塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!BLOG

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 屋根塗装

屋根塗装の記事一覧

松戸市 屋根塗装

【松戸市】塗装NG!!塗装できない屋根材とは??

松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店のLuxst(ラクスト)松戸店です! 今回のブログを執筆させていただく若宮です!   『我が家も新築してそろそろ10年・・・。』 お家のメンテナンスを検討する時期かなぁと思って、専門業者に現地調査を依頼! その結果、『この屋根は塗装できません!!』などと言われてお困りの方いらっしゃいませんか? なぜ?普通に塗ることはできないの?理解できないままですと不安ですし、納得できませんよね(-_-;) 本日のブログでは、その疑問を解決すべく、様々な例をあげてご説明をさせていただきます!   塗装NGもしくは、おススメしない屋根材   実は、世の中の住宅には「塗装できない屋根材」が多く存在するのです。 そのほとんどが2000年前後に製造された「ノンアスベスト切り替え時期の製品」になります。 ご存知の通り、アスベスト(石綿)は健康への影響から規制されるようになりました。 その結果この時期から、各メーカーが相次いで「ノンアスベスト製品」を製造、販売しはじめるのです。 強度が高いことで使用されていたアスベスト・・・。 その強度が弱くなったことで、「塗装しても劣化を防ぐことができない」「塗装しても強度を保てない」 という結果になってしまいました。 ただし、この時期における全てのノンアスベスト屋根材が塗装できないわけではありません。 ここでは、代表的な屋根材3つをご紹介いたします。   パミール(ニチハ製:1996~2008年) 「塗装ができない屋根」の代表的な製品となります。 大手メーカーであるニチハ製で、かなり多くの住宅で使用されています。 層状剥離(ミルフィーユのように剥がれます)が特徴的な症状です。 この状態で塗装をしても、屋根材自体が剥がれてしまうので、全くもって意味がありません。   コロニアルNEO(クボタ製:2001~現在製造中止) クボタ製のコロニアルNEO、現在最も普及している屋根材「カラーベストリーズ」の商品になります。 細かいヒビと屋根材先端の劣化、屋根の崩れが起きやすいのが特徴です。 ただし、他の屋根材よりは不具合の報告が少なく、状態によっては 塗装で対応できる場合もありますので、業者との相談が必須です。   ザルフグラッサ(クボタ製:2001~2005年) こちらも先ほど同様、クボタ製のザルフグラッサという製品です。 コロニアルNEOと似ていますね。ザルフグラッサの方がややスリット幅がございます。 ひび割れが多く、劣化が進めば層状剥離も発生すると報告されています。   実はまだまだ他にも「塗装をおススメしない屋根材」があるのですが、 あえてこの3つの製品をご紹介させていただきました。 なぜなら、この3つの製品全て似ていませんか?? 形状も色も、あまり差がありませんね(-_-;) 正直、見分けがつきません・・・。 しかも、この屋根材が多くの住宅で使用される「スレート屋根」「コロニアル屋根」の分類に入ってきます。 弊社にご依頼いただきます住宅の大半の屋根は、スレート屋根・コロニアル屋根になることから、 あえて、この3種をご紹介をさせていただきました。 では、塗装ができない屋根・・・これらの対処法はあるのでしょうか?   カバー工法(重ね葺き)と葺き替え工法(交換)について   先ほどご紹介した屋根材が使用されていて、「塗装ができない!」と判断された際の選択肢として、 こちら2つの施工方法がございます。 ①カバー工法(重ね葺き工法) ②屋根葺き替え工法(交換) では、それぞれどのような特徴があるのでしょうか?   人気でリーズナブルな施工はカバー工法 多くの方に人気で、事例も豊富なのがカバー工法(重ね葺き工法)です。 写真を見てお解りの通り、既存の屋根の上にまた新しく屋根材を設置する工事です。 葺き替え工事と比較すると、既存屋根材の撤去→処分費が発生しないので、工事費も安くなります。 耐久性も使用する屋根材により若干変わりますが、20~40年持つものが一般的! とてもお得な施工方法だと言えます(^^♪   劣化が激しく、既に雨漏り発生であれば葺き替え工法 既に雨漏りが発生していたり、屋根の下地まで湿気を帯びて傷んでいる場合は、 葺き替え工法(交換)を行いましょう。 既存の屋根材を全て撤去し、新しい屋根材を付け替えるという工事になります。 屋根材の下にある、野地板も補修や交換をして、まさに丸ごと取り替える工事です。 メリットとして、屋根材が軽くなり、耐震性を高めることができます。   できるだけ費用を抑えて工事をしましょう!   カバー工法、葺き替え工法とご紹介させていただきましたが、塗装と比較するとどうしてもコストがかかります。 見積依頼をした時は、「塗装だけで済むだろう」と思っていたのに、塗装ができないとなると 予算オーバー・・・(-_-;) 今後のライフプランを考えると、ちょっと困るなと思う方もいらっしゃるでしょう。 しかし、ここで一番避けるべきこと、それは「お金を貯めてから工事しよう」と、後回しにしてしまうこと! それまでの間、屋根はどんどん劣化していきます。劣化が進めば進むほど状況は悪化し、ついに雨漏りが発生。 補修費用がさらに上がります。さらに雨漏りが発生すると、日常生活にも支障をきたします。 費用を最小限におさえてメンテナンスするために、ラクストではリフォームローンをご用意しております!! 高額な施工費用の工面が難しい・・・という方は、リフォームローンの活用を検討してみてはいかがでしょうか? ラクスト松戸店では、リフォームローンにも対応しております。 工事費用を分割でお支払いすることで、負担感を減らし、家計のやりくりもしやすくなります。 ご家庭の状況、そして将来設計に合わせて、支払い回数の設定も可能です。 また、工事費全額をローンにせず、費用の「一部」をローンにすることも可能! ローンについてのご相談は、ラクスト松戸店にお問い合わせください(^^)/   最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!     Luxst(ラクスト)松戸店は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■Luxst(ラクスト)松戸店は塗装価格に自信があります! 詳しくはこちらをクリック! ■Luxst(ラクスト)松戸店には、お客様から選ばれる理由があります! 詳しくはこちらをクリック! 2021年02月10日 更新

屋根塗装コラム

松戸市 屋根塗装

【松戸市】屋根塗装・K様邸

松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店のLuxst(ラクスト)松戸店です! 今回のブログを執筆させていただく若宮です!   久しぶりの現場ブログです!!! ラクスト松戸店、年明け早々たくさんの現場が着工いたしました(^^) 誠にありがとうございます。 1月に入っても、寒さは継続中(-_-;) そんな中でも、職人さんたちは日々作業に励んでおります!   本日のブログでは、松戸市K様邸での屋根塗装工事の様子をお届けいたします。 K様邸で使用しました塗料は、関西ペイント社『スーパーシリコンルーフペイント』です。 現地調査で屋根をお調べしたところ、板金部のサビと屋根材のカビの付着が目立ちました。 『スーパーシリコンルーフペイント』には、建物の美観と清潔さを保つ特徴がございます。 それでは、早速現場を見ていきましょう!   松戸市 K様邸 屋根塗装   塗装工事で一番最初に行うのは、高圧洗浄です↓屋根には、カビやコケ・藻などの頑固な汚れが付着しています。色あせもかなり進んでおりました。高圧洗浄の威力でどんどん削り落としていきましょう! 現地調査で屋根に登ってみると・・・↓板金部の劣化(サビ)がかなり進んでいました(-_-;) 早速、キレイにしていきましょう!塗装作業のスタートです。 まず、板金部のサビ止め塗装です↓細かい箇所はハケで塗装し、平面はローラーを使って塗装します。 次に、下塗り塗装です↓ローラーに塗料をたっぷりと含ませて、隅々まで丁寧に塗っていきます。屋根の傷みが激しいと、塗料をぐんぐん吸い込んでいきます。 そして、タスペーサー取付です↓この小さなパーツがとても重要!!「縁切り」の必要が無くなり、作業効率もあがります。 続いて、中塗り塗装です↓中塗り塗装では、お施主様の希望色を塗装します。K様がお選びになったお色は、09-20Bです。このカラーは色ムラが生じやすい色とされていますが、キレイに色が入っていますね(^^)きちんと下地処理がされている証拠です! 最後に、上塗り塗装です↓上塗り塗装では、先ほどの中塗りで使用した塗料を塗り重ねていきます。ツヤが格段とアップし、美しい屋根に近づいてきました!   屋根塗装の工程は以上になります。   仕上がりの変化をご覧ください♪ before                 after ご覧ください!!まるで新築時のような「屋根」によみがえりました。屋根材も板金部もピカピカです★深みのある落ち着いたブラウンは、とても上品に見せてくれます。   板金のサビについて   屋根の頂上「棟板金」に限らず、鉄部のサビには注意が必要となります。 サビの症状が進行していくと、板金自体に穴が開いてしまったり、破損する可能性があります。 また、釘で固定している箇所の劣化も同時に進行していきますので、暴風や台風時だけでなく、 日常で起こる突風や強風などによっても、板金が吹き飛ばされる場合もあるのです。 想像してください・・・ もしご自宅の屋根の板金が吹き飛んでしまい、近隣のお宅に被害をもたらしてしまったら。。。 それを防ぐためには、「塗装を行い、素材の保護」をすることがとても大切です。 屋根は高所にあるため、ご自身で確認することは難しく、とても危険ですのでおススメいたしません。 専門業者へ依頼、入念なチェックをしてもらい、「安心・安全の住まいづくり」を心がけましょう(^^)/     Luxst(ラクスト)松戸店は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■Luxst(ラクスト)松戸店は塗装価格に自信があります! 詳しくはこちらをクリック! ■Luxst(ラクスト)松戸店には、お客様から選ばれる理由があります! 詳しくはこちらをクリック! 2021年01月17日 更新

屋根塗装スタッフブログ

松戸市 屋根塗装

【松戸市】屋根塗装・T様邸

松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店のLuxst(ラクスト)松戸店です! 今回のブログを執筆させていただく若宮です!   本日のブログでは、松戸市T様邸での屋根塗装工事の様子をお届けいたします。 T様邸で使用しました塗料は、プレマテックス社『タテイルα』です。 現地調査で屋根をお調べしたところ、カビやコケの付着が目立ちました。 「タテイルα」には、藻の発生を抑制し、カビに対しても強い抵抗力を発揮しますので、 長期間に渡り屋根を保護してくれます(^^) それでは、早速現場を見ていきましょう!   松戸市 T様邸 屋根塗装   塗装工事で一番最初に行う作業、高圧洗浄です↓この水しぶきをご覧ください!高圧洗浄機の威力がこちらになります。噴射している箇所がどんどんキレイになっていますね。付着していたカビ・コケ・藻が削り落とされています。 洗浄前は、このような状態でした…↓ 洗浄後、まずはクラック補修から↓T様邸の屋根には、屋根材にヘアークラックがありました。シーリング材で埋め、補修していきます。 では、塗装作業のスタートです。下塗り塗装から↓色あせも進んでいたので、下塗り塗料をどんどん吸収します。先ほど補修したクラック箇所にも、塗料を塗っていきます。 次に、タスペーサー取付作業です↓こちらの小さなパーツが「タスペーサー」です。建物を雨漏りから守る、とても優秀なパーツです。塗り替え時に屋根から垂れてきた塗料が、屋根材と屋根材の隙間を塞いでしまうのを防ぐものです。 続いて、中塗り塗装です↓中塗り塗装では、希望色を塗装します。T様がお選びになった色は、09-20Bです。 最後に、上塗り塗装です↓膜厚が十分に確保されたのがわかりますでしょうか?タテイルα特有のツヤが出てきました!耐用年数約20年と言われている、こちらの塗料。長期間、屋根を保護してくれるので安心です(^^)   屋根塗装の工程は以上になります!   スレート屋根のクラックについて   地震にも強くて、人気のあるスレート屋根(コロニアルとも言います)ですが、 やはり経年劣化により、ひび割れが生じることがあります。 発見してしまうと、不安を感じる方もいらっしゃいますが、スレート屋根にひびが入ってもすぐに雨漏りするわけではありません。 しかし、放置しておくことは危険です!! 屋根材が劣化したサインになりますので、屋根メンテナンスを検討する時期でしょう。 先ほどご紹介しましたT様邸の屋根ですが、小さなヘアークラックが数か所ありました。 どれも小さなひび割れですので、補修後に塗装へと進みました。 しかし、屋根材の一部が欠けているようなクラックの際には、別の補修方法を検討する必要があります。 専門業者にしっかりと現地調査をしてもらった上、適切な施工を提案してもらうことをおススメいたします(^^)     Luxst(ラクスト)松戸店は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■Luxst(ラクスト)松戸店は塗装価格に自信があります! 詳しくはこちらをクリック! ■Luxst(ラクスト)松戸店には、お客様から選ばれる理由があります! 詳しくはこちらをクリック! 2020年12月26日 更新

屋根塗装スタッフブログ

松戸市 屋根塗装

【松戸市】屋根塗装・H様邸

松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店のLuxst(ラクスト)松戸店です! 今回のブログを執筆させていただく若宮です!   本日のブログでは、松戸市H様邸での屋根塗装工事の様子をお届けいたします。 H様邸で使用した塗料は、関西ペイント社『アレスダイナミックルーフ』です。 強靭な塗膜による優れた耐久性を持つ、ラクスト松戸店でも人気の屋根塗料! H様邸の屋根は、色あせが進んでおり、コケの付着も目立ちました。 アレスダイナミックルーフの性能を最大限に活かし、新築時の屋根を取り戻したいと思います! それでは、早速現場を見ていきましょう。   松戸市 H様邸 屋根塗装   はじめに、高圧洗浄から↓付着していたコケや藻を一気に落としていきます。高圧洗浄機をあてただけでも、ここまで汚れを落とすことができます。それだけ威力があるということですね(^^) 次に、下塗り塗装です↓屋根の傷みが激しいと、下塗り塗料をどんどん吸収します。その際は少し多めに塗装して、吸い込み止めをします。 続いて、タスペーサー取付です↓この小さい部品、、、実はとても優秀なモノなのです。タスペーサーと言って、雨漏りから建物を守ってくれるパーツです。これを設置することで、雨水の通り道を確保できます。 そして、中塗り塗装です↓中塗り塗装では、お施主様の希望色を塗装します。H様がお選びになった色は、「コーヒーブラウン」です。アレスダイナミックルーフの標準色になります。 最後に、上塗り塗装です↓上塗り塗装は、中塗り塗装で使用した塗料を塗り重ねていきます。中塗りとの境目がはっきりわかりますね。膜厚が確保されたことで、深みのあるブラウンへと変化しています。   屋根塗装の工程は以上になります!   仕上がりの変化をご覧ください(^^)/ before                 after    アレスダイナミックルーフの標準色をご紹介!!   H様邸で使用した屋根塗料「アレスダイナミックルーフ」の標準色は18色あります。 他の屋根用塗料と比較して、ちょっと少なめですが、魅力的なカラーが揃っています(^^) ガーネットオレンジ、チョコレート、シナモンブラウン、ナスコンなど 個性的な名前がついていますので、色のイメージがしやすいかと思います。 ちなみに、屋根塗装で使用される塗料の人気色は・・・。 ①ブラック ②グレー ③ブラウン やはりこの定番カラー3色になりますね。この3色はどんな外壁の色にも馴染みやすく、 「色を誤ってしまった!!」という失敗がないからでしょう。 しかし、屋根はお家の一番高い所にあるので、なかなか周囲からも見ることができません。 ちょっと冒険して、グリーン系やオレンジ系にチャレンジしてみるもの良いかと思います。 ここまでお読みいただき、ありがとうございました(^^)/     Luxst(ラクスト)松戸店は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■Luxst(ラクスト)松戸店は塗装価格に自信があります! 詳しくはこちらをクリック! ■Luxst(ラクスト)松戸店には、お客様から選ばれる理由があります! 詳しくはこちらをクリック! 2020年12月19日 更新

屋根塗装スタッフブログ

松戸市 屋根塗装

【松戸市】屋根塗装・M様邸

松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店のLuxst(ラクスト)松戸店です! 今回のブログを執筆させていただく若宮です!   本日のブログでは、松戸市М様邸での屋根塗装工事の様子をお届けいたします。 М様邸で使用しました塗料は、プレマテックス社の『タテイルα』です。 「塗るタイル」でお馴染みのラクストでも人気の塗料!! 超耐候性・フレキシブル性・超低汚染性・難燃性・防藻防カビ性と非の打ち所がない優秀な塗料です。 お値段は少し高くなりますが、次回の塗り替えまでの期間を延ばすことができる塗料です。 それでは、早速現場を見ていきましょう!   松戸市 М様邸 屋根塗装   塗装工事の前は、必ず高圧洗浄から↓屋根も外壁同様に、コケや藻・カビなどが発生します。高圧洗浄の威力で、どんどん除去していきましょう。水しぶきを見れば、この威力がわかりますね(^^) 次に、鉄部のケレン作業です↓棟板金は鉄製です。塗装前にケレンをして、サビの発生防止と塗膜の密着力を高めます。 続いて、鉄部のサビ止め塗装です↓細かい部分はハケで、平面はローラーで塗装していきます。板金部分にサビがつかないようにしていきます。 いよいよ、下塗り塗装です↓下塗り塗装は、とても重要な工程です。この後に行う中塗り→上塗り塗料の吸い込み過ぎを防止します。 次に、タスペーサー取付作業です↓タスペーサーを設置して、建物を雨漏りから守ります。これを設置することで、雨の通り道が確保されます。 続いて、中塗り塗装です↓中塗り塗装は、希望色を塗装します。 最後に、上塗り塗装です↓上塗り塗装では、中塗り塗装で使用した塗料を塗り重ねます。М様がお選びになった色は、09-20B濃いめのブラウンとなります。まさに「塗るタイル」と言われている通り、光沢が増しています。ハイドロクリーニング効果があるため、屋根の美しさを長期間キープしてくれます。   屋根塗装の工程は以上になります!   仕上がりの変化をご覧ください(^^)/ before                 after    塗装をしてはいけないスレート屋根があります!   一般的なスレート屋根材(コロニアルなど)は、築10~15年程度経過すると 外壁塗装と一緒に再塗装されるケースがほとんどです。 実は、このスレート屋根材にも多くの種類がございます。 クボタ・松下電工・ニチハ等といった各メーカーから発売されていました。 実はその中に「塗装をしてはいけない屋根」がありますので、詳しく説明をさせていただきます。   塗装して数年後に悪化・・・   築10年程度で「歩くだけでパキパキ屋根材が割れる」「斑点のような剥がれがある」といった症例。 通常のスレートではありえません。これからご紹介する2種類の屋根材には注意が必要です。 【①ニチハ製パミール】屋根塗装をして数年後に屋根材の表面剥離が始まり、暴風などでめくれて、剥がれてしまった状態。【②松下電工製レサス】塗装数年後に、屋根材が割れていまにも破片が落下しそうな状態。   「いくら割れていても、塗装して固めてしまえば大丈夫じゃない??」と思われる方もいらっしゃいますが、 塗膜が劣化してくればその固定力も当然無くなりますので、数年後には元々の屋根材の強度に戻ってしまいます。 そうなると、経年劣化による割れやめくれが逆に目立つだけではなく、塗装工事の際の「踏み割れ」も表面化してしまうのです。 そのことから、これらの屋根材に塗装は無意味であり、対処法としては「葺き替え」しかありません。 皆さまのご自宅のスレート屋根がこれらに該当するかどうかは、見た目には判断が難しいかと思います。 是非、この機会に一度、屋根専門業者に見てもらうことをおススメいたします!! ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました(^^)/     Luxst(ラクスト)松戸店は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■Luxst(ラクスト)松戸店は塗装価格に自信があります! 詳しくはこちらをクリック! ■Luxst(ラクスト)松戸店には、お客様から選ばれる理由があります! 詳しくはこちらをクリック! 2020年12月06日 更新

屋根塗装スタッフブログ

松戸市 屋根塗装

【松戸市】瓦屋根に塗装って必要なの??

松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店のLuxst(ラクスト)松戸店です! 今回のブログを執筆させていただく若宮です!   瓦屋根のメンテナンスについて、あまりご存知ではない方が多くいらっしゃいます。 瓦には「塗装が必要な瓦」と「塗装が不必要な瓦」があります。 本日のブログでは、瓦の種類ごとに塗装が必要なのか、注意点も含めご説明していきたいと思います。 ご自宅が瓦屋根で、どのようにメンテナンスしたらいいのかお悩みの方、必見です!! 瓦の種類も理解していただき、最もベストなメンテナンスをしていきましょう!   瓦の種類から塗装が必要かを判断   瓦は形成方法から大きく2つにわかれます。   粘土系(塗装→不必要) 「和瓦」と言われ、いぶし瓦・陶器瓦などの種類があり、昔ながらの日本家屋や日本建築のお城や寺社などによく使用されます。 特徴は、他の屋根材よりも重くなります。(スレート→平均約24㎏/㎡ 瓦→平均約45㎏/㎡) そのため、台風などの強風には強いですが、耐震性は他の屋根材に比べ低めとなります。 衝撃を受けるとひび割れなどが発生しますが、基本的にはメンテナンス不要です。 ただし、漆喰など瓦以外の周辺部分についてはメンテナンスが必要です。 表面保護という観点で塗装は必要ではありませんが、色変えたいという目的であれば塗装することは可能です。 しかし、塗装をしても剥がれやすいのであまりおススメできません。   セメント系(塗装→必要)   セメント系には、セメント瓦やモニエル瓦があります。 和瓦と違い粘土を焼き上げているわけではなく、セメント・砂・水を混ぜて化学反応で硬化させたものになるので、 表面はモルタル同様意匠性が無く、更に防水性もないことから雨水を吸収してしまうため、塗装が必要となります。 またモニエル瓦はヨーロッパ発祥の瓦で、通常の瓦とは違って「スラリー層」という着色したセメントのペーストが吹き付けられ、 更に吸水防止のクリヤー塗装が塗られています。 そのため、この上に塗装するともろいスラリー層から塗膜剥がれなどのトラブルが多く、現在では製造されておりません。 塗装時には、この劣化した表面のスラリー層を除去してからの施工が必要となります。 モニエル瓦かセメント瓦かを見分けるポイントは下記の通りです↓   瓦塗装の特徴とは?   ここからは、セメント系瓦特有の特徴をご説明いたします。   最大のメリット 瓦塗装における最大のメリットは、他のメンテナンス方法よりも安価で済むことです。 塗装以外のメンテナンスとして「屋根材の葺き替え」がありますが、施工費用が数百万円以上かかってしまいます。 とりあえず10年前後持たせたい、という場合には塗装がおススメとなります。 またその他に、屋根材を既存瓦の上から被せる「カバー工法」もございますが、瓦屋根の場合は施工が不可能となります。 メンテナンス方法は塗装もしくは葺き替えのどちらかになりますので注意しましょう。   塗膜が剥がれやすいのがモニエル瓦 先ほどもご説明しました通り、モニエル瓦にはスラリー層が約1mmあるので、ケレン除去が行きわたりにくく、 施工不良となり塗膜が剥がれることがあります。 必ずしも起こることではありませんので、施工知識をしっかりと身に付けている塗装業者であれば このような不具合は防ぐことは可能です。   セメント瓦塗装の2つのポイント・注意点   セメント瓦の塗装工程は、通常の屋根(スレート屋根)の塗装とほぼ変わりません。 しかし、注意点が3つありますのでご紹介いたします。   下地処理を十分におこなうこと 前述したように、スラリー層というセメントのペースト、その他コケやカビなどの頑固な汚れが こびりついていますので、ケレン作業や高圧洗浄でしっかりと削り落としていきます。 凹凸も多く少し大変な作業になりますが、ここでの作業が塗膜剥離などの不具合を防ぐことにつながります。   下塗り材をたっぷり塗布する 下地処理後の瓦は、表面の弱い塗装が除去され、セメント素地がむき出しの状態になることが多く、 下塗り材をどんどん吸収していきます。 想定した量を塗布して塗装を終えても吸い込みが止まらない場合は、再度塗布する必要があります。 他の屋根材にも共通して言えることですが、下塗り材が不足していると上塗り材が密着しません! 耐久性も塗料本来の効果も発揮できなくなります。   DIYなどご自身での塗装は危険 屋根塗装をご自身で済ませてしまう方もいらっしゃいますが、とても危険な行為ですのでやめましょう! 瓦屋根は平らではありません。慣れていない状態で歩くと瓦がズレます。 また破損や堕落してしまう恐れもあります。その結果「雨漏り」を引き起こす危険性もあり、 余計に修繕費用がかかってしまいますので、さらなるリスクを負わないためにも 信頼できる塗装業者に依頼をしましょう。   ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました(^^)/     Luxst(ラクスト)松戸店は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■Luxst(ラクスト)松戸店は塗装価格に自信があります! 詳しくはこちらをクリック! ■Luxst(ラクスト)松戸店には、お客様から選ばれる理由があります! 詳しくはこちらをクリック! 2020年12月02日 更新

屋根塗装コラム

松戸市 屋根塗装

【松戸市】屋根塗装・H様邸

松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店のLuxst(ラクスト)松戸店です! 今回のブログを執筆させていただく若宮です!   本日のブログでは、松戸市H様邸での屋根塗装工事の様子をお届けいたします。 H様邸で使用しました塗料は、関西ペイント社の『スーパーシリコンルーフペイント』です。 こちらの塗料は、色彩が鮮やかでツヤの有る美しい仕上がりが得られることで 多くのお客様よりご好評いただいております(^^) それでは、早速現場を見ていきましょう!   松戸市 H様邸 屋根塗装   施工前の状態です↓太陽光、経年劣化による色あせが、かなり進行していました。またカビやコケなど頑固な汚れも付着しております。 高圧洗浄後に、下塗り塗装です↓屋根材がどんどん下塗り材を吸収していく様子がわかります。屋根の傷みが激しい箇所は、少し多めに塗装し、吸い込み止めをします。この後に続く上塗り塗料の密着性を高める働きがあります。 次に、中塗り塗装です↓中塗り塗装では、お施主様の希望色を塗装します。 続いて、タスペーサー取付です↓タスペーサーは、雨漏りから建物を守るための重要なパーツになります。スレート屋根のみに使用いたします。タスペーサー設置の単価相場は、300~500円/㎡です。30坪80㎡の屋根の場合、約24,000~40,000円程度になります。 最後に、上塗り塗装です↓上塗り塗装では、中塗り塗装で使用した塗料を塗り重ねていきます。H様はブラウン系のお色を選択されました。膜厚も十分に確保され、とてもキレイな仕上がりとなりました! 屋根塗装の工程は以上になります!   仕上がりの変化をご覧ください(^^)/ before                after まるで新築時のような「屋根」を取り戻すことができました!!ブラウン系は落ち着いたカラーになりますので、上品な雰囲気に仕上がりました。   タスペーサーとは?解説いたします!   タスペーサーとは、セイム株式会社というメーカーが製造している製品で、 「屋根と屋根の間に隙間を作るための縁切り部材」です。 「縁切り」とは、屋根と屋根の間に隙間を作る作業のことを言います。 新築時はこの隙間があり、屋根に降った雨もその隙間から外に流れ出ていきます。 しかし、屋根塗装をすると屋根の縁がくっついてしまい、雨水の通り道が塞がってしまうのです。 このまま放置しておくと、屋根内部に水が溜まってしまい、雨漏りや内部結露を起こす危険性が高まります。 そこで昔から「縁切り」という作業を塗装後におこなっていました。こちらがその様子です。塗膜カッターで塗装完了後に手作業でくっついた塗膜を切っていきます。 この方法は時間もかかり、結局塗膜がくっついてしまうこともあります(-_-;) そこで製造されたのが「タスペーサー」です。 屋根同士の間に挿入するだけの優れモノ!!画期的な製品ができたことにより、 屋根塗装作業を効率良く進めることが可能になりました。   ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました!(^^)!     Luxst(ラクスト)松戸店は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■Luxst(ラクスト)松戸店は塗装価格に自信があります! 詳しくはこちらをクリック! ■Luxst(ラクスト)松戸店には、お客様から選ばれる理由があります! 詳しくはこちらをクリック! 2020年11月23日 更新

屋根塗装スタッフブログ

松戸市 屋根塗装

【松戸市】屋根塗装・S様邸

松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店のLuxst(ラクスト)松戸店です! 今回のブログを執筆させていただく若宮です!   本日のブログでは、松戸市S様邸での屋根塗装工事の様子をお届けいたします。 S様邸で使用した塗料は、関西ペイント社『スーパーシリコンルーフペイント』です。 こちらの塗料の特徴は、優れた耐候性・速乾性・幅広い素材適正などです。 コストパフォーマンスも高いことから、ラクスト松戸店でも人気急上昇中です! それでは、早速現場を見ていきましょう!   松戸市 S様邸 屋根塗装   塗装工事の前は、高圧洗浄からスタート↓屋根も外壁同様、長期間そのままにしているとコケやカビなどが付着していきます。 【その様子がこちらです↓】 高圧洗浄完了後、塗装作業に入ります! まずは、下塗り塗装↓下塗り塗装を施し、次の中塗り→上塗り塗装の密着性を向上させます。屋根塗装工事では、下塗り塗装は必須工程です。 続いて、タスペーサー取付作業です↓この「タスペーサー」が建物を雨漏りから守ってくれるのです。タスペーサーが使えるのは、S様邸のような「スレート屋根」のみです。 次に、中塗り塗装です↓中塗り塗装では、希望色を塗装します。S様がお選びになった色は、ターコイズグリーン!!とっても鮮やかなグリーンです(^^) 最後に、上塗り塗装です↓膜厚が十分確保され、ツヤが増してきました!ターコイズとは「ブルー」と「グリーン」が合わさった色。南国の海を思わせるとっても素敵なお色です(^^)屋根塗装の工程は以上です! では、仕上がりの変化をご覧ください!(^^)! before                 after 施工後の写真を見てみると、空の青さに負けないくらい、とてもキレイな発色!屋根にはこれくらい鮮やかなお色にチャレンジしてみてもいいかもしれませんね(^^)/   屋根塗装の色選びについて   屋根は外壁ほど目立つ場所ではないので、難しく考える必要はありません! では、全体的なまとまりを出すにはどのような点に注意すればいいのか説明させていただきます。   外壁との色調 簡単に言ってしまうと、色の系統が一緒のものを選ぶことです。全く色調が違ったものを選ぶと 家全体がちぐはぐな印象になり、落ち着きがなくなります。 ポップな印象を出したい時は良いかもしれませんが、同系色で地味に思えるくらいがちょうどいいでしょう。   面積効果に注意 「面積効果」とは、人間の目の錯覚の一つで、同じ色でも大きさによって色が違って見える現象のことです。 明るい色は小さい面積で見た時と比べ、大きな面積になるとより一層明るく見えます。 逆に暗い色はより暗く感じるので、思っていたよりも暗い、明るいという失敗要因になりますので気をつけましょう。   気に入った配色のお家を参考にする 色見本だけでは家全体のイメージを膨らませるのはとても難しいもの。塗り替えを検討し始めたら 近隣のお家などをチェックしてみましょう(^^) 展示場や住宅街など、できるだけたくさんの物件を見てご自分のイメージを固めておくのもいいかもしれません。   ここまで、お読みいただきましてありがとうございました!   Luxst(ラクスト)松戸店は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■Luxst(ラクスト)松戸店は塗装価格に自信があります! 詳しくはこちらをクリック! ■Luxst(ラクスト)松戸店には、お客様から選ばれる理由があります! 詳しくはこちらをクリック! 2020年11月14日 更新

屋根塗装スタッフブログ

松戸市 屋根塗装

【松戸市】屋根塗装・S様邸

松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店のLuxst(ラクスト)松戸店です! 今回のブログを執筆させていただく若宮です!   本日のブログでは、松戸市S様邸での屋根塗装工事の様子をお届けいたします。 S様邸で使用しました塗料は、関西ペイント社『アレスダイナミックルーフ』です。 こちらの塗料の最大の特徴は、強靭な塗膜による優れた耐候性! 高性能シリコンレジンによる超光沢ツヤが長持ち! 後ほど掲載させていただく施工完了写真をご覧いただければそれがわかります!(^^)! それでは、早速現場を見ていきましょう!   松戸市 S様邸 屋根塗装   まずは、高圧洗浄からスタート↓外壁と同様に、屋根にもコケやカビ・藻などの頑固汚れが大量に付着しております。高圧洗浄の力で、どんどん削り落としていきます。 次に、下塗り塗装です↓【施工前の状態↓】S様邸の屋根は色あせも進み、カビ・コケの付着もありました。次に行う中塗り・上塗り塗料の吸い込み過ぎを防ぐためにも、丁寧に下塗り塗装を施します。 続いて、中塗り塗装です↓中塗り塗装では、希望色を塗装していきます。S様がお選びになった色は、09-20Bです。ダークチョコレートのような深い黒みのある茶色です。 最後に、上塗り塗装です↓上塗り塗装では、中塗りで使用した塗料を塗り重ねていきます。膜厚が十分に確保され、ツヤが出てきました! 屋根塗装の工程は、以上になります。 まずは、仕上がりの変化をご覧ください(^^)/ before                 after    屋根塗装はなぜ必要なのでしょう??   屋根はお住まいの中でも最も高い位置にあるため、紫外線・太陽光・風の影響を一番強く受けます。 屋根材にもよりますが、夏場の炎天下では80℃、冬場の夜になると0℃以下。 過酷な環境でずっとストレスにさらされているのです(-_-;) メンテナンスの中でも比較的安価に屋根材の耐久性を維持できる屋根塗装。 以下のようなメリットがございます! ①新築時のような外観の美しさをよみがえらせることができる ②屋根の劣化を防ぐ ③雨漏りを防止できることから、家の腐食や傷みを避けることができる 先日、お客様より「屋根と外壁、どちらの工事を優先した方がいいの?」というご質問をいただきました。 外壁の塗膜やシーリング劣化も雨漏りの危険性はありますが、屋根の不具合は雨漏りに直結しやすく、 外壁に比べて被害が大きくなる傾向にあります。 屋根機能の維持を優先することをおススメいたします。 一番ベストなのが、屋根塗装・外壁塗装を同じタイミングで行うことが望ましいと言えます(^^)/ ここまでお読みいただき、ありがとうございました!     Luxst(ラクスト)松戸店は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■Luxst(ラクスト)松戸店は塗装価格に自信があります! 詳しくはこちらをクリック! ■Luxst(ラクスト)松戸店には、お客様から選ばれる理由があります! 詳しくはこちらをクリック! 2020年11月06日 更新

屋根塗装スタッフブログ

ご相談お見積り診断無料!お気軽にご相談下さい!!

0120-871-185電話受付時間10:00~18:00 火曜定休

ご相談・お見積り依頼

松戸市、鎌ケ谷市、柏市、市川市、地域密着、安心塗装工事がウリの外壁塗装専門店 ラクスト