塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!BLOG

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 屋根塗装

屋根塗装の記事一覧

鎌ヶ谷市 屋根塗装

【鎌ヶ谷市】屋根塗装・I様邸

松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店のLuxst(ラクスト)松戸店です! 今回のブログを執筆させていただく若宮です!   今日は、1日曇り☁のお天気となり、昨日より気温も5℃以上下がりました。 みなさまいかがお過ごしでしょうか? ご存知の通り、台風16号が発生いたしました(-_-;) 最新の情報によると、急発達しながら北上し、最も強いランクの猛烈な台風になる予想です。 来週後半は日本列島に近づく恐れがあり、警戒が必要です。 ラクスト松戸店では、お施主様やご近隣様へご迷惑をおかけしないよう、 安全に施工スケジュールを組ませていただき、作業を中止する日、 変更させていただく日など、事前にご連絡することを徹底し、 工期の遅れによる影響を最小限にとどめるよう、日々心がけております。   さて、本日のブログでは、鎌ケ谷市I様邸での屋根塗装工事の様子をお届けいたします。 I様邸で使用しました塗料は、関西ペイント社『アレスダイナミックルーフ』です。 屋根用塗料で、人気ナンバー1の塗料になります!! ブログ後半では、住宅における台風被害についてご説明をさせていただきます。 それでは、早速現場を見ていきましょう!   鎌ヶ谷市 I様邸 屋根塗装   施工前がこちら↓長期間そのままなっていた屋根。I様邸の屋根は、既存塗膜が劣化し、色あせが進行しております。まさに、メンテナンスのタイミングです!! 高圧洗浄から↓この水しぶきの威力、お解りになりますでしょうか?この水圧で、コケやカビを一気に削り落としていきます。 洗浄直後は屋根材が水を吸収しておりますので、しっかりと乾燥させて、翌日から塗り作業を行います。塗装作業のスタートです。 まずは、鉄部下塗り作業です↓こちらの赤色の塗料は、サビ止め塗料です。屋根の板金部に施しサビの発生を防ぎます。 次に、タスペーサー取付↓こちらの小さな部材、「タスペーサー」と言います。屋根材の隙間に入れることで、雨の通り道を確保します。 そして、下塗り塗装↓最初の下塗りがとても重要な工程です!下塗りが抜けていると、塗膜が上手く密着できません。いくら性能の良い塗料を使用しても、耐久性は短くなりわずか数年で塗膜がボロボロになってしまいます。熟練の職人さんが、ひと塗りひと塗り丁寧に塗っていきます。続いて、中塗り塗装↓中塗りではお施主の希望色を塗装していきます。お選びいただいたカラーは、セピアカラーです。 最後に、上塗り塗装↓上塗り塗装では、中塗りで使用した塗料を塗り重ねていきます。規定の塗布量を正しい施工方法で作業することが、塗装工事を成功させる上でとても重要となります。 屋根塗装の工程は以上になります! では、仕上がりの変化をご覧ください(^^)/before                 after ご覧ください!!2つの写真を比べてみると、輝き方が全く違います!日光に照らされ煌きを放っているのがお解りになりますでしょうか?今回のメンテナンスで、新築時のような美しさを取り戻すことができました(^^)   住宅の台風被害について   冒頭でもお話ししましたように、新たに台風が発生いたしました(-_-;) 台風被害を最小限に抑えられるよう、出来る限り事前に対策をしておくことをおススメいたします。 それでは、詳しく説明していきましょう。   台風で発生する住宅の被害事例 ①飛来物が衝突し屋根の一部が破損する 台風時の強風は通常時の風よりかなり強いものになっていますので、さまざまな物が風に飛ばされて飛んでくる危険性があります。 また以下のような事例もございます。 ・屋根の棟板金の釘浮きが原因で、強風に煽られることで板金が剥がれてしまう。 ・屋根材が経年劣化で反りかえっている箇所に強風が当たり、屋根材が吹き飛ばされてしまう。 ・瓦屋根のズレている箇所から風が吹き込み飛ばされて落下する。 また、自身のお宅の瓦や屋根材が吹き飛ばされ、ご近隣様のお宅に被害を与えてしまうこともあるので要注意です。 暴風を伴う台風時には、「強風で何か飛ばされてくるかもしれない!」という意識を常に持っておきましょう。   ②台風による豪雨や暴風によって起こる雨漏り 猛烈な雨と風を伴なう台風は、築年数が経過した住宅では被害が一気に表面化してしまい、 雨漏りが発生してしまうケースも少なくありません。 住宅の外壁や屋根材は、常に紫外線や風雨にさらされ続けている部分となりますので、 実は見た目以上に劣化が進行してる場合が考えられます。 そこに台風の強風や猛烈な雨が打ちつけられることで、劣化部分が一気に破損し雨漏りへと発展します。 たとえば、屋根の防水シート(ルーフィングシート)の劣化や、目視で確認することができない箇所のひび割れなど、 なかなかチェックすることが出来ない箇所で、雨漏りを誘発してしまうこともあるでしょう。 一度雨漏りが発生しますと、その後に再発しやすくなる場合もあり、長期化すると建物自体の劣化を早めることにもつながります。   台風の前のチェックポイント!! 台風が来る前は、どんなことを確認しておけばいいのでしょうか?点検すべきポイントをご紹介します。 ①外壁 台風の被害を最小限に抑えるために、外壁の劣化がどの程度進んでいるのかを確認しましょう。 劣化が進行している場合に台風の影響を受けると、外壁材がはがれて飛んでいってしまうなど、 深刻な被害を引き起こしかねません。 チョーキング現象は起きていないか、ひび割れや塗膜の浮きはないか、コーキングのはがれはないかなど 今一度、外壁の状態をチェックしておくといいでしょう。 ②屋根 屋根瓦のズレ、板金が腐食していないか、雨樋が歪みや破損がないかなど、点検しておくと安心です。 瓦は飛んでしまうと凶器と化します。ご近所さんにも被害を与えない為にも確認が必要です。 屋根は高所にありますので、自身で登らず、専門業者へ依頼しましょう。 ③雨樋・排水溝の掃除 雨樋や排水溝は、ゴミや枯葉などが詰まると正常に排水されなくなります。 その状態で台風がきてしまうと、雨水が逆流して内部に浸入してくることがありますので 事前に掃除しておくことをおススメします。 ④敷地内の危険なものを片付ける 植木鉢や物干し竿など、敷地内に置いてあるものは台風がくる前に片付けておきましょう。 強風で飛ばされ、外壁などに当たって破損してしまう可能性もあります。 また、網戸や雨戸などにがたつきがあると外れてしまう危険があるため、事前に確認しておきましょう。   最後に・・・   大切な「我が家」にとって大きな脅威ともなる台風ですが、地震や雹(ひょう)といった突発的な自然災害ではなく、 事前の予報で勢力や接近時刻まで把握できる自然災害です。 定期的なメンテナンスを心がけていれば、台風による被害を最小限に抑えることができるのです。 もし、台風で屋根や外壁が破損してしまった場合は、いち早く原因箇所を特定し、雨漏りを回避する必要がありますが、 お住まいの状態を事前に把握していないと、破損原因が台風だったのか、経年劣化だったのか区別も難しくなります。 定期的なメンテナンスさえ行なっていれば、破損する前の住宅の状況を写真で確認することが可能です。 ラクスト松戸店では、現地調査の際「屋根・外壁・付帯部・ベランダ・コーキング・基礎部分・外構(建物の周り)」など あらゆる箇所の写真を撮影いたします。 現地調査終了後、そのお写真を見ながら状況のご説明もさせていただいております。 現地調査からお見積りのご提出までは無料で行なっておりますので、ご自宅に不安を感じていらっしゃる方、 現在お住まいのメンテナンスをご検討されていて専門業者を探されている方、 是非ラクスト松戸店まで、お気軽にご相談お待ちしております(^^)/   最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。     Luxst(ラクスト)松戸店は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■Luxst(ラクスト)松戸店は塗装価格に自信があります! 詳しくはこちらをクリック! ■Luxst(ラクスト)松戸店には、お客様から選ばれる理由があります! 詳しくはこちらをクリック! 2021年09月25日 更新

屋根塗装スタッフブログ

柏市 屋根塗装

【柏市】屋根塗装・I様邸

松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店のLuxst(ラクスト)松戸店です! 今回のブログを執筆させていただく若宮です!   台風一過で久々の晴天☀となりました(^^)/ 段々と秋の気配が感じられるようになってきましたね~ 春に次いで塗装のベストシーズンでもある『秋』。 そのせいか、現在悪質な訪問業者が多発しております。 ラクスト松戸店にも、屋根の頂上にある「棟板金(むねばんきん)」のズレや浮きを指摘されたので 一度見にきてほしい・・・という内容のお問合せを多くいただいております(-_-;) このような場合は、すぐに契約をせず、まず一度、専門業者に相談してみましょう!!   さて、本日のブログでは、柏市I様邸での屋根塗装工事の様子をお届けいたします。 I様邸の屋根は、コケの付着が目立っており、塗装前にしっかりと洗浄をさせていただきました。 お家の北側はどうしても日当たりが悪く、コケやカビが繁殖してしまいます。 高所にある屋根ですが、やはり常にキレイにしておくことが望ましいでしょう。 それでは、早速現場を見ていきましょう!   柏市 I様邸 屋根塗装   施工前がこちら↓ご覧の通り、緑色のコケやカビが一面に付着していました。I様邸のような「スレート屋根」では、コケはもはや付き物と言ってもいいくらい…発生率が高く、大抵のスレート屋根で見られます。では、この汚れを一気に除去していきましょう! 高圧洗浄↓高圧洗浄機をあてた箇所から、みるみるうちに汚れが落ちています。削り落とすと言った感じになります。 では、ここから塗装作業となります。 まず、鉄部の下塗り塗装↓屋根の板金部(鉄部)にサビ止め塗装を施します。 次に、下塗り塗装↓「下地強化剤」とも言われる下塗り塗料。塗料の耐久性(防水性・耐候性)に優れた外壁塗膜を作り出すのが最大の目的です。 続いて、中塗り塗装↓中塗り塗装では、お施主様の希望色を塗布します。お選びになったお色は、新ブラウンです。 最後に、上塗り塗装↓上塗り塗装では、中塗り塗装で使用した塗料を塗り重ねていきます。膜厚が十分確保され、美しさがよみがえりました!塗料の性能を十分に発揮させるためには、上塗り塗装がとても重要です。ひと塗りひと塗り、熟練の職人さんが作業を行なっております(^^) 屋根塗装の工程は以上になります。 仕上がりの変化はこちら↓↓↓before                  after  一目瞭然👀とってもきれいに仕上がりました!!光沢感、高級感共にアップしました(^^)ブラック系・ブラウン系の屋根は、多くのお客様にお選びいただきます。ダークトーンのお色は、シックでモダンテイストなオシャレな雰囲気を演出してくれます。   最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!     Luxst(ラクスト)松戸店は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■Luxst(ラクスト)松戸店は塗装価格に自信があります! 詳しくはこちらをクリック! ■Luxst(ラクスト)松戸店には、お客様から選ばれる理由があります! 詳しくはこちらをクリック!   2021年09月19日 更新

屋根塗装スタッフブログ

柏市 屋根塗装

【柏市】屋根塗装・Y様邸

松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店のLuxst(ラクスト)松戸店です! 今回のブログを執筆させていただく若宮です! 3連休の初日ですが、台風の影響でお天気もすぐれず、気分も曇り気味に・・(^^)💦 9月も後半に差しかかりました!! 季節の変わり目になりますので、引き続き、体調管理には十分気を付けていきましょう!!   本日のブログでは、柏市Y様邸での屋根塗装工事の様子をお届けいたします。 Y様邸で使用しました塗料は、関西ペイント社『アレスダイナミックルーフ』です。 「風が強く、雨量が多い、さらに速度が速い」という特徴がある秋台風のシーズンに突入いたしました。 暴風を伴う台風は、住宅に被害をもたらす可能性が高いので、築10年以上経過しているお家については 是非この機会にメンテナンスを検討してみてはいかがでしょうか? それでは、早速現場を見ていきましょう!   柏市 Y様邸 屋根塗装   施工前がこちら↓Y様邸は、築20年の建物です。スレート屋根全体が色褪せてしまいました(-_-;)コケやカビの付着も多数見受けられました。 では、高圧洗浄からスタート↓屋根全体にこびりついた藻やコケを、高圧洗浄の威力で一気に除去していきます。 洗浄後は、タスペーサー取付作業です↓この小さなパーツがとても重要!!「雨漏り」から建物を守るための大切なパーツです。 では、いよいよ塗装作業のスタートです。 まずは、下塗り塗装です↓ローラーに塗料をたっぷりと含ませ、隅々まで丁寧に塗装します。屋根の傷みが激しいと、屋根材は下塗り塗料をぐんぐん吸い込んでいきます。 続いて、中塗り塗装です↓中塗りは、お客様の希望色を塗布していきます。Y様がお選びになったお色は、15-30Fです。とてもキレイに発色しているのがわかりますね(^^)きちんと下地処理がされている証拠です! 最後に、上塗り塗装です↓上塗り塗装では、先ほどの中塗りで使用した塗料を塗り重ねていきます。ツヤが格段とアップし、美しい屋根に近づいてきました! 屋根塗装の工程は以上になります。 仕上がりの変化をぜひご覧ください♪before                  after  ご覧ください!!これほど色褪せが目立っていた屋根ですが、しっかりとお色が入り、新築時の屋根へと生まれ変わりました(^^)屋根材も板金部もすべてピカピカです★赤みがかったブラウンは、とても上品でクラシカルな雰囲気を演出してくれます。     住宅の火災保険について     冒頭でも触れさせていただきました通り、台風14号が各地に大雨の被害をもたらしております。 被害を受けた建物を元通りにするには費用がかかりますが、復旧のための費用を補償するのが火災保険。 加入することにより、万が一のことがあっても安心して暮らすことができるのです。 これから加入する方はもちろん、既に加入されている方も、火災保険の補償対象や内容を知っておくと安心です。 台風災害による被害はどこまで火災保険で補償されるのか、簡単ですがご説明をさせていただきます!(^^)!   台風は火災保険で補償される? 火災保険は、名称から「火災時しか補償されない」と思われがちですが、 火災が発生しなくても「自然災害で破損した建物」の場合、ご加入している火災保険が適用される場合があります。 その中にも、台風に備えた補償として「水害補償」、「風災補償」、「落雷補償」の3つがあります。 それぞれの補償について解説していきます。   ①水害補償 台風、暴風雨、豪雨等による洪水・融雪洪水・高潮・土砂崩れ・落石などによる被害の補償。【例】・川の氾濫、堤防の決壊により洪水発生で家の1階部分が浸水した。 ・土砂崩れが起き、土砂が家の中に流れ込んだ。 ・土石流で家が流された、など。 ②風災補償 台風、突風、竜巻、暴風などの被害による補償。【例】・屋根瓦が飛んだり、棟板金が浮き雨漏りをした。 ・雨どいが破損した、歪んだ。 ・塀、門など倒れた。 ・飛来物がぶつかって外壁が凹んだ。 ・カーポートの天板が飛ばされた、など。 ③落雷補償  落雷による被害の補償。 【例】・落雷が原因で屋根が破損した。 ・落雷が原因で火災発生した、など。   火災保険が適用されないケースとは? ①経年劣化が原因の場合 外壁塗装の経年や老朽による劣化・災害に起因しない劣化で、 外壁材特有の性質による摩耗・変質・変色などは補償の対象とはなりません。 外壁に発生した、サビやコケやカビなども対象外になります。 ②被害が発生してから3年以上経過している場合 保険金の請求期限は保険法で3年と決められているため、被害に遭ったら速やかに保険会社に連絡しましょう。 保険会社によっては、法律とは異なる請求期限を設けていることもあるため、 保険請求期限の時効についてあらかじめ確認しておくことをおススメいたします。   火災保険の申請の流れとは? 1.保険会社に連絡 まず、契約する保険会社に損害を受けたことを連絡してください。 契約者氏名、保険証券番号、事故内容、被害状況などを伝える事となります。 2.必要書類の記入 保険会社より、保険金の請求に必要な書類や案内が送られてきます。 内容をしっかりと確認し、必要事項を記入します。 3.必要書類の送付 保険会社からの案内に従って、必要な書類を用意し、保険会社に書類を提出しましょう。 保険会社指定の保険金請求書、修理費用の見積書、被害の状況がわかる写真などが必要となります。 4.保険会社による鑑定人の調査 鑑定人が被害状況の確認・調査を行います。 調査結果と契約者からの申請書類などをもとに保険金の支払対象か審査を行い、 支払われる保険金の金額が確定します。 5.保険金の入金 保険金の金額が確定したら、契約者指定の口座に保険金が支払われます。   最後に・・・ 上記3の項目でもご説明いたしましたが、火災保険を請求するには、 保険会社がその被害を確認するために、被害状況の写真を提出する必要があります。 捜査対象となる家が、保険契約を行なっている家なのかを鑑定人が判断しやすく、調査そのものがスムーズに進みます。 被害箇所が分かりやすいように、様々な角度から複数枚写真を撮っておくことをおススメいたします。 写真が不明確ですと、保険会社より再撮影を依頼される可能性があるからです。 台風や火災などにより家の屋根が損傷した際は、自身で屋根に登って写真を撮影するのは危険です!! 必ず、専門の修理業者に問合せをして、写真撮影を依頼しましょう。   ここまでお読みいただき、いかがでしたか?? マイホームを購入される時、ほぼ全員が「火災保険」に加入します。 住宅ローンの条件として、加入が義務付けられているからです。 そして、加入している限り毎年多くの金額を支払っているのですから、 これを機にもう一度、保険証書の契約内容をチェックしてみてはいかがでしょうか(^^)   最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。     Luxst(ラクスト)松戸店は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■Luxst(ラクスト)松戸店は塗装価格に自信があります! 詳しくはこちらをクリック! ■Luxst(ラクスト)松戸店には、お客様から選ばれる理由があります! 詳しくはこちらをクリック! 2021年09月18日 更新

屋根塗装スタッフブログ

松戸市 屋根塗装

【松戸市】屋根塗装・Iハイツ様

松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店のLuxst(ラクスト)松戸店です! 今回のブログを執筆させていただく若宮です! 先日発生した台風14号は、動きの遅い状態が続いています(-_-;) この状態がしばらく続くようですが、明日以降徐々に東に向きを変え、 日本海方面へ向かう予報となっております。 関東地方は直接的な影響を受けることはなくなりましたが、台風から離れていても 雨や風が強まるおそれがあります。 現在ラクスト松戸店では、施工現場の「台風養生」の対応に追われております🏃   本日のブログでは、松戸市のIハイツ様で行なった屋根塗装工事の様子をお届けいたします。 Iハイツ様の屋根には、軽度のクラック(ひび割れ)が多数ございました。 多くの方が入居されている集合住宅🏠 雨漏りなどが発生すると、入居者様にご迷惑をおかけしてしまうと同時に、トラブルにもなりかねません(-_-;) これから台風シーズンを迎えるにあたり、マンションやアパートのオーナー様、 是非、所有されている物件のメンテナンスおススメいたします。 それでは、早速現場を見ていきましょう!   松戸市 Iハイツ 屋根塗装   施工前の状態がこちら↓屋根一面が黒ずみ、コケやカビに覆われてしまっています(-_-;)また所々に軽度のクラックがございました。塗装前にしっかりと補修する必要があります。 では、高圧洗浄からスタートです↓業務用の高圧洗浄機は、これだけの威力がございます。洗浄前と後の境目がくっきりとご覧いただけるかと思います。付着している汚れがどんどん落ちていきます! 塗装前に、クラック補修です↓クラック箇所にシーリング材を埋め、専用のヘラでならし、表面を整え補修完了です。 次に、タスペーサー取付作業↓雨の通り道を確保するための、「タスペーサー」を設置します。 鉄部のケレン作業です↓ケレンとは、剥がれかけた旧塗膜やサビを落とす作業です。鉄部塗装全般において、最も重要な工程と言われています。 続いて、鉄部のサビ止め塗装です↓鉄部にはサビが生じやすいので、この段階で劣化を防ぐためにサビ止め塗装を施していきます。 下塗り塗装↓下塗り塗料がどんどん屋根材に吸収されていきます。Iハイツ様の屋根は、色あせや塗膜の劣化が進んでおりました。上塗り塗装をする前に、しっかりと「下地」を作る必要があります。 中塗り塗装↓中塗り塗装では、お施主様の希望色を塗装します。選択されたお色は、ネオブラックです。 最後に、上塗り塗装です↓上塗り塗装では、中塗り塗装で使用した塗料を塗り重ねていきます。上塗りはお家の外観を決定づける工程!!屋根は高所にあるため見えない箇所にはなりますが、しっかり丁寧に塗ることで、塗料本来の性能が発揮されます。 屋根塗装の工程は以上になります。。。 仕上がりの変化をご覧ください!(^^)!before                  after    施工後の輝き、光沢感お解りになりますでしょうか?重厚感とシックな雰囲気を演出するのがブラック系。多発していたクラックも補修し、外観も見違えるようにキレイになりました!!   アパートの屋根の修繕費用について   これからの季節、台風や暴風により、屋根材の一部が落下したり、 ひび割れ箇所から雨漏りが生じる…などの屋根トラブル事例が多くなります。 アパートは戸建て住宅と違い、屋根面積も広く、全体を修理しようとすると かなり高額になることが考えられるでしょう。 実は、部分的な修繕を行なうことで問題が解決することもございますので、 詳しくご説明させていただきます。     アパート屋根の部分的修繕の費用相場 それぞれ、規模別の修理内容と費用相場になります。 【小規模修繕】 ①屋根材交換→2,000円~ ②屋根材ズレ直し→2,000円~ ③ひび割れ補修→2,000円~ ④漆喰の修理→2,000円~ 【中規模修繕】 ①棟板金交換→30,000円~ ②雨漏り修理→20,000円~ ③雨樋の修理→50,000円~ 【大規模修繕】 ①屋根塗装→400,000円~ ②屋根重ね葺き(カバー工法)→600,000円~ ③屋根の葺き替え→800,000円~*足場代などは別途発生する場合がございます。   以上のように、部分的かつ簡単な修理であれば数千円で済み、屋根の不具合が解消されることもあります。 しかし、もう少し資材を使用して技術的に難易度の高い中規模な修理になりますと、数万円~の工事になるでしょう。 さらに、屋根全体の修理である大規模修繕を行なえば、工事費用は一気に高額になります。 高額にはなりますが、屋根の老朽化が進んでいる場合や、過去に小規模・中規模修理を繰り返し行なっていて 根本的な解決ができない場合などは、大規模修理をおススメいたします。   ラクスト松戸店では、今月に入り「訪問販売業者に棟板金の浮きを指摘された」 「飛び込み営業に屋根工事を急いだほうがいいと言われた」などのお問合せが急増しております(-_-;) 実際に現地調査にお伺いし確認してみますと、異常が見られない現場ばかりでした。 秋は春に次いで、塗装のベストシーズンと言われていることから、このような悪徳業者が急増します!! 何も知らずに業者さんの言いなりになってしまうと、本来はしなくていい工事を進められたり、 部分的な修理で済む工事に、高額な費用を無駄に払ってしまうこともあるでしょう。 即決せずに必ず複数の会社で相見積りをして、じっくり考えることがとても大切です。   最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。     Luxst(ラクスト)松戸店は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■Luxst(ラクスト)松戸店は塗装価格に自信があります! 詳しくはこちらをクリック! ■Luxst(ラクスト)松戸店には、お客様から選ばれる理由があります! 詳しくはこちらをクリック! 2021年09月15日 更新

屋根塗装スタッフブログ

松戸市 屋根塗装

【松戸市】屋根塗装・O様邸

松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店のLuxst(ラクスト)松戸店です! 今回のブログを執筆させていただく若宮です!   このところ季節外れの涼しさが続いていましたが、本日は気温が急上昇↑↑↑ みなさまいかがお過ごしでしょうか? この時期は、夏の疲れが出て体調を崩しやすくなりますのでお気を付けてお過ごしください。 そして、またもや台風が発生いたしました(-_-;) 施工中の現場も多くございますので、日々最新の進路状況を確認しながら、慎重に作業を進めて参ります。   本日のブログでは、松戸市O様邸で行なった屋根塗装工事の様子をお届けいたします。 O様邸で使用しました塗料は、関西ペイント社『アレスダイナミックルーフ』です。 お選びになったカラーは、コーヒーブラウンです。 ブログの後半では、外壁や屋根に使用する塗料の重要性についてご説明をさせていただきます(^^) それでは、早速現場を見ていきましょう!   松戸市 O様邸 屋根塗装   施工前がこちら↓O様邸の屋根、ひび割れなど目立った傷みはございませんでした。しかし、既存塗膜が劣化し、色あせも進んできているので、まさに、メンテナンスのタイミングです!! 高圧洗浄から↓ご覧ください!こちらが、高圧洗浄の威力です。付着していたカビ・コケ・藻を削り落としていきます。 O様邸の屋根には軽度のクラック(ひび割れ)がありました。塗装の前に補修をしていきます。 クラック補修↓ひび割れ箇所にシーリング材を埋めていきます。 クラック補修完了↓専用のヘラでならし、表面を平滑に整えたら補修完了です。 次に、タスペーサー取付作業です↓こちらの小さなパーツが「タスペーサー」です。雨漏りリスクを軽減させる大切な役割を担っています。 では、ここから塗装作業のスタートです。 まずは、下塗り作業です↓下塗りは、下地と塗料の接着を高めるための最も重要な工程です。先ほど補修したクラック箇所にも、しっかり塗装を施します。 続いて、中塗り塗装です↓中塗り塗装では、希望色を塗装します。この後の上塗り塗装に厚みを持たせ、塗料の機能を長持ちさせる効果があります。O様がお選びになった色は、コーヒーブラウンです。 最後に、上塗り塗装です↓上塗り塗装では、先ほどの中塗りで使用した塗料を塗り重ねていきます。「上塗り」は「中塗り」があってはじめてその塗料が持つ美観や機能を発揮します。ツヤが格段とアップし、美しい屋根に近づいてきました(^^)丁寧に下地処理がされている証拠です!!   仕上がりの変化をご覧ください!(^^)!before                 after O様は、既存の屋根に近いお色を選択されました。見た目に大きな変化はございませんが、艶・光沢感が増して、高級感のあるシックな屋根へ生まれ変わりました。ブラウン系は、比較的どんな色にもマッチする万能色です。ラクスト松戸店でも、多くのお客様にお選びいただいているカラーです(^^)     外壁の防水効果について   雨漏りが発生していると、多くの方が「屋根」からだと思いがちですが、 実は外壁の防水性が無くなっていることが原因の場合がございます。 外壁のクラック(ひび割れ)の大きさに関わらず、雨水が入り込んでしまう「道」が できてしまうと、お部屋の中で雨漏りが発生します。 雨の多い、少ないに関わらず、屋根や外壁に対して防水性をしっかりと保てる状態が必要です。 では、防水性とは具体的にどういったものなのか、簡単にご説明させていただきます!!     外壁の防水効果が低下している状態とは? 下のような劣化現象が見られる場合は、塗料の機能が失われてきているサインです。 ①ひび割れが多くなってきた。 ②外壁に触れると白い粉がつく。(チョーキング現象) ③塗料が剥がれてしまい下地が剥き出しになる。 ④一般的に築10年以上経過している場合。 このような状態に気付かず放置してしまうと、以下のような二次災害にも発展する恐れがあります。 ・さらに雨漏りが進行し、大規模な修繕が必要になる。(高額なリフォーム) ・シロアリが発生することで建物自体が劣化する。 ・室内にカビやダニが発生することで身体に影響を及ぼす。 そのことから、外壁の防水性をしっかりと保つことが、とても重要だと言えます。   外壁の防水性と塗膜の関係 では、「防水性」が高い、低いとはどのような状態を意味するのでしょうか? ・防水性が高い状態→塗膜が良好なこと。 ・防水性が低い状態→塗膜が劣化していること。 しかしながら、紫外線や雨水を常に受け続けていると、どんどん塗装が剥がれていきます。 塗装は、『下塗り→中塗り→上塗り』の3度塗りで行なうのが基本であり、塗料を塗り重ねることで厚い塗膜が作られ、 雨水が内側へ入りにくくなり、防水性を保つことへ繋がります。   一般的な塗料の耐用年数とその特徴 ①アクリル系塗料・・・透明性・強度に優れている反面、紫外線に弱く耐久性が低い。 ②ウレタン系塗料・・・ウレタン樹脂が主成分の塗料で、密着性や弾性に優れてる。 ③シリコン系塗料・・・汚れにくく耐久性があり、変色・劣化しにくい。 ④フッ素系塗料・・・耐候性・密着性に優れていて、長持ち。熱や寒さにも強い。   上記はあくまでも目安になり、建物の状況によってメンテナンスする時期は変わります。 耐用年数は5年~20年と幅広いですが、耐用年数がまだまだ先だとしても、 万が一のために点検だけでもしておくと、雨漏り対策などに繋がることもあります!   ここまでお読みいただき、いかがでしたか?? 塗装を行なう事で”塗膜”が形成され、その”塗膜”がみなさんの大切なお家を守ってくれています。 しかし、塗膜が劣化する事で塗料に備わっている効果が低下し、大切な我が家はみるみるうちにボロボロになってしまいます。 外壁と屋根は、常に雨風にさらされて、常に過酷な状況の中で戦い、みなさんを守ってくれています(^^) 定期メンテナンスや、外壁・屋根のSOSサインを見逃さず、より良い「住まいづくり」を行ないましょう! ご紹介しました内容が、みなさまにお役立ていただければ幸いです。   最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!     Luxst(ラクスト)松戸店は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■Luxst(ラクスト)松戸店は塗装価格に自信があります! 詳しくはこちらをクリック! ■Luxst(ラクスト)松戸店には、お客様から選ばれる理由があります! 詳しくはこちらをクリック!   2021年09月10日 更新

屋根塗装スタッフブログ

鎌ヶ谷市 屋根塗装

【鎌ヶ谷市】屋根塗装・N様邸

松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店のLuxst(ラクスト)松戸店です! 今回のブログを執筆させていただく若宮です! いよいよ9月のスタートです!! しかし、雨続きで空はスッキリせず・・・☂ 10月上旬頃の気温で、ここ数日肌寒いですね(-_-;) カラッとした空気に包まれる、秋晴れの空が待ち遠しいですね(^^)/ しばらくは寒暖差も激しいようなので、どうかみなさま、引き続き体調にはお気をつけください!!   さて、本日のブログでは、鎌ケ谷市N様邸での屋根塗装工事の様子をお届けいたします。 屋根の頂上にある棟板金はスレート屋根(コロニアル)・カラーベスト・金属屋根などに使用されています。 定期的なメンテナンスをしなければ、棟板金のサビなどの発生や固定している釘の劣化が原因で 台風や暴風に耐えられずめくれてしまい、吹き飛ばされてしまうこともあります。 ブログ後半で、詳しくご説明させていただきます(^^) それでは、早速現場を見ていきましょう!   鎌ケ谷市 N様邸 屋根塗装   塗装工事の前は、必ず高圧洗浄からスタートです↓外壁同様、屋根も長期間に渡り風雨にさらされています。そのため雨染みやコケ・カビなどの頑固な汚れが付着しております。高圧洗浄の威力で、どんどん削り落としていきます。 次に、タスペーサー取付作業です↓タスペーサーが使えるのはスレート屋根のみです。設置することで、雨水の通り道を確保するので雨漏りリスクが軽減されます。 次は、鉄部のケレン作業です↓屋根の板金部分は、塗装前にしっかりとケレン作業を施します。ケレン作業には、①サビなどの凹凸面を整える②塗料の密着を良くするこの2つの役割があります。 続いて、鉄部のサビ止め塗装です↓ケレン作業をした面に、サビ止め塗料を施していきます。鉄部にはサビが生じやすく、発生すると一気に劣化が進みますので、早い段階でこの劣化を防ぎ、さらにサビが増殖することも防止しましょう。  いよいよ、塗装作業に入ります! 下塗り塗装です↓下塗りの工程を省いてしまうと、この後の「中塗り」「上塗り」塗料の吸い込みが激しくなる可能性があります。より密着性を高めるためにも、この下塗りが重要となります。 続いて、中塗り塗装です↓中塗り塗装は、お施主様の希望色を塗装します。N様がお選びになった色は、ネオモスグリーンで、深みのある緑色です。 最後に、上塗り塗装です↓上塗り塗装では、中塗り塗装で使用した塗料を塗り重ねていきます。このように、「下塗り→中塗り→上塗り」と3回塗りを行うことで、膜厚が確保され、仕上がりがとても良いものになります!仕上がりの変化をご覧ください(^^♪before                 after N様邸の屋根は、かなり色あせが進行しており、ツヤも無くなっている状態でした。写真を見てお解りの通り、新築時のような光沢・艶が復活!ネオモスグリーンのお色は、明るすぎず、暗すぎないちょうど良い緑色です。ニュアンスカラーでとても素敵な仕上がりとなりました(^^)   放置してはいけない!棟板金の劣化サイン!   どのお家の、どんな屋根材も確実に劣化し、いつか寿命を迎えます。 そのために、定期メンテナンスが必須となります。 その中でも、現在の住宅で最も多く使用されているスレート屋根。 貫板や板金といった複数のパーツで構成されているため、見逃してはいけないポイントが多数あります。 詳しく説明をしていきましょう!   棟の構造とその役割とは? 屋根の下部分から葺き上げた屋根材は貫板(ぬきいた)という板で押さえその上から棟板金をかぶせています。 棟(むね)とは、屋根の頂上・接合部のことを指します。 その棟に金属材が使われているときには「棟板金」と呼び、瓦が使われているときには「棟瓦(むねがわら)」と言います。 棟板金の役割は大きく分けると、雨水の侵入を防ぐこと、そして屋根材を固定することです。 屋根の頂点にある棟板金はそれだけ風の影響を受けやすく、傷みやすい部分なのです。   棟板金の劣化症状について 【①経年劣化】 棟板金は屋根の頂点にあるため、徐々に風圧で釘に緩みが生じてきます。 棟板金の耐用年数は15年~25年といわれていますが、 棟板金を固定している釘に不具合が生じてくるのは、約7年~10年といわれております。 気付かないまま放置してしまうと、釘穴から雨水が侵入し、やがて貫板が腐食してしまうことにもなりかねません。 すると、棟板金が台風などで飛ばされ、屋根から雨漏りする原因になることも考えられます。   【②板金の熱膨張】     金属は、温度が上がると膨張し、温度が下がると収縮する性質をもっています。 棟板金は金属製のため、膨張するときは釘も一緒に引っ張られますが、収縮するときは板金だけが収縮し、 わずかな動きですが、毎日膨張と収縮を繰り返しているうちに徐々に釘が浮いていきます。 この釘の浮きにより、当然棟板金に緩みが生じ、先ほど記した「経年劣化」で起こる症状に発展します。     例年台風が通過した後は、あらゆる場所でこのような被害が多発しており、ラクスト松戸店にもお問い合わせが殺到いたします。 そのため、すぐに現地調査にお伺いすることが出来ず、お客様にお待ちいただくこともございました(-_-;) 「今はまだ大丈夫かな…」と思って先延ばししているうちに大きな被害につながる可能性もございますので、 本格的な台風シーズン前に、屋根の状態を確認してみてはいかがでしょうか?? 棟板金や貫板の材質も品質が向上し、軽くて腐食やサビが発生しにくいモノへと日々進化していますので 是非、お気軽にお問い合わせ・ご相談をお待ちしております(^^)/   最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!     Luxst(ラクスト)松戸店は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■Luxst(ラクスト)松戸店は塗装価格に自信があります! 詳しくはこちらをクリック! ■Luxst(ラクスト)松戸店には、お客様から選ばれる理由があります! 詳しくはこちらをクリック! 2021年09月03日 更新

雨漏り屋根塗装スタッフブログ

松戸市 屋根塗装

【松戸市】屋根塗装・I様邸

松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店のLuxst(ラクスト)松戸店です! 今回のブログを執筆させていただく若宮です! 8月も下旬ですが、夏の太平洋高気圧がここにきて強まる予報となっています。 今週は、夏日もしくは猛暑日も続出となりそう・・・(-_-;) みなさま、引き続き熱中症にはくれぐれもお気をつけください!!   本日のブログでは、松戸市I様邸で行なった屋根塗装工事の様子をお届けいたします。 I様邸で使用しました塗料は、関西ペイント社『アレスダイナミックルーフ』です。 お選びになったカラーは、ブラック系です。 それでは、早速現場を見ていきましょう!   松戸市 I様邸 屋根塗装   施工前がこちら↓I様邸の屋根、ひび割れなど目立った傷みはございませんでした。しかし、既存塗膜が劣化し、色あせも進んできているので、まさに、メンテナンスのタイミング!! 高圧洗浄から↓高圧洗浄の威力で、隅々までキレイにしていきましょう。 では、ここから塗装作業のスタートです。 まずは、鉄部下塗り作業です↓屋根の板金部、サビ止め塗装を施します。 次に、タスペーサー取付↓こちらの小さな部材、「タスペーサー」と言います。屋根材の隙間に入れることで、雨の通り道を確保します。 そして、下塗り塗装↓下地と上塗り塗料の密着性を高めます。 続いて、中塗り塗装↓お施主様の希望色を塗装します。 最後に、上塗り塗装↓中塗りと同じ塗装を塗り重ね、カスレや色ムラを無くし、さらに美観を高めます。I様がお選びになったお色は、N-10です。色見本のブラックの中で、一番黒いお色!これで、耐久性も向上され、屋根を長期間長持ちさせます。 屋根塗装の工程は以上になります。。。 仕上がりの変化をご覧ください!(^^)!before after 新築時の輝きを取り戻すことが出来ました(^^)/重厚感も増し、煌びやかな仕上がりとなりました。   ラクスト松戸店では、屋根塗装のみのご依頼もお受けしております。 これからの台風シーズンに向け、屋根のメンテナンスをご検討されてみてはいかがでしょうか? 是非、お気軽にお問い合わせ・ご相談をお待ちしております(^^)/   最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。     Luxst(ラクスト)松戸店は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■Luxst(ラクスト)松戸店は塗装価格に自信があります! 詳しくはこちらをクリック! ■Luxst(ラクスト)松戸店には、お客様から選ばれる理由があります! 詳しくはこちらをクリック!   2021年08月25日 更新

屋根塗装スタッフブログ

柏市 屋根塗装

【柏市】屋根塗装・H様邸

松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店のLuxst(ラクスト)松戸店です! 今回のブログを執筆させていただく若宮です! 秋雨前線の影響で、朝からすっきりしない空が広がっていますね・・・☂ 週末は各地で激しい雨となりましたが、皆さま大丈夫でしたか? 大雨で土砂災害のおそれがあるとして、各地で「避難指示」が発令され、 改めて、自然災害の恐ろしさと「備え」の大切さを感じました。 台風シーズンも本格化してくる時期でもありますので、 「安全・安心の住まいづくり」について、今一度考えていただけたらと思います。 ラクスト松戸店では、事前の点検・メンテナンスも行なっておりますのでぜひお問合せ下さい!   本日のブログでは、柏市H様邸で行った屋根塗装工事の様子をお届けいたします。 H様邸で使用した塗料は、関西ペイント社『アレスダイナミックルーフ』です。 高性能シリコンレジンが配合されているので、塗膜の光沢がとても綺麗に出るのが特徴!! before・afterの写真もございますので、ぜひ最後までご覧ください!(^^)! それでは、早速現場を見ていきましょう!!     柏市 H様邸 屋根塗装   施工前がこちら↓H様邸の屋根には、色あせ・色ムラが見受けられました。これらは劣化の初期症状です!塗装をすることで、耐候性を復活させましょう! まずは、高圧洗浄からスタートです↓コケやカビはツヤが失われた屋根に付着しやすく、繁殖力もありますので高圧洗浄でしっかりと根本から除去し、再発を防ぎます。 次に、鉄部の下塗り塗装です↓サビ止め塗料をしっかり塗装することで、サビの発生を防ぎます。 では、さっそく塗装作業に入っていきます!! 最初に、下塗り塗装です↓塗料の吸い込みを抑える役割を果たすので、この下地調整がとても重要になります。ローラーにたっぷりと下塗り塗料を含ませて丁寧に塗っていきます。 次に、中塗り塗装を行います↓中塗り塗装では、お客様の希望色を塗装していきます。H様がお選びになりましたお色は、ビスタブラウンです。ブラウンの中でもブラックに近いシックなお色です。 最後に、上塗り塗装です↓膜厚が十分に確保されたのが伝わりますでしょうか?(^^)上塗り塗装では、中塗りで使用した塗料を丁寧に塗り重ねることで塗料本来の性能を発揮します。 屋根塗装の工程は以上になります。。。 では、仕上がりの変化をご覧ください(^^)/before                  after   写真を見てお解りの通り、日光に照らされ煌きを放っていますね!!光沢・艶がしっかりと出て、新築時のような美しさを取り戻しました(^^)   注意が必要な屋根の症状とは??     しっかりと施工されているように見える自宅の屋根。 点検やメンテナンスはもちろんのことですが、台風に備えての屋根対策って、 どういったことをしておけば安全なのでしょう?? 屋根の危険な状況と対処法について、いくつかご紹介したいと思います。   棟板金が浮いている 近年台風が多い日本では、「棟板金が飛ばされてしまった…」という被害が増えているのが現状です。 棟板金はしっかりと釘打ちやコーキングで固定されていますが築年数の経過とともに、 徐々に固定されていた部分に緩みが生じ、屋根材と板金の間に隙間が出来てしまうのです。 【対処法】 浮いている釘を放置し続けてしまうと、いずれ抜け落ちてしまいます(-_-;) 棟板金の釘が徐々に抜け始めるのは、大体築7年~10年と言われていますので、 まだ点検をしたことがないという方は、専門業者に依頼し、釘打ち直しなどの補修を行ないましょう。   瓦屋根がズレている スレート屋根や金属屋根は一枚一枚の屋根材が釘で固定されているのに対し、 瓦屋根は、桟木(さんぎ)に引っかけてあるだけの状態です。(桟木=角材) 万が一、ズレてしまってもすぐに直すことができるので、下地の点検などでも利便性は高いのですが、 強風が吹きこむと簡単に飛ばされてしまうので細心の注意が必要です。 【対処法】 棟瓦(頂上部分にある瓦)や瓦の表面に歪みが生じてしまっている場合もあります。 高所にある屋根、気付きにくい事も多いので、やはり専門業者に定期的に点検をしてもらい、 問題があれば補修してもらうことをおススメいたします。 また、瓦屋根においては漆喰(しっくい)部分についてもチェックが必要です。 棟瓦をおさえる役目をしているのが漆喰。 約10年程度で亀裂が生じはじめ、長年放置してしまうとボロボロに崩れてしまいます。 固定力が弱まってしまうと、雨が入り込み雨漏りの原因になったり、欠けた漆喰が雨樋に詰まり 水はけが悪くなってしまう場合がありますので、同様に点検が必要となります。   台風=豪雨と暴風 記憶にも新しい、千葉県を襲った令和元年の台風15号・19号では屋根被害が多発、 多くの方がブルーシートで応急処置をされ、大変な思いをしておられました。 台風が来る前に、小さな劣化に気付き、修理しておくことで、 強風で屋根が飛ばされてしまうことを未然に防ぐことができます(^^) ご紹介しました対策が、みなさまにお役立ていただけますと幸いです。   最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!     Luxst(ラクスト)松戸店は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■Luxst(ラクスト)松戸店は塗装価格に自信があります! 詳しくはこちらをクリック! ■Luxst(ラクスト)松戸店には、お客様から選ばれる理由があります! 詳しくはこちらをクリック! 2021年08月17日 更新

雨漏り屋根塗装スタッフブログ

鎌ケ谷市 屋根塗装

【鎌ケ谷市】屋根塗装・U様邸

松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店のLuxst(ラクスト)松戸店です! 今回のブログを執筆させていただく若宮です! お盆休みに入り、連日の雨模様・・・。 この先は早くも「秋雨シーズン」になりそうです(-_-;) さらに、台風シーズンにも入っており、大雨に注意が必要な時期となっています。 日頃から大雨への備えをしておくことをおススメいたします!   本日のブログでは、鎌ケ谷市U様邸で行なった屋根塗装工事の様子をお届けいたします。 U様邸で使用しました塗料は、関西ペイント社『アレスダイナミックルーフ』です。 お選びになったカラーは、ネイビー系!! これまでの屋根のお色から一新、素敵な屋根に仕上がりました(^^) それでは、早速現場を見ていきましょう!   鎌ケ谷市 U様邸 屋根塗装   施工前の状態です↓ご覧の通り、色あせが目立ち、既存塗膜の劣化も激しく見受けられます。このまま放置していたら、状況は益々悪化するところでした。早速キレイにしていきましょう! 高圧洗浄から↓こびりついた汚れやカビ・コケを一気に除去します。高圧洗浄は、洗い落とすより「削り落とす」のイメージになります。 いよいよ、塗装作業のスタート! まずは、タスペーサー取付↓雨の通り道を確保するために、「タスペーサー」を設置します。 そして、下塗り塗装↓U様邸で使用した下塗り材は「フィラー」と呼ばれるもの。下地に厚みができるため、劣化が進んだスレート屋根に適した下塗り材です。表面の荒れを滑らかにしてくれます。 続いて、中塗り塗装↓U様がお選びになったお色は、色番号→75-20Dです。ラクスト松戸店では、人気のお色です! 最後に、上塗り塗装↓中塗り塗装で使用した塗料を塗り重ねていきます。表面がツルっとして光沢もアップ!!ミッドナイトブルーと言われている、このお色。若干紫がかった、とてもシックで上品なカラーです。 屋根塗装の工程は以上になります。。。 仕上がりの変化はこちら↓before                                                                         after      既存屋根と比較してみると、雰囲気がガラっと変わりました!重厚感と高級感が増し、ラグジュアリーな屋根に仕上がりました★   台風でベランダに水が溜まると雨漏りするの??   台風による大雨で、ベランダやバルコニーがプール状態になっていることありませんか? バルコニーやベランダには必ず「排水ドレン」があり、そこから溜まった水を排水します。 しかし、そこが詰まっていると水が溜まり、雨漏りに発展することがあります。 ブログ後半では、ベランダからの雨漏りについてご説明をさせていただきます!   ベランダ防水層の劣化が雨漏りの原因! バルコニーやベランダにはFRP防水やウレタン塗膜防水などの施工が施されております。 外壁や屋根同様、10年が経過すると紫外線劣化してくることで、防水層に亀裂ができます。 防水層に穴が開いてしまうと、その下には防御するものがありませんので、雨水が浸入して雨漏りが発生します。   水位がサッシ下に達すると雨漏り発生! 防水層が劣化していなくても、雨漏りすることがあります。 ベランダやバルコニーのサッシ下にまで水が到達してしまい、その取り合い部からの雨漏りが発生するのです。 最近は、10㎝以上高いところにサッシが設置されていますが、15年以上前の建物は、 サッシとの立上りが低く、5㎝程度の場合もあります。   排水ドレンの詰まりの原因とは? 詰まりの原因の多くは、近隣から飛んできた枯れ葉や洗濯物を干す際に落ちるホコリや髪の毛、 風によって運ばれた砂埃、虫の死骸などです。 これらが少しずつ蓄積されてかたまりになると、排水口が詰まりやすくなります。 また、ベランダに植木を置いている場合なども、植木鉢からこぼれた土や葉が詰まってしまうこともあります。 定期的に掃除をして、排水のつまりを引き起こさないよう予防しましょう!   ここ数日間、大雨が続く予報となっております・・・。 外壁や屋根メンテナンスの他に、ご自宅のルーフバルコニー(屋上)やベランダにも 着目していただけたらと思います(^^)   最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!     Luxst(ラクスト)松戸店は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■Luxst(ラクスト)松戸店は塗装価格に自信があります! 詳しくはこちらをクリック! ■Luxst(ラクスト)松戸店には、お客様から選ばれる理由があります! 詳しくはこちらをクリック! 2021年08月14日 更新

雨漏り屋根塗装スタッフブログ

ご相談お見積り診断無料!お気軽にご相談下さい!!

0120-871-185電話受付時間10:00~18:00 火曜定休

ご相談・お見積り依頼

松戸市、鎌ケ谷市、柏市、市川市、地域密着、安心塗装工事がウリの外壁塗装専門店 ラクスト