るのがコツです。その後、残ったゴミなども掃除して撤去完了! 続いて、プライマーを塗布します↓プライマーはシーリング材の接着力を高める働きがあります。プライマー塗布の際は、しっかりとテープで養生し、小さめのハケで、たっぷりムラなく塗っていきます。 いよいよ、充填です↓新しくシーリング材を注入していきます。写真を見て解る通り、若干盛り上がるくらいの量で充填します。この時点では、見た目のキレイさよりも、奥まで隙間なく!を意識します。 最後に、ヘラ押さえで仕上げます↓ここからは、時間勝負!!充填後はあまり時間を置かずに、専用のヘラで撫でて仕上げるようにします。表面が少し乾燥しただけで、仕上がりに差が出ますの要注意です。   仕上がりの変化はこちら(^^)/ before                 after         シーリング工事の手抜きは劣化した時にわかります!!   まず、こちらの写真をご覧ください。。。「何が問題なの??」と思われる方がほとんどかと思います。 シーリングの左側をよく見ると、外壁とシーリングが離れてしまって隙間が出来ています。 これは、プライマーの塗布不足の原因が高いと思われます。 建物の動きによって、左右両方が剥がれてしまっている場合は、建物側の原因とも考えられますが、 ほとんどの場合は施工不良になります。 近年の建築業界(特にコロナ後)は、どこも価格競争になっております。 業者の中には、施工の質を落とさないと食べていけない会社があるのも事実です…(-_-;) 安い価格=質の悪い商品というごく当たり前のことを、みなさまには常にお考えいただき、 工事内容、実績、価格ともに信頼できる業者選びをしていただくことをおススメいたします。   ラクスト松戸店では、お問い合わせをいただき、現地調査→見積のご提出まで無料で対応しております。 お見積り内容に関する疑問や質問どんな些細な事でも、お客様が納得いくまで誠実に対応させていただきます。 どうぞお気軽にお電話、ご来店お待ちしております(^^)/     Luxst(ラクスト)松戸店は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■Luxst(ラクスト)松戸店は塗装価格に自信があります! 詳しくはこちらをクリック! ■Luxst(ラクスト)松戸店には、お客様から選ばれる理由があります! 詳しくはこちらをクリック! 2020年12月17日 更新

シーリング工事スタッフブログ

市川市 雨漏り

【市川市】シーリング工事・K様邸

松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店のLuxst(ラクスト)松戸店です! 今回のブログを執筆させていただく若宮です!   本日のブログでは、市川市K様邸での外壁塗装工事に伴うシーリング工事の様子をお届けいたします。 「雨の浸入を防ぐ防水材」としての役目を果たすのもシーリング機能の1つです。 台風や暴風を伴う横殴りの雨が降った後に、お部屋の床や出窓付近が濡れていることがありませんか? 実は、これはシーリング材の劣化が原因とされています。 シーリングにひび割れが生じていると、雨が吹き込んでしまいます(-_-;) ブログ後半で、シーリングの耐用年数や劣化の兆候などについてご説明をさせていただきます。 それでは、早速現場を見ていきましょう!   市川市 K様邸 シーリング工事   サッシ周り:施工前の状態↓シーリング工事は、外壁塗装工事の前に行う工事なので、充填するシーリング材は、何色でも問題ありません。K様邸の既存シーリングは若干「肉痩せ」が進んでいました。 既存シーリングを撤去します↓ カッターなどを使用して、両端に切り込みを入れて、このように引っ張りながら丁寧に撤去していきます。 撤去後にはキレイに清掃です↓ホコリやゴミなどが残らないようにお掃除です(^^) 次に、プライマーを塗布します↓このプライマーが接着材の役目を果たし、シーリング材を密着させてくれるのです。いくら新しいシーリングを打ち替えても、この工程をしっかりと行わないと、後々めくれなどの原因につながります。 いよいよ、充填作業↓注入する量ですが、気持ち多めで奥までしっかりと注入します。奥に空洞ができると、劣化を早める原因になるので、要注意です。 最後に、ヘラ押さえで仕上げます↓専用のヘラで内部に隙間が出来ないように、均等に押し込みます。実は、この工程がシーリング寿命を大きく左右します。多くの現場でたくさんの経験を積んだ職人が、丁寧に仕上げていきます。 養生テープをはがして、施工完了です↓ シーリング工事の工程は以上です!   シーリングの耐用年数と劣化の兆候   シーリングは外壁材が受けるダメージのクッション材としての役目を持っています。 劣化が早い場合、4~5年で以下のような兆候が見られるでしょう。 ①ひび割れ ②外壁とシーリング材との間に隙間が出来る剥離 ③シーリング中央部が切れてしまう破断 ④シーリング材の欠落 など これらの状況が劣化の初期症状と言えます。   耐用年数は、シーリング材の種類によって違います。 ①アクリル系→5年 ②ウレタン系→5~10年 ③シリコン系→10年 シーリング材には色々な種類があり、それぞれ特徴も耐用年数も異なるので、 外壁塗装工事を行う際は、適切な判断が必要となりますので、 事前にしっかりと打合せをしましょう。   ラクスト松戸店では、シーリング材のサンプルも多数展示しております。 実際に手に触れることのできるサンプルもご用意してありますので、 是非、お気軽にご来店いただきますようお待ちしております(^^)/     Luxst(ラクスト)松戸店は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■Luxst(ラクスト)松戸店は塗装価格に自信があります! 詳しくはこちらをクリック! ■Luxst(ラクスト)松戸店には、お客様から選ばれる理由があります! 詳しくはこちらをクリック! 2020年12月14日 更新

シーリング工事スタッフブログ

松戸市 雨漏り

【松戸市】シーリング工事・S様邸

松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店のLuxst(ラクスト)松戸店です! 今回のブログを執筆させていただく若宮です!   本日のブログでは、松戸市S様邸での外壁塗装工事に伴うシーリング工事の様子をお届けいたします。 シーリング工事とは、外壁に入ったひび割れや外壁材同士の隙間、窓枠や水廻りなどの縁に シーリング材を注入する工事のことです。 S様邸で使用したシーリング材は、オート化学工業製『オートンイクシード』です。 シーリング材にも色々な種類がありますが、その中でも高耐久シーリングとされていて、 施工されたお客様からも大好評のシーリング材となっております!(^^)! それでは、早速現場を見ていきましょう!   松戸市 S様邸 シーリング工事   こちらが施工前の外壁目地です↓S様邸のシーリングは一部が変色して、剥がれなどが起きていました。まさに、メンテナンスのタイミングと言えます。 最初に、既存シーリングを撤去します↓目地の両端にカッターで切り込みを入れて、ラジオペンチなどで引き抜くとキレイに剥がすことができます。ここで、既存シーリングを取り残すと、後に施工不良の原因になりますので、しっかりと撤去します。 次に、プライマー塗布です↓プライマーは、下地とシーリング材の接着剤の役目を果たします。ここでの作業もとても重要!シーリング材を密着させるためにも、丁寧に塗布します。 いよいよ、充填作業です↓シーリングはある程度の厚みが重要になりますので、適量を充填していきます。このことが、施工後の『肉痩せ』を防止します。 最後に、ヘラ押さえ作業です↓専用のヘラで押さえ、ならして仕上げ作業を行います。充填したシーリング材をしっかりと密着させるために、空気が残らないように押さえていきます。見た目にも大きく影響しますので、細心の注意が必要です! 以上で、シーリング工事は終了となります↓ 仕上がりの変化はこちら!(^^)! before                                                                     after      高耐久シーリング『オートンイクシード』とは??   一般的にシーリング材の多くはシリコンで出来ていますが、こちらのオートンイクシードは、 高耐久ポリマーである「LSポリマー」を配合。 そうすることで、高い耐久性と耐候性を実現、年月が経過しても硬質化を防いで柔らかさを維持できるようになりました。 結果としてひび割れも防止することができる優秀なシーリング材です。 主な特徴3つをご説明させていただきます!        ①亀裂や剥離を長期間抑制する「耐久性」 これまでにクリア不可能と言われていた、過酷な耐久性テスト 『圧縮30%⇔拡大30%伸縮繰返し×4000回』を3サイクル(計12000回) 実施で結果は「異常なし」でクリア!!   ②太陽光や降雨から美観を守る「耐候性」 シーリング材が自然環境から受ける紫外線や熱・水分などの劣化因子に対する耐性を検証。 過酷な状況下で「6000時間」突破という驚異的な「高耐候性」を実証しました!!   ③新規開発『LSポリマー』による「超長期耐久性」 経年劣化で流出してしまう可塑剤を配合しておらず、優れた柔軟性を実現しました。 硬質化を防ぎ、「柔らかさ」を長期間キープすることが可能になりました。   以上のことから、この「オートンイクシード」がとても優秀で画期的な製品だとお解りいただけたかと思います。 次回の塗り替え時までシーリングが劣化することなく、雨漏りのしない住宅が保持できて、 なおかつ美観も損なわない外壁になります! 是非、多くのみなさまにも実感していただきたい、ラクスト松戸店おススメのシーリング材です(^^)/   ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました!     Luxst(ラクスト)松戸店は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■Luxst(ラクスト)松戸店は塗装価格に自信があります! 詳しくはこちらをクリック! ■Luxst(ラクスト)松戸店には、お客様から選ばれる理由があります! 詳しくはこちらをクリック! 2020年12月14日 更新

シーリング工事スタッフブログ

柏市 雨漏り

【柏市】シーリング工事・O様邸

松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店のLuxst(ラクスト)松戸店です! 今回のブログを執筆させていただく若宮です!   本日のブログでは、柏市O様邸での外壁塗装工事に伴うシーリング工事の様子をお届けいたします。 外壁材のつなぎ目やサッシ周りに打ってあるゴムのようなものが「シーリング」です。 O様邸を現地調査しました結果、既存シーリングに深めのひび割れが発生していました。 「雨の浸入を防ぐ防水材」これがシーリング機能です。 それでは、早速現場を見ていきましょう!   柏市 O様邸 シーリング工事   施工前の状態です↓外壁目地のシーリングに肉痩せとひび割れの症状が出ています。このまま劣化が進むと、「雨漏り」や「カビ」の原因となります。新しく打ち替えていきます。 【深めのひび割れ箇所もありました】↓ 始めに、既存シーリングを撤去します↓カッターで切り込みを入れてから、丁寧に剥がしていきます。取り残しや隙間に入ったホコリなどはキレイに掃除します。 続いて、プライマー塗布です↓青いテープは「マスキングテープ」です。このテープで養生して、接着材の役割であるプライマーを塗布していきます。 いよいよ、充填作業です↓中に空気が残らないように、少し多めに充填していきます。シーリングの厚みが不足しすぎても、多すぎても不良の要因になります。完全な防水機能が発揮できる施工をする必要があります。 最後に、専用のヘラでシールを押さえて・・・施工完了!!(^^)↓ シーリング工事の工程は以上になります!   シーリングの劣化をチェックしてみましょう!   雨漏り原因となりうるシーリング材の劣化。 ぜひ、ご自身の目でチェックしてみることをおススメいたします(^^) このような症状が出ていたらメンテナンスのサインです!! 硬化(軽度) 劣化の進行度が一番軽い状態の時に、触ってみてわかるのが「硬化」です。 シーリングはもともと弾力があり、建物の動きに合わせて伸縮しながら雨水の浸入を防いでいます。 これが写真のように固まってしまうと、近い将来完全に防水機能を果たさなくなります。   亀裂・ひび割れ(中度) 劣化の症状が中度にまで進行すると、シーリング自体に亀裂が入ります。 細かいヒビに見えても、内部で大きな亀裂になっていることもあり、 この状態で「雨漏り」が発生しているお宅も見られます。   剥がれ・隙間(重度) 劣化状況が重度にまで進むと見られるのが剥がれです。 本来、シーリング材と外壁材は密着しているものであり、 雨の浸入を「一体」で防いでいますが、写真のように隙間ができると 雨がどんどん建物内に入ってしまう状態になります。   これらの写真を見ていただくとわかるように、外壁材の劣化と違い、 シーリング劣化は注意深く見ていれば、お客様ご自身でもすぐにわかるものばかりです。 「外壁はまだまだ大丈夫!!」だと思われている方でも、このシーリング劣化の知識を 頭の片隅にでも入れておいていただくとよろしいかと思います!   ここまで、お読みいただきましてありがとうございました(^^)/     Luxst(ラクスト)松戸店は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■Luxst(ラクスト)松戸店は塗装価格に自信があります! 詳しくはこちらをクリック! ■Luxst(ラクスト)松戸店には、お客様から選ばれる理由があります! 詳しくはこちらをクリック! 2020年11月18日 更新

シーリング工事スタッフブログ

松戸市 雨漏り

【松戸市】シーリング工事・O様邸

松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店のLuxst(ラクスト)松戸店です! 今回のブログを執筆させていただく若宮です!   本日のブログでは、松戸市O様邸での外壁塗装工事に伴うシーリング工事の様子をお届けいたします。 シーリング工事とは、外壁に入ったひび割れや外壁材同士の隙間、窓枠や水回りの縁などに シーリング材を充填する工事のことを言います。 柔軟性のあるシーリング材が、外壁材同士の押し合いや引っ張り合いをしても間を取り持ってくれることから、 クッション替わりになってくれるのです。そのことで、ひび割れも防止してくれます。 それでは、早速現場を見ていきましょう!   松戸市 O様邸 シーリング工事   こちらは施工前の状態です↓シーリング工事は、外壁塗装の前に行われる工事で、後から塗料をかぶせていきますので、何色でも構いません。しかし、使用する材料によっては耐久性が変わりますので、業者としっかりと打ち合わせをしておきましょう。 まず、既存シーリング撤去です↓カッターを使用して、既存のシーリングを除去していきます。目地の両端に切り込みを入れ、キレイに剥がしていきます。 次に、プライマー塗布です↓プライマーは、下地とシーリング材の接着剤の役目を果たします。ハケを使って丁寧に塗っていきます。 続いて、充填作業です↓プライマーを塗布した箇所に、新しくシーリング材を打ち込みます。適切な量で、迅速且つ丁寧に注入します。あまり大量に充填してしまうと、気泡が発生するなど不良が起こります。また逆に少なすぎると、シーリング材本来の耐久性が発揮されませんので、注意が必要です。 最後に、ヘラ押さえ作業です↓注入したシーリング材を密着させるために、専用ヘラで押さえていきます。この作業は見た目にも大きく影響しますので、慎重に行ないます。空気が残らないように仕上げます。 以上の工程で施工完了!!この後、乾燥時間を設けて、外壁塗装へ進みます!   シーリングが施工されている箇所とは??   シーリング材が施工される箇所は、外壁目地や玄関ドアの枠だけではありません。 では、他にどのような箇所があるのでしょうか?説明させていただきます(^^)   【換気口ダクトの周り】換気口ダクト周りのシーリングは、破断することが多く、雨漏り原因の1つにあげられます。【窓枠】台風や暴風などの横殴りの雨の際、シーリングにひび割れが生じていると雨水が吹き込むことがあります。【玄関ポーチ】玄関はお家の顔とも言える場所です。いつでもキレイにしておきたい箇所ですね。   このように様々な箇所に使われるシーリング。 その他に浴室・洗面・キッチンなど水廻りにも使用されています。 多くの方が目にして外壁塗装を考える要因の一つにシーリングがあります。 シーリングが劣化したままで放置しておくと、住宅にとってはマイナス面しかありません。 雨水の浸入は建物の構造を劣化させ、寿命を縮める大敵です。 そこで、外壁の隙間やサッシ枠などを塞ぎ、防水するのがシーリングの役目!! 適切に施工、メンテナンスされたシーリングは、大切なマイホームをしっかりと守ってくれます。 ここまでお読みいただき、ありがとうございました(^^)/     Luxst(ラクスト)松戸店は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■Luxst(ラクスト)松戸店は塗装価格に自信があります! 詳しくはこちらをクリック! ■Luxst(ラクスト)松戸店には、お客様から選ばれる理由があります! 詳しくはこちらをクリック! 2020年11月16日 更新

シーリング工事スタッフブログ

松戸市 雨漏り

【松戸市】シーリング工事・T様邸

松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店のLuxst(ラクスト)松戸店です! 今回のブログを執筆させていただく若宮です!   本日のブログでは、松戸市T様邸での外壁塗装工事に伴うシーリング工事の様子をお届けいたします。 「シーリング」とは外壁の目地や窓枠サッシ周りなどに施されているゴムのようなモノのことを言います。 地震などにより建物が揺れると外壁に負担がかかりますが、 シーリングには伸縮性があるのでクッションの役目を果たしてくれます。 振動を緩衝することで外壁材を長持ちさせてくれるのです。 それでは、早速現場を見ていきましょう!   松戸市 T様邸 シーリング工事   施工前の外壁目地です↓シーリングは外壁の塗装前に施工しますので、色は何色でも構いません(^^)しかし、使用する材料によって耐久性が大きく変わります。施工前にどのような材料を使用するか、業者としっかり打合せしましょう。ちなみに、T様邸で使用したシーリング材は「高耐久シーリング」です。詳細はブログ後半でお伝えします! 次に、既存シーリングを撤去します↓カッターなどを使ってシーリング材が残らないように、キレイに除去していきます。 プライマーを塗布後、いよいよ充填作業です↓プライマー(接着剤)塗布した箇所に、新しくシーリング材を注入していきます。ここでのポイントは、壁よりも少しだけ盛り上がるくらいにゆっくりと注入することです。しっかりと奥まで隙間なく充填していきます。 最後に、ヘラ押さえで仕上げます↓目地に充填したシーリング材をしっかりと密着させるため、専用のヘラで押さえていきます。 以上の工程で施工完了です↓養生テープをはずして乾燥時間を設けます。その後、外壁塗装作業へと進みます。   高耐久シーリング『オートンイクシード』   今回T様がお選びになったシーリング材「オートンイクシード」についてご説明させていただきます。 オート化学工業株式会社さんの商品で、耐用年数が20年超とも言われている、常識を覆す高耐久シーリングです。   特徴 通常のシーリング材には、柔らかくするために「可塑剤」(かそざい)が添加されています。 経年劣化と共に可塑剤が分離することにより、シーリングが劣化するのですが、 オートンイクシードには可塑剤が含まれておりません。 その代わりに「LSポリマー」を使用。劣化せずに弾性が長期間続くような仕様になっております。 通常のシーリング材の伸び率は400%、オートンイクシードは1,000%超えです!! 「破断しにくく、抜群の耐候性」を兼ね備えています。   さらに詳しい内容はこちらのブログをご覧ください!(^^)!コーキング材『オートンイクシード』について   シーリング工事は、外壁塗装工事と切っても切れない関係にあり、あまり考えないまま外壁塗装を進めてしまうと、 せっかく納得のいく塗料選びや金額にできたとしても、終わってみたら「外壁塗装が失敗」してしまうことも・・・(-_-;) シーリング材には、シリコン・ウレタン・アクリルなど特徴が異なるものが多種ありますが、 ラクスト松戸店では、こちらの高耐久シーリング「オートンイクシード」をおススメしております。 サンプルなど多数ご用意しておりますので、ご来店お待ちしております!     Luxst(ラクスト)松戸店は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■Luxst(ラクスト)松戸店は塗装価格に自信があります! 詳しくはこちらをクリック! ■Luxst(ラクスト)松戸店には、お客様から選ばれる理由があります! 詳しくはこちらをクリック! 2020年11月12日 更新

シーリング工事スタッフブログ

鎌ケ谷市 雨漏り

【鎌ケ谷市】シーリング工事・М様邸

松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店のLuxst(ラクスト)松戸店です! 今回のブログを執筆させていただく若宮です!   本日のブログでは、鎌ケ谷市М様邸での外壁塗装工事に伴うシーリング工事の様子をお届けいたします。 外壁目地や窓枠・サッシ枠の周りに入っているゴムのようなモノが、シーリングです。 「コーキング」とも言います。建築用語としてのシーリング・コーキングは同義語と考えてもらってかまいません(^^) またシーリング剤には色々な種類があり、ブログ後半で詳しく説明をさせていただきます。 それでは、早速現場を見ていきましょう!   鎌ケ谷市 М様邸 シーリング工事   施工前の状態↓こちらの写真を拡大してみましょう👀目地シーリングに、縦に細い線がいくつも入っています。軽度のひび割れが発生しています!メンテナンスのサインです。 では、既存シーリングを撤去します↓劣化したシーリングをキレイに撤去していきます。目地の溝に沿ってカッターで切り込みを入れ、シーリングの端を指でつまんで引っ張りながら剥がします。目地に残ったシーリングもキレイに取り除きます。 次に、プライマーを塗布します↓プライマーの塗布はとても重要な工程です。シーリング剤と下地との接着力強化はもちろん、被着面の細かいホコリをおさえ、被着体から出るアクを抑える働きがあります。さらに、シーリング剤の成分が被着体へ流出するのを抑える働きもあります。 いよいよ、充填作業になります↓充填は必ず上からおこないます。内側に空気が入らないように目地底から充填しないとあとからシーリング剤が膨れることがあります。 最後に、ヘラ押さえの作業です↓専用のヘラで表面をならし、整えます。 養生テープを剥がして、施工完了!!   シーリング剤の種類について   シーリング剤の種類は、一般的には下記の5種類となり、それぞれに特徴があります。   アクリル 水性でとても作業がしやすいシーリング剤です。 湿度の高い場所でも施工は出来ますが、硬化した際に「肉やせ」しやすいので、耐久性が若干低いのが難点です。 陽の当たる場所では約10年ほどで「ひび割れ」が発生しやすいのでリフォームでの使用はあまりおススメできません。   ウレタン 外壁の塗り替えの際に使用することが多いです。 硬化するとゴムように弾力性があるので、耐久性がとても高く、コンクリートのひび割れ補修などにも使用されます。 また材料との密着性が高いというメリットがありますが、紫外線に弱いため上から塗装が必要となります。   シリコン シーリング剤の中で最もメジャーなのが「シリコン」です。 安価で、耐候性・耐久性・耐水性・耐熱性の全てが非常に優れているので、屋外問わず色々な場所で使用することができます。 しかし、上から塗装をしても剥がれやすい、というデメリットがあります。 後から塗装をする必要がある外壁には使用することができません。   変形シリコン 上からの塗装が可能で、色も多く揃っており、塗装をしなくても十分に耐久性があるシーリング剤です。 とても優秀ではありますが、他の種類と比べて価格が少し高くなります。   ポリウレタン系 耐候性能が非常に高く、風雨にさらされるような劣悪な環境にも強いです。 また、汚れなどが付着しにくい「ノンブリード」タイプで施工後も安心。 塗料の付着性も良く、塗装下地にも最適とされます。 押し出しなど作業性にも配慮されているので、幅広い目地にも対応できる優れものです。 長期に渡って柔軟性を維持し、抜群の防水性能を発揮してくれます。   このように一口に「シーリング」と言っても、色々な種類があります。 たくさん種類があるということは、用途によって材料を使い分ける必要があるということです(^^♪   ここまで、お読みいただきありがとうございました!     Luxst(ラクスト)松戸店は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■Luxst(ラクスト)松戸店は塗装価格に自信があります! 詳しくはこちらをクリック! ■Luxst(ラクスト)松戸店には、お客様から選ばれる理由があります! 詳しくはこちらをクリック! 2020年11月09日 更新

シーリング工事スタッフブログ

ご相談お見積り診断無料!お気軽にご相談下さい!!

0120-871-185電話受付時間10:00~18:00 火曜定休

ご相談・お見積り依頼

松戸市、鎌ケ谷市、柏市、市川市、地域密着、安心塗装工事がウリの外壁塗装専門店 ラクスト