塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!BLOG

HOME > 現場日誌・現場ブログ > スタッフブログ

スタッフブログの記事一覧

柏市 屋根塗装

【柏市】屋根塗装・S様邸

松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店のLuxst(ラクスト)松戸店です! 今回のブログを執筆させていただく若宮です!   本日のブログでは、柏市S様邸での屋根塗装工事の様子をお届けいたします。 S様邸で使用した塗料は、関西ペイント社『アレスダイナミックルーフ』です。 こちらの塗料は、お馴染み「アレスダイナミック」シリーズ商品の一つとなります。 塗装職人さん達の間でも「フッ素塗料にも劣らない耐久性がある」と言われています。 ダイナミックシリーズは、建物の長期保護を叶え、お客様にも選んでいただきやすい製品をラインアップしています(^^) それでは、早速現場を見ていきましょう!   柏市 S様邸 屋根塗装   塗装工事の前は、必ず高圧洗浄からスタートです↓屋根も外壁同様に、コケや藻・カビなどが発生します。高圧洗浄の威力があれば、みるみるうちにキレイになります。洗浄液を噴射している箇所だけが白くキレイになっています。 次に、鉄部のケレン作業です↓棟板金は鉄製です。塗装前にケレンを施します。サビの発生防止と塗膜の密着力を高めるためです。 続いて、鉄部のサビ止め塗装です↓かつて主流であった鉛系のサビ止め塗料の原料となる亜酸化鉛や塩基性クロムが赤い色をしてるので、赤茶色系がよく使用されますが、実はアイボリーや・ブルー・グレーなどの色も存在します(^^) 次に、タスペーサー取付作業です↓タスペーサーを設置して、建物を雨漏りから守ります。これを設置することで、雨の通り道が確保されます。 いよいよ、下塗り塗装です↓S様邸の屋根は色あせがかなり進んでいました。この後に行う中塗り・上塗り塗料の吸い込み過ぎを防止するためにもここでしっかりと下塗り塗装をします。 中塗り塗装に入る前に、棟板金の補修作業です↓①釘打ち込み作業棟板金を固定している釘にゆるみがあったので、再度打ち込みをします。ゆるむ原因として、棟板金の「熱膨張」が考えられます。金属製の棟板金は、日中太陽の熱で膨張し、気温が下がると収縮します。その繰り返しが釘のゆるみや抜けにつながります。 ②釘頭シーリング①で打ち込んだ後、上からシーリングでフタをして釘が再び抜けるのを防止します。 ③ジョイント部シーリング棟板金の接合部のシーリングが劣化していました。再度補修材を充填していきます。 補修後に、中塗り塗装です↓中塗り塗装は、希望色を塗装します。 最後に、上塗り塗装です↓上塗り塗装では、中塗り塗装で使用した塗料を塗り重ねます。アレスダイナミックルーフはカラーバリエーションが豊富です。ちなみに、S様がお選びになった色はアイビーグリーンです。ツタの葉のようなナチュラルな黄緑色です。 屋根塗装の工程は以上になります!   仕上がりの変化をご覧ください(^^)/ before                 after       Luxst(ラクスト)松戸店は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■Luxst(ラクスト)松戸店は塗装価格に自信があります! 詳しくはこちらをクリック! ■Luxst(ラクスト)松戸店には、お客様から選ばれる理由があります! 詳しくはこちらをクリック! 2020年09月27日 更新

屋根塗装スタッフブログ

柏市 外壁塗装

【柏市】外壁塗装・I様邸

松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店のLuxst(ラクスト)松戸店です! 今回のブログを執筆させていただく若宮です!   本日のブログでは、柏市I様邸で行った外壁塗装工事の様子をお届けいたします。 I様邸で使用した塗料は、関西ペイント社『アレスダイナミックトップ』です。 最近、同社「コスモシリコン」に人気が集中していましたが、やはり不動の1位です(^^) ラクスト松戸店のお客様に「アレスダイナミックトップ」をお選びになる理由を伺ってみました! ★人や環境にやさしい水性塗料であること ★カビや藻の発生、紫外線による劣化を抑え、長持ちすること この2つのご意見がとても多くありました。 それでは、早速現場を見ていきましょう!   柏市 I様邸 外壁塗装   外壁塗装工事は、高圧洗浄からスタートです↓長期間そのままになっていた外壁。コケ・カビ・藻・雨染みなどの汚れが付着しています。高圧洗浄機の威力で、削り落とすように除去していきます。 次に、下地補修です↓I様邸外壁の一部にやや大きめのひび割れがありました。塗装工程に入る前に、補修作業をおこないます。 シーリング材を充填します↓クラック箇所に充填し、ヘラで整えていきます。 補修完了です!いよいよ塗装作業に入ります!(^^)! はじめの塗装は下塗りです↓下塗り塗装は、外壁塗装工事において必須工程です。この作業が適切に行わなければ、この後に続く中塗り→上塗り塗料はその耐久性を十分に発揮できません。下塗り塗料が、外壁塗装の耐久性を高めています。 そして、中塗り塗装です↓中塗り塗装では、お施主様の希望色を塗装します。I様がお選びになった色は、25-90Hです。「クリームイエロー」に近いお色です。最後に、上塗り塗装です↓上塗り塗装では、中塗り塗装で使用した塗料を塗り重ねます。パステルカラーなので北欧風のオシャレな仕上がりになりました!(^^)! 外壁塗装の工程は以上になります!   ここで、I様邸の外壁模様についてご紹介! こちらの外壁、「ジョリパッド」というフランス生まれの塗り壁材の一つです。 漆喰やモルタルのように粘性があり、仕上げ材としてモルタルの下地に塗って 外壁を形成していきます。ジョリパッドのパターンは、実は100種類以上もあります。 さまざまなパターンや模様を描けるのが最大の特徴で、世界に1つしかない仕上がりになります。 色も、デザインも豊富なので「自分だけのオリジナルの外壁」を作ることができます。 ここまでお読みいただき、ありがとうございました!   お待たせいたしました…最後に仕上がりの変化はこちら↓ before                 after    Luxst(ラクスト)松戸店は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■Luxst(ラクスト)松戸店は塗装価格に自信があります! 詳しくはこちらをクリック! ■Luxst(ラクスト)松戸店には、お客様から選ばれる理由があります! 詳しくはこちらをクリック! 2020年09月24日 更新

外壁塗装スタッフブログ

松戸市 外壁塗装

【松戸市】外壁塗装・W様邸

松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店のLuxst(ラクスト)松戸店です! 今回のブログを執筆させていただく若宮です!   本日のブログでは、松戸市W様邸で行った外壁塗装工事の様子をお届けいたします。 W様邸で使用した塗料は、関西ペイント社『コスモシリコン』です。 こちらの塗料の特徴は、環境に優しく耐候性が高いので、現代の塗料として適した塗料と言えます。 コストパフォーマンスも高く、外部や内部で塗装工事を行う場合に、極力余計な負担を かけたくない方には、とてもおススメの塗料なのです!! それでは、早速現場を見ていきましょう(^^)   松戸市 W様邸 外壁塗装   施工前の状態です↓↑ ①チョーキング現象↑ ②カビ・コケ・藻↑ ③塗膜剥がれ 比較的、外壁全体に目立った汚れや傷みは無かったものの①~③のような劣化症状が起こっていました。 しっかりと高圧洗浄で汚れを落としてから下塗り塗装です↓下塗り塗装は、高圧洗浄の翌日に行います。 下地は経年劣化よりどんどん傷んでいきます。そのために塗装メンテナンスをして塗膜保護を行うのですが、下塗り無しでそのまま塗料を塗ってしまうと、塗料を吸い込み過ぎてムラのある仕上がりになってしまいます。また、③のような塗膜剥がれが起きている箇所は、下塗りをしないと特に剥がれやすくなるのです。外壁塗装をキレイに仕上げるためには無くてはならない作業工程となります! 次に、中塗り塗装です↓中塗り塗装では、お施主様の希望色を塗装します。 W様がお選びになった塗料は、25-80Bです。既存の外壁の風合いを残したい方は、一番近いお色の色番号をご提案させていただきます。 最後に、上塗り塗装です↓上塗り塗装は、中塗り塗装で使用した塗料を塗り重ねます。 塗装工程の最終工程です。膜厚も十分に確保され、ツヤも出てきました!これで、塗料本来の性能を最大限に発揮できます。 外壁塗装の工程は以上になります(^^) 仕上がりの変化はこちら↓before                 after                 本来ならここでブログは終了なのですが、さらに破風板塗装の様子もご紹介! W様邸では、付帯部の多くが木製で、外壁よりも木部の劣化が進んでおりました…。【施工前】破風板の塗膜がほぼ剥がれ落ちてしまい、木部がむき出しの状態です。破風板とは、屋根と外壁の間にある部材で、雨の吹き込みを防ぐ役割をします。屋根の一番高いところにありますので、外観を損ねてしまう要因にもなります。 【下塗り】しっかりとケレン作業をしてから、木部専用の下塗り塗料をたっぷりと塗っていきます。 【中塗り】【上塗り】上塗り塗装で、全体を仕上げ、施工完了です。膜厚が十分に確保され、施工前の状態とは一変したのがお解りいただけたかと思います。塗膜が剥がれ痛々しい破風板がお色がしっかりと入り、存在感もアップしました!   外壁塗装工事は、この「付帯部塗装」も同時におこなうことをおススメいたします。 屋根や外壁と同じように、付帯部の多くが建物の防水性を司っているからに他なりません。 付帯部の劣化を見過ごしてしまうと建物の防水性は上がりませんし、何よりも塗装後の美観を損ねてしまうのです。 ここまでお読みいただき、ありがとうございました(^^)/     Luxst(ラクスト)松戸店は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■Luxst(ラクスト)松戸店は塗装価格に自信があります! 詳しくはこちらをクリック! ■Luxst(ラクスト)松戸店には、お客様から選ばれる理由があります! 詳しくはこちらをクリック! 2020年09月23日 更新

外壁塗装スタッフブログ

松戸市 屋根塗装

【松戸市】屋根塗装・K様邸

松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店のLuxst(ラクスト)松戸店です! 今回のブログを執筆させていただく若宮です! 本日のブログでは、松戸市K様邸での屋根塗装工事の様子をお届けいたします。 K様邸で使用した塗料は、プレマテックス社『タテイルα(アルファ)』です。 こちらの塗料の最大の特徴は、①超耐候性②超低汚染性③難燃性④防藻・防カビ性です。 「塗るタイル」と言われるほどの、仕上がりになります! 早速、現場を見ていきましょう!!   松戸市 K様邸 屋根塗装   高圧洗浄→鉄部ケレン後に、鉄部のサビ止め塗装です↓サビの発生を防ぎ、耐久性を高めるためにしっかりと塗装します。 次に、タスペーサー取付作業です↓タスペーサーとは、建物を「雨漏り」から守るための大切なパーツです。屋根塗装をする際に、屋根から垂れてきた塗料が屋根と屋根の間の隙間を塞いでしまうのを防止します。 いよいよ、塗装工程に入ります下塗り塗装です↓下塗りをしないと、この後の「中塗り」「上塗り」塗料の吸い込みが激しくなり、屋根を保護する塗膜としては不完全になります。スレート瓦の吸い込みを止めるのと、より密着性を高めるために下塗りは必須工程となります。 続いて、中塗り塗装です↓中塗り塗装は、希望色を塗装します。K様がお選びになった色は、05-20Bで、濃い赤紫色です。秋を感じさせる素敵なお色です(^^) 中塗り塗装完了↓少しずつツヤが出てきました! 最後に、上塗り塗装です↓ご覧ください!膜厚が十分に確保され、光沢感が更に増してきました。「タテイルα」の特徴、まさに「タイル」のような輝きです。塗装後1ヶ月ほどで成膜し、その後発揮するハイドロクリーニング効果により、屋根の美しさを長期間、キープしてくれるのです! 屋根塗装の工程は以上になります!   ご自宅の「屋根」の状態をご自身で確認することは、ほぼできません・・・(-_-;) しかし、屋根は強い紫外線や風雨にさらされ続けるので、少しずつ劣化していきます。 実際にK様邸の屋根にもいくつか劣化症状が見受けられました。 【①コケ・藻】【②カビ】【③板金釘浮き】 ①②の症状は美観を損ねるだけではなく、実は屋根材自体の劣化を早めてしまう可能性もあるのです。また、③のような状態になると台風や暴風に襲われた場合に板金が風にあおられて、吹き飛んでしまう…ことも考えらますので、要注意となります。   では、お待たせいたしました…仕上がりの変化をご覧ください(^^)/ before                 after                      Luxst(ラクスト)松戸店は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■Luxst(ラクスト)松戸店は塗装価格に自信があります! 詳しくはこちらをクリック! ■Luxst(ラクスト)松戸店には、お客様から選ばれる理由があります! 詳しくはこちらをクリック! 2020年09月21日 更新

屋根塗装スタッフブログ

三郷市 雨漏り

【三郷市】シーリング工事・J様邸

松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店のLuxst(ラクスト)松戸店です! 今回のブログを執筆させていただく若宮です! 本日のブログでは、埼玉県三郷市J様邸での外壁塗装工事に伴うシーリング工事の様子をお届けいたします。 シーリング(コーキング)とは、建材の隙間を埋める作業や工程を指します。 外壁・サッシ・ベランダなど外回りから、キッチン・お風呂などの水回りまで あらゆるところまで行われている作業です。 このコーキングの劣化が時に「雨漏りの原因」になることがあります。 新築時から一度もメンテナンスをしていない方、また前回のメンテナンスから 10年以上経過している方、そろそろご検討されてみてはいかがでしょうか? それでは、早速現場を見ていきましょう!   三郷市 J様邸 シーリング工事   施工前の外壁目地です↓写真をよく見ると細かいヒビ割れがいくつも見受けられます。コーキング劣化の多くは、「ひび割れ」か「剥離」です。メンテナンスのサインです! まず初めに既存シールの撤去です↓既存シーリングをカッターでキレイに撤去していきます。コーキングの後ろに見えるモノは「ハットジョイナー」と言います。目地幅を一定に保つ定規のような役割、また目地部分の耐火構造にもなると同時に、防水効果をアップさせる働きがあります。続いてプライマーを塗布します↓マスキングテープを貼り、しっかりと養生します。プライマーとは、主に接着を目的とした下塗り塗料のことです。シーリングは一度剥がれてしまうと再接着できません…。 では、いよいよ充填作業です↓シーリング材を適量、充填していきます。空洞が出来ないように、若干多めにシーリング材を充填していきます。 その後、専用のヘラで充填したシールを押さえて仕上げていきます↓ 最後に養生テープを剥がし、施工完了です!!この写真を拡大すると・・・👀細かいヒビ割れ、シーリング中央部のくぼみも無くなり、とてもキレイに仕上がりました! シーリング工事の工程は以上になりますが、この後外壁塗装工事へと進んでいきます😄   ここで、シーリング劣化事例を少しだけご紹介いたします(^^)【劣化事例①】重度のひび割れ。防水機能は、ほぼ失われています(-_-;) 【劣化事例②】シーリング剥離。こちらも①同様、防水機能が完全に失われています。   劣化事例①②共に、ラクスト松戸店が実際に現地調査でお伺いした現場です。 どちらも、「壁や天井からの雨漏り」で困っているお客様からのご依頼でした。 このように、シーリングの劣化が「雨漏り」を引き起こす要因となります。 シーリング工事は、DYIが得意でしたら直すことができそうですが、 ご自身で補修することはあまりおススメできません。 まずは専門家の私達にご相談をお待ちしております!! 経験豊富なスタッフが現場をしっかりと調査させていただき、最適なアドバイスをさせていただきます(^^)/ ここまでお読みいただきありがとうございました。     Luxst(ラクスト)松戸店は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■Luxst(ラクスト)松戸店は塗装価格に自信があります! 詳しくはこちらをクリック! ■Luxst(ラクスト)松戸店には、お客様から選ばれる理由があります! 詳しくはこちらをクリック! 2020年09月20日 更新

シーリング工事スタッフブログ

柏市 雨漏り

【柏市】シーリング工事・S様邸

松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店のLuxst(ラクスト)松戸店です! 今回のブログを執筆させていただく若宮です! 本日のブログでは、柏市S様邸での外壁塗装工事に伴うシーリング工事の様子をお届けいたします。 外壁材のつなぎ目やサッシ周りに打ってあるゴムのようなものが、シーリングです。 9月に入ると、突然の豪雨や突風などで横殴りの雨が降ることが多くなりました(-_-;) シーリングが劣化すると、ひび割れや肉やせなどを起こし、その隙間から雨が入り込んでくることがあります。 決して大きな雨漏りではありませんが、シーリング劣化も放置しておくと大変なことになります! 定期的なメンテナンスが必要になりますので、まだ一度もメンテナンスをされていない方、 この機会に是非ご自宅の点検をしてみませんか?それでは、早速現場を見ていきましょう!   柏市 S様邸 シーリング工事   施工前の状態です↓↑外壁目地 ↑サッシ周り     シーリングは、外壁塗装工事をする前に行う工事になります。施工後には、塗料をかぶせてしまうので、何色のシーリング材を使用しても構いません(^^) 施工前の写真をよく見ると、シーリングが痩せてしまい、細かい溝が入っています。シーリング材にも耐用年数があり、5~10年と言われています。 次に、既存シーリングを撤去します↓↑外壁目地 ↑サッシ周り 既存シーリングをカッターでキレイに除去していきます。外壁材を傷つけないように丁寧に切り込みを入れて剥がします。 続いて、プライマーを塗布します↓↑外壁目地 ↑サッシ周り プライマーの役割は・・・ ①シーリング材の密着性を向上させる②細かいホコリを固めて抑える③下地材から出るアクを抑える④シーリング材から下地材への成分が移動するのを防ぐ などなど、重要なものばかりです! ですから、いい加減に塗布してしまうと、どんなに性能が良いシーリングでも防水の役割を果たせなくなってしまいます。 いよいよ、充填です↓↑外壁目地 ↑サッシ周り 気泡が残らないように適量を慎重に充填していきます。 ヘラ押さえの作業をして・・・外壁目地                ↓ 施工完了   サッシ周り         ↓施工完了              シーリング工事の工程は以上になります!   ラクスト松戸店には、「施工管理」という職種があり、主に現場管理を任せられています。 施工管理は現場監督とも呼ばれ、施工中の現場の管理者・責任者となります。 日々、現場を巡回・確認しながら工事を進めておりますので、工事内容へのご質問・施工途中で 不安なこと、追加工事などに対しても素早く対応いたします! 外壁塗装工事をご検討されている方、是非ラクスト松戸店までご連絡をお待ちしております(^^)/     Luxst(ラクスト)松戸店は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■Luxst(ラクスト)松戸店は塗装価格に自信があります! 詳しくはこちらをクリック! ■Luxst(ラクスト)松戸店には、お客様から選ばれる理由があります! 詳しくはこちらをクリック! 2020年09月18日 更新

シーリング工事スタッフブログ

松戸市 雨漏り

【松戸市】防水工事・S様邸(後編)

松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店のLuxst(ラクスト)松戸店です! 今回のブログを執筆させていただく若宮です! 本日ご紹介させていただくのは、松戸市S様邸でのベランダ防水工事の様子をお届けいたします。 前回は、脱気筒設置作業までお届けいたしましたので、その続きからスタートです! 前回のブログは、下記のリンクよりご覧ください😄! S様邸 ベランダ防水工事(前編) *前編は①~⑨の工程でしたので後編は⑩~⑲の工程となります。 それでは、「改修用ドレン設置」作業からご紹介いたします!   松戸市 S様邸 ベランダ防水工事   ⑩改修用ドレン設置↓ドレンとは、「ルーフドレン」のことです。防水層と雨樋をつなぐ素材で、防水面で受けた雨水を集水し、樋へと流す重要な役割があります。 ⑪立上りウレタン1層目↓立上りにウレタン防水材を塗布します。 ⑫平場ウレタン1層目↓平場にも同様、ウレタン防水材を塗布します。 ⑬ウレタン1層目完了↓立上り・平場共に1層目が完了です。防水層は、1層・2層と分けて塗布し、規定の膜厚を付けていくのです。 ⑭立上りウレタン2層目↓立上りに2層目を塗布します。 ⑮平場ウレタン2層目↓平場に2層目を塗布します。 ⑯ウレタン2層目完了↓2層目は、1層目の硬化後塗布していきます。ポイントは、「膜厚を多量に付けすぎないこと」です。塗膜の膨れなどにつながりますので、適量を塗布します。 ⑰立上りトップコート塗布↓「トップコート」とは、その名の通り上に塗ることを指しますが、防水工事におけるトップコート塗装とは、「防水層を守る」という重要な役割があります。最後の仕上げ段階です! ⑱平場トップコート塗布↓平場も同様塗布していきます。 ⑲施工完了です↓【before】【after】以上で、ベランダ防水工事の工程は、全て完了です!!   ここで、最終工程で使用した「トップコート」についてのご説明です(^^♪ 屋上やベランダの防水層は日中ずっと太陽の光にさらされています。 また、防水層は紫外線にとても弱いのです…。 特にウレタン素材の防水層の場合は、紫外線などの刺激により変色し硬化してしまいます。 屋根やベランダ、屋上は直接外気に触れるので、紫外線や風雨のダメージを受けやすい部分になります。 ダメージを受け続けると、防水層はどんどん劣化してしまい、防水機能を失っていくのです。 トップコートを塗っていた場合は10数年サイクルでメンテナンスするだけで大丈夫だと言われています。 防水層の寿命は確実に延びますので、トップコートは防水層を守るためには欠かせない存在だと言えます。   前編・後編と2回に渡り、S様邸のベランダ防水工事の様子をお届けしてまいりました。 残暑もようやく落ち着き、秋の気配を感じられるようになりました(^^♪ 今後は秋雨前線が関東地方に停滞し、曇りや雨の日が多くなると思われます。 と、同時に本格的な台風シーズンに突入いたします…。 外壁や屋根だけではなく、ご自宅のベランダや屋上にも目を向けていただき、 安心・安全な住まいづくりをおこなっていきましょう(^^)/     Luxst(ラクスト)松戸店は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■Luxst(ラクスト)松戸店は塗装価格に自信があります! 詳しくはこちらをクリック! ■Luxst(ラクスト)松戸店には、お客様から選ばれる理由があります! 詳しくはこちらをクリック! 2020年09月14日 更新

雨漏り防水工事スタッフブログ

松戸市 雨漏り

【松戸市】防水工事・S様邸(前編)

松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店のLuxst(ラクスト)松戸店です! 今回のブログを執筆させていただく若宮です! 本日のブログでは、松戸市S様邸で行ったベランダ防水工事の様子をお届けいたします。 S様より、「雨漏りをしているので修繕してほしい…」とお問い合わせをいただきました。 現地調査を入念にさせていただき、ベランダ防水工事をご提案いたしました。 S様邸のベランダに一番適した、ウレタン塗膜防水(通気緩衝工法)にて施工いたしました。 工程がたくさんありますので、前編・後編と2回にわけてお届けいたします(^^) それでは、早速現場を見ていきましょう!   松戸市 S様邸 ベランダ防水工事   こちらは、施工前の状態です↓長期間そのままになっていたので、クラック(ひび割れ)箇所が見られます。また、コンクリートの黒ずみの気になります(-_-;) ①高圧洗浄です↓高圧洗浄機の威力で頑固な汚れを除去していきます。色が変わっているのがわかりますね(^^♪その後、ケレン・清掃作業を行います。 ②端部にシーリングを施します↓端部にシーリングを充填します。③下地調整↓立上り・平場共に塗布します。モルタルで下地を平滑化し、防水層との密着性を高めます。 ④下地調整完了↓表面が平らになり、下地がキレイになりました! ⑤プライマーを塗布します↓ウレタン防水材には接着力が無いため、プライマーを塗布することで接着性を持たせます。 ⑥入隅部にシーリングを施します↓入隅部には最も負担が掛かるため シーリングを施し防水層の補強をおこないます。 ⑦メッシュシート張込み↓立上りの防水層を強化します。 ⑧緩衝シート張込み↓このシートが防水層内の水蒸気を脱気筒まで送ります。 ⑨脱気筒を設置します↓緩衝シートの上に蒸気を脱気させるための穴を開け、脱気筒をビスでしっかりと固定します。   本日のブログは、ここまでとなります! ここまでお伝えしました通気緩衝工法は、既存下地がコンクリートに施す工法です。 下地がコンクリートの場合、密着工法で施工してしまうと、コンクリートが発する 蒸気によって、防水層に内部から膨れを発生させてしまいます。 この膨れを防止するために、通気性がある通気緩衝シートと脱気筒を設置することで、 蒸気を逃がし、膨れも解消することができます。 また、このシートによって既存下地のコンクリートに起きる亀裂の発生を 抑制することができます。   続きの工程は、次回ブログ「後編」にて作業の様子をお届けいたします。 是非、ラクスト松戸HPの現場ブログをご覧ください(^^)/     Luxst(ラクスト)松戸店は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■Luxst(ラクスト)松戸店は塗装価格に自信があります! 詳しくはこちらをクリック! ■Luxst(ラクスト)松戸店には、お客様から選ばれる理由があります! 詳しくはこちらをクリック! 2020年09月13日 更新

雨漏り防水工事スタッフブログ

松戸市 外壁塗装

【我孫子市】外壁塗装・S様邸

松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店のLuxst(ラクスト)松戸店です! 今回のブログを執筆させていただく若宮です! 本日のブログでは、我孫子市S様邸で行った外壁塗装工事の様子をお届けいたします。 S様邸で使用した塗料は、関西ペイント社『コスモシリコン』です。 ラクスト松戸店では、最近このコスモシリコンが人気急上昇中です!! お客様にお選びになった理由を聞いてみました!(^^)! ★コストパフォーマンスが良い ★耐候性・耐汚染成に優れている と、この2つの意見が圧倒的でした!  シリコン塗料は、塗装後ツヤがある仕上がりになります。 光沢保持率も高いので、長期に渡って光沢を維持することができるのです。 それでは、早速現場を見ていきましょう!   我孫子市 S様邸 外壁塗装   外壁塗装工事は、高圧洗浄からスタートです↓長期間そのままになっていた外壁には、コケやカビ・土やほこり横殴りの雨による雨染みなど、頑固な汚れが付着しています。その汚れを落とすのは容易なことではありませんが、「業務用高圧洗浄機」を使うと、みるみるうちに汚れが浮きあがりキレイに落ちていきます(^^) 次に、肌合わせ作業を行います↓肌合わせ作業とは・・・塗膜のフクレや剥がれ、クラックなどを補修し、平らになってしまった箇所を既存の塗膜の模様に合わせる作業のことです。S様邸の外壁の一部に、塗膜の剥がれが見受けられましたので、砂骨ローラーで周囲のパターンのなじませるように丁寧に仕上げていきます。 いよいよ、下塗り塗装です↓塗装職人さんが一番重要だと感じるのが、この「下塗り」だそうです。この下塗り塗装で、仕上がりが大きく変わると言います。次の工程、中塗り・上塗り塗料と外壁材の接着力を高めます。 続いて、中塗り塗装です↓中塗り塗装では、お施主様の希望色を塗装します。 最後に、上塗り塗装です↓上塗り塗装は、中塗り塗装で使用した塗料を塗り重ねます。 先ほどの中塗り塗装の写真より、膜厚がしっかりと確保されています。上塗りの役割として、中塗り塗装で生じた色ムラや気泡を覆い隠す、風雨や汚れから外壁を守る機能があります。また、仕上げ工程なので家の外観を決定づける工程でもあり、外壁のツヤがどう仕上がるかはこの上塗りで決まります! ここで、上塗り塗装作業の注意ポイント!! 中塗りと上塗りを同じ色で塗装しても、専門業者が近くで見ればその違いは すぐに分かるため、塗り忘れる心配はありません。 よって、中塗りと上塗りは同じ色にすることをおススメいたします!(^^)!   ただし・・・まれに悪徳業者も存在します(-_-;) 上塗り塗装を依頼する際には以下のポイントにご注意を!! 【十分な量の塗料を使用しているか?】塗料を薄めて使用したり、いい加減に塗料を管理することで本来の性能が発揮されません。  【乾燥時間は十分取っているか?】中塗りも上塗りも原則として1日に1度しかできないため、工期が極端に短い場合は不備の可能性があります。   ラクスト松戸店のショールームには、施工前→下塗り→中塗り→上塗り工程の外壁サンプルを展示しております。 モルタル・サイディングボード・ALCなど外壁材別に掲示しており、実際に手で触れることも可能です。    是非、ラクスト松戸店ショールームまで、ご来店お待ちしております(^^)/     Luxst(ラクスト)松戸店は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 松戸市・鎌ヶ谷市・柏市・市川市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■Luxst(ラクスト)松戸店は塗装価格に自信があります! 詳しくはこちらをクリック! ■Luxst(ラクスト)松戸店には、お客様から選ばれる理由があります! 詳しくはこちらをクリック! 2020年09月12日 更新

外壁塗装スタッフブログ

ご相談お見積り診断無料!お気軽にご相談下さい!!

0120-871-185電話受付時間10:00~18:00 火曜定休

ご相談・お見積り依頼

松戸市、鎌ケ谷市、柏市、市川市、地域密着、安心塗装工事がウリの外壁塗装専門店 ラクスト